【マレーシア歴史紀行】第11回:コタバル~ジョホールバル<1>

◆東海岸沿海部 コタバルを出発したバスは東海岸の沿岸部を南下して行きます。マレー半島の東海岸は漁業の盛んな地域として、また沖合に点在する島々は自然の残る地域としてダイビングのスポットとしても知られています。 前々回にお話したクダが、マレー半島の西の玄関…

関連国・地域: 中国タイマレーシアシンガポール欧州
関連業種: 農林・水産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

デジタル銀行設立、10以上の事業者が検討(14:56)

テイクオフ:配車サービスで呼んだ車…(06/20)

大型3車種の19年モデル投入 文秀ホンダ、前年度の販売維持へ(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

RM=25.9円、$=4.17RM(19日)(06/20)

プロトンの新SUV「X50」、年内にも発売(06/20)

RAPID稼働で精製燃料の「純輸出国」に(06/20)

石油エンジのセルバ、カタールなどで受注(06/20)

マレーシア、タイと陸路通関を24時間体制に(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン