タイ 電機 ニュース

すべての文頭を開く

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

ADBは、TTCエナジー・デベロップメント・インベストメントと3,780万米ドルの融資契約を締結した=22日、タイ・バンコク(ADB提供)
アジア開発銀行(ADB)は22日、タイの独立発電事業者(IPP)ガルフ・エナジー・デベロップメント…

続きを読む

コンケンの水上太陽光発電、21年に入札実施(01/23)

タイ発電公団(EGAT)は、東北部コンケン県のウボンラットダムで実施する水上太陽光発電事業の入札趣意…

続きを読む

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

デルタ・エレクトロニクス(タイランド)が供給しているEVの充電器=21日、タイ・バンコク(NNA撮影)
台湾の電源設備大手、台達電子工業(デルタ)のタイ法人デルタ・エレクトロニクス(タイランド)は21日、…

続きを読む

サムスン、エアコン市場でトップ2視野(01/22)

タイ・サムスン電子はエアコンのプレミアム商品の販売を強化する=20日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイの家庭用エアコン市場でシェア3位の韓国系タイ・サムスン電子(TSE)は、トップ2を目指す方針を…

続きを読む

コーウェイ、空気清浄機・浄水器販売倍増へ(01/21)

生活家電、浄水器などの販売を手掛ける韓国コーウェイのタイ現地法人コーウェイ(タイランド)は今年、タイ…

続きを読む

EV生産のロードマップ、年内に策定へ(01/21)

タイ政府は、電気自動車(EV)生産のロードマップ(行程表)を策定している。タイでのEV生産を計画する…

続きを読む

中国の美的集団、チョンブリに工場建設へ(01/20)

フレーザーズ・プロパティー(タイランド)は、美的集団のタイ子会社ミデア・リフリジレーション・エクイップメント(タイランド)とタイ東部チョンブリ県の所有地の売買契約を締結した(フレーザーズ・プロパティー・タイランド提供)
中国・広東省仏山市に本社を置く中国家電大手の美的集団(ミデア)が、タイ東部チョンブリ県に工場を建…

続きを読む

トヨタ、EV・PHV生産計画で政府認可(01/20)

タイ投資委員会(BOI)は、今月7日付でトヨタ自動車の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(…

続きを読む

19年のEV登録が4倍に急伸 累計千台超え、環境問題で訴求も(01/17)

タイにおける2019年の電気自動車(EV)の新規登録台数(電動二輪車除く)が、前年比4.1倍の781台だったこ…

続きを読む

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

資本提携に関する書類に調印する玉木氏(左から3番目)、ニエン氏(同2番目)ら=15日、ビンズオン省
明電舎は今年3月末、ベトナムの配電盤メーカー「ベトスター・インダストリー」に41%出資し、同国初の拠点…

続きを読む

【年始インタビュー】電動モビリティーで脱OEM 再生エネ大手EAの戦略(下)(01/10)

エナジー・アブソルート(EA)が現在製造している電動ボートのイメージ画像。搭載する蓄電池の容量は800キロワット時(kWh)で充電プラグを16個備える(同社提供)
タイの再生可能エネルギー発電大手エナジー・アブソルート(EA)は、今年生産を開始する予定のリチウムイ…

続きを読む

タイとバングラ、FTA締結に原則合意(01/10)

タイとバングラデシュの両政府は8日、自由貿易協定(FTA)の締結に原則的に合意した。協定発効によって…

続きを読む

【年始インタビュー】EV量産は蓄電池事業の布石 再生エネ大手EAの戦略(上)(01/09)

エナジー・アブソルート(EA)が今年量産を始める予定の電気自動車(EV)「マインSPA1」=タイ・バンコク近郊(NNA撮影)
タイ企業として初めて電気自動車(EV)を量産する計画を打ち出したことから「タイのテスラ」とも呼ばれる…

続きを読む

職業訓練の開始、高校から中学に変更(01/09)

タイ政府は7日の閣議で、職業訓練の開始時期を現在の高等学校から中学校に早める職業訓練法の改正案を承認…

続きを読む

【年始特集】ベトナムがトップを維持 4割超が選択、有望な投資先(01/07)

駐在員ら820人に聞いた「2020年のアジアで最も有望な投資先」では、ベトナムを選ぶ回答が前年に続き最も多か…

続きを読む

【年始特集】アジア景況感、「悪化」が2割 東南ア低迷、米中摩擦の懸念継続(01/06)

アジアに進出する日系企業の2020年の景況見通しは、前年からやや悪化した。20年の景気が「悪くなる」と答え…

続きを読む

【第9位】大気汚染への懸念拡大、車や工場に規制(2019/12/27)

今年は例年大気汚染が起きる乾期以外にも高濃度の「PM2.5」が確認された=10月1日、タイ・バンコク(NNA撮影)
タイで大気汚染への懸念が高まった。乾いた微粒子が浮遊しやすい乾期(11~2月ごろ)のみならず、2019年…

続きを読む

日本の海外製造拠点、7~9月は2%減収(2019/12/27)

日本の経済産業省は25日、日本企業の海外製造拠点を対象に実施している「海外現地法人四半期調査」の2019年…

続きを読む

LS産電、タイの鉄道信号設備事業を受注(2019/12/26)

韓国電気設備メーカーのLS産電は24日、タイ国鉄(SRT)が発注したタイ北東線複線化事業の信号・通信制…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン