【ディープチャイナ】どうなる資源外交、鉄鉱石・素材価格の行方を左右

世界の資源・鉱業業界で、中国の動きが台風の目となりつつある。内需拡大を目指す中国政府の主導のもと、川上での製造に欠かせない資源の確保を狙い、石油元売り、鉄鋼大手などが急速に対外直接投資を増やしているためだ。当初は開発資金の流入に歓迎ムードだった各資源大国も、最…

関連国・地域: 中国-全国オーストラリアアジアカナダアフリカ
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属その他製造建設・不動産運輸IT・通信天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

「618」の宅配便、コロナ前から8割増(13:32)

テイクオフ:セール期間を狙って欲し…(06/22)

ワクチン500万回分、月末~来月に到着予定(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

大卒初任給約15万円に 前年比で1割超上昇(06/22)

新車販売台数、25年に3千万台=業界予測(06/22)

中国企保有の豪石炭港、独占状態が輸出影響か(06/22)

NEVの電池廃棄量、25年に100万個に(06/22)

長城汽車、バンコクの大型複合施設に旗艦店(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン