カンボジア 食品・飲料 ニュース

すべての文頭を開く

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

香港域内に拠点を置く日系企業などのうち、「逃亡犯条例」改正案を発端にした社会混乱で業務に影響が出てい…

続きを読む

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

カンボジアの精米輸出大手シグネチャーズ・オブ・アジア(SOA)は、韓国を拠点に朝鮮人参の関連商品を製…

続きを読む

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

野村総研タイの加藤氏はCLMでの日本とタイ企業の連携モデルを提唱した=18日、バンコク(NNA)
タイから周辺国への製造工程の移管や、市場開拓のための進出に際して、日本企業とタイ企業の連携が効果的―…

続きを読む

コメの品質改善を、近隣諸国の台頭を警戒(11/19)

タイ・コメ輸出業協会(TREA)のチューキアット名誉会長は、農業・協同組合省にコメの品種改良・品質改…

続きを読む

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

高齢者支援に取り組むヘルプエイジ・インターナショナルのベトナムのパンプレット
ベトナムは、国際非政府組織(NGO)ヘルプエイジ・インターナショナル(HelpAge International)の協力で…

続きを読む

【NNA景気指数】ベトナム 2019年第4四半期予測(11/11)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのベトナム経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2019年第4四半期(10~12月)の予測> ◎回復基調維持も豚コレラなど懸念 ・7~9月はNN…

続きを読む

ナッツ加工工場、日系再生エネ企業が検討(11/08)

トッププランニングJAPANの村山代表(左)は、カンボジアのベイン・サコン農水相と会談した(カンボジア農水省提供)
建設事業や再生可能エネルギー事業を展開するトッププランニングJAPAN(東京都中央区)は、カンボジ…

続きを読む

タイ向け米GSP停止、移民労働者に影響も(11/06)

米国がタイに適用している一般特恵関税制度(GSP)の一部が来年4月に停止されることで、タイで働くカン…

続きを読む

カールスバーグ、ビール大手を完全子会社化(11/05)

デンマークのビール大手カールスバーグは10月31日、75%を出資するカンボジアのビール製造最大手カンブリュ…

続きを読む

地場ワン・モア、即席麺工場を新設(11/05)

カンボジアの即席麺製造会社、ワン・モア・マニュファクチャリングは2日、首都プノンペンで即席麺の工場を…

続きを読む

シアヌークビルに商業施設、年内2軒開業へ(11/01)

シアヌークビル州で年内に開業予定の「フリ・タイムズ・スクエア」のイメージ(フリ・リアル・エステートのフェイスブックより)
カンボジア南部シアヌークビル州で、年内に商業施設が2軒開業する見通しだ。いずれも国際的なブランドを…

続きを読む

財閥ブンロートが外食強化へ、シンハと連携(10/30)

タイの大手財閥ブンロート・ブルワリーは、向こう5年で外食事業に50億バーツ(約180億円)を投資する方針だ…

続きを読む

店舗スペース供給、3Qは16.9%減(10/25)

米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、首都プノンペンにおける今年第3四半期(7~9月)の賃貸…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン