• 印刷する

ホンダ、今年の海外メーカーシェア1位維持に自信

ホンダ・マレーシアは今年、昨年に続き国内の新車市場で海外メーカー1位の座を維持できるとの自信を示している。消費者マインドの悪化で今年の国内の自動車市場は前年比で縮小する見通しだが、ホンダは複数の新モデル投入などで通年の販売目標である9万台を達成できるとみている。11日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

ホンダ・マレーシアのアクバル・ダニアル・マーケティング部門バイスプレジデントが明らかにした。ホンダの今年1~2月販売台数は1万1,356台で、前年同期比では9.6%減少した。内訳は1月が5,743台、2月が5,613台だった。

一方、国内の新車市場は全体で1月に11.9%、2月に24.8%それぞれ減少している。昨年12月まで続いた積極的なプロモーションの反動や、今年1月からの販売価格引き上げ、旧正月(春節)の影響で営業日が少なかったことなどが背景にある。

自動車ローンの審査厳格化について、アクバル氏はホンダの新規・既存顧客には大きな影響は出ておらず、自動車ローンの認可率は70~80%に達しているとした。リンギの対米ドルでのレート改善に伴い、価格を引き下げるかどうかは、今後の動向を見て決定するとした。

昨年のホンダの販売台数は9万4,902台で、中でも小型セダン「シティ」の売れ行きが最も良かったという。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、5日から通常体制で業務再開(03/05)

隣国から電力輸入、試験事業の公募開始(03/05)

首都圏など条件付き制限令に きょうから移行、出社上限は維持(03/05)

新規感染2063人、4日ぶり2千人台(03/05)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(4日)(03/05)

政策金利1.75%で据え置き、4会合連続(03/05)

プロドゥアの小型SUV発売、月3千台目標(03/05)

エンジニアリングのセルバ、宇宙庁と提携(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン