• 印刷する

ジェットスター香港、信徳が議決権51%

香港政府による運航認可が遅れている格安航空会社(LCC)のジェットスター香港はこのほど、大株主の信徳集団による議決権比率が当初の33.3%から51%に引き上げられたことを明らかにした。香港資本による経営権掌握を明確にすることで、運航認可の早期取得を目指すのが狙いとみられる。

ジェットスター香港は2012年3月、中国本土の中国東方航空とオーストラリアのカンタス航空系LCCのジェットスター航空が折半出資で設立。その後、香港色を強めるため、香港とマカオを結ぶ高速船の運航や不動産事業などを手掛ける信徳集団を新たな主要株主として迎え入れた。

今回の議決権引き上げは、合弁相手である中国東方航空とジェットスター航空が議決権の一部を信徳に譲ったもので、出資比率は3者による均等出資(各33.3%)のまま変動はない。

ジェットスター香港をめぐっては、キャセイパシフィック航空が「香港が本拠地ではなく、香港基本法に抵触する」と異議を唱えており、運航認可が下りない最大の要因とみられている。信徳が過半数の議決権を握ったのは、そうした批判をかわす意図とみられる。

運航開始の遅れを受け、ジェットスター香港はこのほど、保有機体のうち、エアバスA320型旅客機6機を相次いで売却していた。<香港>


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(19:13)

モジュール工法の導入を推進 政府、人手不足の建設業界に効果(01/18)

民間住宅、18年の売却利益率が過去最高に(01/18)

マカオ住宅価格、今年5~10%下落=JLL(01/18)

バイパス開通、企業の“中環脱出”加速へ(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(01/18)

反落、本土不動産銘柄が急落=香港株式(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン