インド 自動車・二輪車 ニュース

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

模倣品の販売店ではパンフレットまで用意している=4日、インド・北部グルガオン(NNA撮影)
ホンダのインド二輪車法人が模倣品の対策に力を入れている。二輪車部品の模倣品による売り上げ損失の推定額…

続きを読む

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

豊田通商の子会社で半導体商社のネクスティエレクトロニクス(東京都港区)は5日、電動二輪・三輪車の内製…

続きを読む

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

インドの商用車大手アショク・レイランドは4日、12月に2~12日間、国内各地の工場の操業を停止すると明ら…

続きを読む

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下のシュコダは、VWがインド事業の強化を目的に進める「…

続きを読む

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

インドの二輪車大手ロイヤル・エンフィールドは、海外での製造拠点や販売網の拡充を進めている。世界的なブ…

続きを読む

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

株式会社NNAの調査によると、アジアで事業展開する日系企業の現地社員の2020年昇給率は4.9%と、19年…

続きを読む

車各社、来年1月から販売価格を値上げへ(12/05)

インドの自動車メーカー各社が、来年1月から自動車の販売価格を値上げする見通しだ。原材料費など生産コス…

続きを読む

EV普及、28万台に補助金36億ルピーを支給(12/05)

インド政府によるエコカー普及支援制度「電気自動車(EV)生産・普及促進(FAME)インディア」の第1…

続きを読む

11月の乗用車販売、現代自のみプラス成長(12/04)

インドの主要乗用車メーカー6社の2019年11月の国内販売台数(出荷ベース)が出そろった。業界2位の韓国…

続きを読む

11月の二輪車販売、地場4社が2桁マイナス(12/04)

インドの主要な二輪車メーカー6社の11月の国内新車販売台数(出荷ベース)が出そろった。地場4社の国内販…

続きを読む

現代自、BS6対応のディーゼル車に注力(12/04)

韓国・現代自動車のインド法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は、来年4月に導入される新た…

続きを読む

アポロタイヤ、サウジ市場に参入(12/04)

インドのタイヤ大手アポロ・タイヤズは、サウジアラビア市場に参入する。向こう5年間で、年に約80万本を販…

続きを読む

ウーバー、AP州に顧客サービス拠点を設置(12/04)

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは2日、南部アンドラプラデシュ州ビシャカパトナムに顧客サービスの中…

続きを読む

鉄鋼増産目標の達成、原材料の確保が課題(12/04)

インド政府の鉄鋼増産目標に関して、業界の関係者らは原材料の確保などが目標達成に向けた課題になると指摘…

続きを読む

【月次リポート】自動車ニュース(11月) VW中国、来年40億ユーロを投資(12/04)

「50年までにカーボンニュートラルを実現したい」と語ったVW中国トップのシュテファン・ウォーレンシュタイン氏=11月21日、広州モーターショー会場(VWホームページ)
中国で新車市場の2割を占める独フォルクスワーゲン(VW)は広州モーターショー会場で11月21日、グループ…

続きを読む

11月の商用車販売、主要5社で2桁減(12/03)

インドの主要商用車メーカー6社の11月の新車販売台数(出荷ベース)が2日までに出そろった。前月に続きマ…

続きを読む

SMLいすゞ、上半期は1160万ルピーの赤字(12/03)

SMLいすゞがこのほど発表した2019/20年度上半期(19年4~9月)決算は、純損益が1,160万ルピー(約1,77…

続きを読む

通行料の電子タグ義務化、今月15日に延期(12/03)

インド国内の有料道路の一部で導入される「ファスタグ(料金徴収用の電子タグ)」の義務化期限が今月1日か…

続きを読む

「戦略的分野」では外資を規制、政府が検討(12/03)

インド政府が新たな外資規制を検討している。通信インフラや建設といった社会の根幹に関わる分野を「戦略的…

続きを読む

米エクソン、インドで潤滑油工場設置を計画(12/03)

米エクソンモービルは、インドに潤滑油混合工場を設置する方向で検討しているもようだ。同社は「モービル」…

続きを読む

トヨタ紡織、独同業と合弁で顧客拡大(12/02)

トヨタ紡織は11月29日、インドの生産会社TBカワシマ・オートモーティブ・テキスタイル・インディア(TB…

続きを読む

マルチスズキの販売台数、2千万台到達(12/02)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは11月30日、国内の自動車メーカーで初めて累計販売台数が2,000万台に達…

続きを読む

現代自がベニューの輸出強化、まず南ア(12/02)

韓国・現代自動車のインド法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は11月30日、小型スポーツタイ…

続きを読む

マヒンドラはフィアットの知財侵害=米審判官(12/02)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)の米国法人が展開するオフロード車「ロクサー」が、米…

続きを読む

電動二輪アザー、タミルナド州に工場設置へ(12/02)

インドの電動二輪車メーカー、アザー・エナジーは、南部タミルナド州ホスールに工場を設置する計画だ。投資…

続きを読む

JICA、EV関連ワークショップを開催(12/02)

ワークショップにはテランガナ州政府関係者も集まった(JICA提供)
国際協力機構(JICA)は11月30日、電気自動車(EV)の開発などを手掛けるITSEV(富山県富山…

続きを読む

車販売サイトのカーデコ、フィリピンに進出(12/02)

カーデコ・グループのウマン・クマル社長(左)がカームディー・フィリピンの代表と握手(カーデコ・グループ提供)
自動車・二輪車の販売情報を集めたウェブサイトを運営するインドのカーデコ・グループは11月28日、フィリピ…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2019年第4四半期予測(12/02)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのベトナム経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2019年第4四半期(10~12月)の予測> ◎内外需振るわず経済減速見通し ・9月主要経済指標は…

続きを読む

マヒンドラ、4年で10車種以上の投入を計画(11/29)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、新モデルの投入を積極的に進める方針だ。向こう3…

続きを読む

競争委、トヨタとスズキの資本提携を承認(11/28)

インド競争委員会(CCI)は、トヨタ自動車とスズキの資本提携を承認した。 インドの企業省が26日に発表…

続きを読む

すべての文頭を開く
さらに表示

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン