タートルアン特区のコンドミニアム、販売好調

ラオスの首都ビエンチャン東部の「タートルアン湿地特定経済区(SEZ)」で、中国系の企業が開発するコンドミニアム(分譲マンション)の販売が好調だ。第1期工事で建設が完了した7棟(各19階建て)のうち、すでに6棟が完売したという。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が10…

関連国・地域: 中国ラオス欧州
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

サイニャブリ水力発電所、月内に全面稼働へ(10/10)

ラオス水力発電からの送電線、12月に完工へ(10/10)

ベトテル、ラオスで年内に5G導入(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン