陸運局、首都圏のトゥクトゥク登録を制限

タイ運輸省陸運局のサニット局長は、バンコク首都圏のトゥクトゥク(オート三輪)の登録台数を制限する方針を明らかにした。15日付ポストトゥデーが報じた。

バンコク首都圏で営業するトゥクトゥクは9,000台以上で需要を上回っているとされ、管理・監視が不十分になる可能性もあるとみて新規の登録を制限する。

ただ、国民に低価格でサービスを提供するプロジェクトの一環として登録を進めている「トゥクトゥク・ウア・アートン」については継続する。2,500台分の枠に対して2,100台が登録しており、残り400台の登録を受け付ける。

一方、トゥクトゥクの運賃については、タクシーやバイクタクシーのような規定は導入しない方針を明らかにした。観光客の短距離利用がメーンとなっているため、利用者と運転手の交渉に委ねるとしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道運輸・倉庫観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新橋駅前の雑居ビルに手…(07/28)

ジェットスター、タイ・ハジャイ便を就航(07/28)

タイ系卸売マクロ、年内出店へ契約農家募集(07/28)

【アジア三面記事】ニシキゴイの塩焼き(07/28)

テイクオフ:バンコクの市場では、日…(07/27)

産廃処理の認可にAI、工場局が新システム(07/27)

いすゞ、ノックダウンセンターを開設(07/27)

SCG決算、化学低迷で11四半期ぶりの減益(07/27)

ビードワイヤのAD税、商務省が廃止(07/27)

バッタンバンコンチ、セメント工場を12月稼働(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン