ラオス マクロ・統計・その他経済 ニュース

すべての文頭を開く

(表)新型コロナウイルス感染者数(17日)(01/18)

本表のインドネシアのデータは18日午前11時55分(日本時間)更新

続きを読む

22年の経済成長率、4.5%予測=世界銀行(01/17)

世界銀行はこのほど発表した世界経済見通しで、2022年のラオスの国内総生産(GDP)成長率を4.5%と予測し…

続きを読む

BCPG、ラオスの送電会社の株式25%取得(01/14)

タイ政府系製油・給油所運営・石油開発会社バンチャーク・コーポレーションの再生可能エネルギー開発子会社…

続きを読む

貿易収支、11月は1億3100万ドルの赤字(01/07)

ラオスの11月の貿易収支は1億3,100万米ドル(約151億8,500万円)の赤字だったことが、工業・商業省のデータ…

続きを読む

【年始特集】ベトナムが7年連続で1位 有望な投資先、市場の成長性評価(01/06)

抑え込み成功から一転、新型コロナウイルスの感染が拡大しても投資先としての魅力は衰えず――。駐在員ら88…

続きを読む

22年の全国電力供給、前年比8%増を計画(01/06)

ベトナム商工省の2022年全国電力供給計画によると、輸入や屋根置き型太陽光発電を合わせた総供給量は、前年…

続きを読む

【年始特集】駐在員の6割、景気回復予想 コロナや半導体懸念も正常化期待(01/04)

インドは2021年4月以降に新型コロナ感染の「第2波」に見舞われたものの、その後落ち着きを見せ、急速に経済回復が進んだ=21年12月、ムンバイ(PTI)
NNAがアジアの日本人駐在員らを対象に実施した景況感調査で、2022年上半期(1~6月)の景気が21年下半…

続きを読む

RCEP発効15カ国加盟、22億人経済圏(01/04)

【共同】日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など計15カ国が加盟する地域的な包括的経済連…

続きを読む

世界貿易の「重心」に、米中交錯・日本待つ難路(01/04)

【共同】地域的な包括的経済連携(RCEP)が世界最大級の経済圏として動きだす。日本や中国など計15カ国…

続きを読む

【アジア政治経済カレンダー】2022年(2021/12/28)

2022年2月には北京冬季五輪が開幕する。写真は競技会場のひとつとなっている北京市延慶区のスキー場(新華社)
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)発生から3年目に突入する2022年は、アジアにとってどん…

続きを読む

【ラオス経済通信】ルアンパバーン国際空港開発で覚書 第168回(2021/12/27)

ビエンチャン駅に停車中のラオス・中国鉄道
■【空港】ルアンパバーン国際空港開発事業で覚書 韓国の各空港運営を主要業務とする韓国空港公社は15日、…

続きを読む

中老鉄路開通、タイが農業企業への影響懸念(2021/12/27)

ラオス・中国鉄道(中老鉄路)が3日に開通したことを受け、タイ商工会議所(TCC)は国内の農業関連企業…

続きを読む

(表)新型コロナウイルス感染者数(26日)(2021/12/27)

本表のインドネシアのデータは27日午前10時30分(日本時間)更新

続きを読む

第1回の日メコンSDGsフォーラムが開催(2021/12/24)

日タイ両政府は20日、オンラインで第1回「日・メコンSDGsフォーラム」を開催した(在タイ日本国大使館提供)
日本とタイの両政府は20日、第1回「日・メコンSDGsフォーラム」を開催した。日本の外務省は「日・メコ…

続きを読む

【新ラオス法】第35回・村レベルの紛争解決について(前半)(2021/12/23)

1.背景 ラオスにおいては、紛争が生じたとき、裁判所での訴訟提起の前に、必ず当事者の管轄下にある村、…

続きを読む

すべての文頭を開く
さらに表示

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン