• 印刷する

新トラック専用レーン、今月8~22日に開放

政府は3日、来週8日からマニラ市のキリノ通りなど一部道路をトラック専用レーンとして開放することを明らかにした。日曜日も業務を行うトラック業者のみが対象。政府は対象道路では渋滞が悪化するが、今回の措置でマニラ港に滞留する約1万6,000個のコンテナが回収されると見込んでいる。4日付地元各紙が伝えた。

トラック専用レーンは24時間通行可能で、今月8~22日まで利用できる。対象はマニラ市を走るロハス大通り、キリノ通り、マニラ首都圏北部カロオカン市のC3、ケソン市のアンドレス・ボニファシオ通り。マニラ首都圏開発庁(MMDA)と陸運統制委員会(LTFRB)が、申請者に通行許可証を発行する。アルメンドラス内閣書記官は、「クリスマスに向け荷動きが活発化する前にマニラ港の混雑を緩和する必要がある」と強調した。

政府は先に、マニラ港に滞留する一部コンテナを来週8日までに回収するよう要請。その後、5日間の猶予期間を設けた。期日までに回収されなかった場合、対象のコンテナはスービック湾自由港かバタンガス港に強制移動する方針だ。両港での保管に対しても、来月1日から1日当たり5,000ペソ(約1万2,000円)の罰金を科す考えを明らかにしている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン