• 印刷する

伊勢丹、ストリート系ファッションフェア開催

伊勢丹(タイランド)はきょう25日から、東京のストリート系ファッションなど10ブランドを集めたフェア「トウキョウ・ファッション・ディストリクト」をバンコク伊勢丹で開催する。新たなライフスタイルを求めるタイ人の若者をターゲットに、日本のファッションを売り込む。4月7日までの開催期間中に150万バーツ(約480万円)の売り上げを目指す。

フェアの売り場面積は50平方メートルで、主に洋服と雑貨をメインに販売する。東京でストリートファッションを代表するブランドの「CHRISTIAN DADA」や「FACETASM」、タイでも人気上昇中のクマ型フィギュア「ベアブリック」を販売する「メディコム・トイ」などが出店する。商品の価格帯は1,000~1万バーツ程度。

三越伊勢丹ホールディングスの海外事業本部海外企画部の中川一クールジャパン担当長は、タイでは日本と同様にストリートから文化が誕生する傾向があるとし、「日本のファッションを受け入れてくれる風土がある」と販売に期待を示した。マーケティングには20万バーツを投入し、フェイスブックやウェブサイトなどデジタル部門での販促を強化した。

伊勢丹(タイランド)の阿久根巨樹社長は、最近のタイ人の顧客の特徴として、中間所得層が拡大するなかで「新しいライフスタイルを求める傾向にある」と指摘。今後もさまざまなジャンルのファッションイベント開催を視野に入れ、タイ人の求めるスタイルを提案していく考えだ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CPV、20年半ばまでに鶏肉加工品輸出へ(05/20)

リコーが中国から生産移管 米向け複合機、摩擦の影響を緩和(05/17)

中国家電スカイワース、東芝テレビ販売開始(05/17)

国境鉄道運行へ、タイ当局と協議開始(05/17)

中タイ合弁の上汽正大、中国製EVを発売へ(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

エネ省、EV充電施設への補助金拠出終了へ(05/17)

物流ダーベル、配送施設増設などに70億円(05/17)

タイ国鉄、下半期に1兆円の建設事業入札(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン