• 印刷する

テイクオフ:野口稔(本名・張ヒョク…

野口稔(本名・張ヒョクジュ)という大邱出身の小説家がいる。戦時中「改造」誌の懸賞作品に「餓鬼道」が当選し、韓国人で初めて日本で文壇デビューした異才だ。韓国での評判は思わしくなく、結婚と同時に生活の基盤を日本に移した。

デビュー当初は「朝鮮の現実を世界に伝えたい」との志で筆を取っていたが、次第に日本寄りの発言が増え、終戦間際には「岩本志願兵」という朝鮮の徴兵制導入に賛同する作品も書いている。徴兵制は差別を受けてきた彼らが日本人と対等になれる絶好の機会と考えていたようだ。本心だったのか、強制的に書かされたのかは定かではない。

戦後は高麗神社に近い埼玉県日高市に居を構えたが、数編の小説を書いただけで戦時中の行為が尾を引いたまま、平成10年2月に静かに世を去った。(蝦)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仁川に「ベトナムのメッ…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

柔軟就業の単位期間延長合意 労働時間短縮、企業負担の軽減へ(02/21)

労働時間短縮で雇用40万人減、民間研究所(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

昨年12月経常収支、48億米ドル黒字(02/21)

対インドの貿易額、増加率で世界平均下回る(02/21)

公共企業の不正採用182件、政府が1205社調査(02/21)

ハナ金融、SKTとネット銀行参入へ(02/21)

韓国、ラカイン投資に関心=フェアにも参加(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン