日本 農林・水産 ニュース

すべての文頭を開く

マグロ枠正式決定、沖合で追加配分(12/06)

【共同】水産庁は4日、太平洋クロマグロについて有識者会議を開き、来年の漁獲枠の国内配分を正式決定した…

続きを読む

日米貿易協定1月1日発効、国会承認(12/06)

【共同】日米貿易協定が4日の参院本会議で、与党などによる賛成多数で承認された。国内手続きが終了し、来…

続きを読む

日本産豚の魅力をPR、香港でセミナー開催(12/06)

日本産豚肉のPRセミナーで、生産者らが自社ブランドを香港バイヤーに売り込んだ=5日、銅鑼湾(NNA撮影)
日本畜産物輸出促進協議会の豚肉輸出部会は5日、香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ)で「ジャパニーズ・…

続きを読む

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

ミャンマーの輸出先に占める中国の割合が減っている。商業省によれば、2018年度(18年10月~19年9月)の中…

続きを読む

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ブロッサムのジェフリー・リュー最高執行責任者(COO)とPKSの長期供給でパートナーシップ契約を結んだブルーキャピタルの原田秀雄会長(左)=4日、東京(ブルーキャピタル提供)
再生可能エネルギーや不動産投資などを手掛けるブルーキャピタルマネジメント(東京都港区)は5日、同社が…

続きを読む

日本支援のかんがい改修完了、パラワン州(12/05)

国際協力機構(JICA)は4日、パラワン州マラトガオ川のかんがいシステムの改修事業が完了したと発表し…

続きを読む

20年漁獲量を据え置き、北方四島海域で日ロ合意(12/03)

【モスクワ共同】日本とロシア両政府は11月29日、北方四島周辺海域における2020年の日本漁船の操業に関し、…

続きを読む

肉牛増産で中小の支援拡充、日米協定で対策(12/03)

【共同】日米貿易協定の合意を受けて政府が国内対策として検討している環太平洋連携協定(TPP)の関連政…

続きを読む

ベトナム農業商談会、ホーチミン市で開催(12/03)

ジェトロは「ベトナム農業商談会」を開催し、日本企業22社が参加した=2日、ホーチミン市
日本貿易振興機構(ジェトロ)は2日、ベトナム・ホーチミン市で「ベトナム農業商談会」を開催した。今年は…

続きを読む

日本の2社が3億リンギ投資 政府主催セミナーでサバ州に表明(12/03)

日本企業に投資誘致を呼び掛けたダレル・レイキン貿産相(右から3人目)=11月29日、神戸市(MITI提供)
マレーシア貿易産業省(MITI)などがこのほど、神戸で開催した投資誘致セミナーで、日本企業2社が東マ…

続きを読む

【循環型経済】廃液の処理装置をタイで製造 ロックエンジ、排水規制にも対応(12/03)

ロックエンジニアリングの高濃度廃液処理装置のデモ機=10月28日、タイ・チョンブリ県(NNA撮影)
工場の生産工程で排出される高濃度廃液(廃水)を処理・再生する蒸留濃縮装置と真空乾燥装置の専業メーカー…

続きを読む

コーヒー豆輸入が10年で3倍、カフェ急増で(12/02)

台湾の財政部(財務省)統計処によると、台湾が2018年に輸入したコーヒー豆の量は08年比3.1倍の3万5,811ト…

続きを読む

萱島酒造、越向け輸出5万本 ベトナムに集中で販路開拓を推進(12/02)

萱島酒造は日本酒「西の関」(写真中央の上段と中段)を、ベトナムに年間5万本輸出している。写真はホーチミン市の「大戸屋」1号店
「西の関」ブランドの日本酒を展開する萱島酒造(大分県国東市)が、ベトナムで販路を着実に拡大している。…

続きを読む

徳島県がハラル和牛の販促活動、KLで(12/02)

ハラル認証を取得した和牛やサツマイモなどの野菜を紹介した農家ソムリエ~ずの藤原代表取締役(左から3人目)ら=11月29日、クアラルンプール(NNA撮影)
徳島県と徳島県農業開発公社、とくしまブランド推進機構(地域商社阿波ふうど)は11月29日、マレーシア・ク…

続きを読む

低コスト業務用米で新品種、農研機構が開発(11/29)

【共同】農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の東北農業研究センターは27日、東北地方向けに、外食…

続きを読む

日系による起業支援が始動 5年で100社目標、環境分野で(11/29)

リバネスの丸グループCEO(中央)とアーク・ベンチャーズのアガルワル代表(左)らが戦略的に提携することで合意=27日、インド・首都ニューデリー(NNA撮影)
日本や世界の技術を生かし、インドの環境問題を解決しようとする試みが動き出した。スタートアップ支援のリ…

続きを読む

三谷商事、畜産用配合飼料商社のMJI取得(11/29)

三谷商事(福井市)は28日、シンガポールの畜産用配合飼料商社MJIユニバーサルの株式7割を取得し、傘下…

続きを読む

豚コレラ対策で法改正案、「予防的殺処分」も(11/28)

【共同】豚コレラ(CSF)などの対策強化に向け、農林水産省が検討している家畜伝染病予防法改正案の概要…

続きを読む

メバチマグロ3千トン超削減、日本の20年漁獲枠(11/28)

【共同】大西洋海域のマグロの資源管理を議論する大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)は、大西洋の…

続きを読む

ワーホリが人手不足を救う 日本企業が台湾人を積極雇用(11/27)

日本は今年から台湾人向けのワーホリビザ発給枠を1万人に拡大した。ビザの申請期間には、日本台湾交流協会に申請者による長い行列ができた=10月、台北(NNA撮影)
少子高齢化などに伴う人手不足を受け、日本企業の間でワーキング・ホリデー(ワーホリ)制度を使って訪日す…

続きを読む

【ASEAN戦略】バイオ技術で社会課題解決 ちとせ、代替燃料・食料で(11/26)

ちとせグループの藤田CEO=東京(NNA撮影)
シンガポールに本社を置く日系バイオ技術ベンチャー、ちとせグループが東南アジアで存在感を高めている。20…

続きを読む

ハノイで九州プロモーションセンター設立へ(11/26)

「九州プロモーションセンター」の調印式の様子。写真は梅田大使(左から2人目)、ベトナム外務省外交団サービス局のグエン・チャック・バー局長(同3人目)、カミチクホールディングスの上村昌志社長(同4人目)=25日、ハノイ
一般社団法人・九州経済連合会の協力の下、会員企業のカミチクホールディングス(鹿児島市)とベトナム外…

続きを読む

農業支援へ3200億円、政府が経済対策で調整(11/25)

【共同】政府が来月上旬にまとめる経済対策の概要が21日、判明した。日米貿易協定の発効に備えた農業対策と…

続きを読む

農産物輸出の促進法成立、輸出手続きを迅速化(11/22)

【共同】農産物輸出拡大の司令塔組織の新設を柱とする農林水産物・食品輸出促進法が20日の参院本会議で可決…

続きを読む

20年のコメ生産は最大717万トン、減少続く(11/22)

【共同】農林水産省は20日、2020年産の主食用米について、需要に見合った全国の生産量は708万~717万トンに…

続きを読む

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

金融機関向けのシステム開発などを手掛ける日本ブレーン(東京都豊島区)は21日、カンボジアのマイクロファ…

続きを読む

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

VJCCの経営塾開始から10年。「心に火をつける経営者」として塾生の輪が広がる=15日、ハノイ
貿易大学(FTU)の人材育成機関「ベトナム日本人材開発インスティチュート(VJCC)」の経営塾は、ベ…

続きを読む

静岡県、韓国最大の食品展で販路開拓へ(11/21)

田丸屋本店(静岡市)はチューブタイプの本わさびなどを紹介=20日、ソウル(静岡県ソウル事務所提供)
静岡県は、20日に開幕した韓国最大級の食品見本市「フードウィークコリア2019」(ソウル江南区の国際展示場…

続きを読む

新品種持ち出しに罰則、日本発農作物に保護策(11/19)

【共同】農林水産省は15日、日本で開発された果物など農作物の新品種が海外流出するのを防ぐ新たな保護策を…

続きを読む

追加ワクチン年内確保へ、農水省の豚コレラ対策(11/19)

【共同】豚コレラ(CSF)の豚への感染拡大を防ぐワクチンが、年内に追加で250万頭分そろう見通しとなった…

続きを読む

すべての文頭を開く
さらに表示

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン