カンボジア マクロ・統計・その他経済 ニュース

すべての文頭を開く

日本政府、道路補修資機材の供与で資金協力(07/19)

日本の外務省は17日、カンボジア政府との間で、無償資金協力「道路補修資機材の供与」に関する交換公文を交…

続きを読む

店舗スペース供給、2Qは前年末比7%増(07/19)

米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、首都プノンペンにおける今年第2四半期(4~6月)の賃貸…

続きを読む

サービスアパート供給、今年21%増見通し(07/19)

米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、首都プノンペンにおけるグレードAとBを合わせたサービス…

続きを読む

ゴム輸出量、上半期は24%増の10万トン(07/19)

カンボジア農林水産省の天然ゴム総局は、上半期(1~6月)の天然ゴム輸出量が前年同期比24%増の10万4,26…

続きを読む

【カンボジア経済通信】首相が訪日、日本からの投資を期待 第347回(07/19)

中国などによる不動産投資で建設工事が目白押しのプノンペン市内=2019年6月(筆者撮影)
カンボジアのフン・セン首相は、5月末に日本を訪問した。安倍首相との首脳会談、日本経済新聞社主催の国…

続きを読む

中国初の中古車輸出、広州からカンボジアへ(07/19)

広東省広州市で17日、中国で初めてとなる中古車の輸出事業が始まり、第1陣となる9台がカンボジアに向けて…

続きを読む

外国人の就労、自営10業種などで禁止へ(07/18)

カンボジア労働省は16日、外国人の就労を10業種で禁止する方針を明らかにした。禁止する職種は小規模自営業…

続きを読む

高速道路建設、米企業が財務アドバイザーに(07/18)

米法律事務所ハントン・アンドリュース・カース(HAK)は15日、カンボジアの主要都市を結ぶ高速道路建設…

続きを読む

平均寿命70歳に、総人口は1650万人(07/17)

国連人口基金(UNFPA)は、カンボジア人の平均寿命が2018年に70歳に達したことを明らかにした。男性は…

続きを読む

首都のオフィス入居率、86.5%に上昇(07/17)

米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、2019年第2四半期(4~6月)の首都プノンペンのオフィス…

続きを読む

EC法と消費者保護法、閣僚評議会で承認(07/16)

カンボジアの閣僚評議会(内閣に相当)は12日、電子商取引(EC)法案と消費者保護法案を承認した。クメー…

続きを読む

首相、外国からのごみ輸入禁止の方針を表明(07/16)

カンボジアのフン・セン首相は12日の閣議で、外国からの産業廃棄物など、ごみの輸入を禁止する方針を示した…

続きを読む

シアヌークビルに中国領事館開設へ(07/16)

カンボジア南部シアヌークビル州に、中国領事館や中国人向けの情報センターが開設される見通しだ。同州では…

続きを読む

上半期税収は15億ドル、通年目標の6割突破(07/15)

カンボジア租税総局(GDT)によると、上半期(1~6月)の税収は前年同期比22%増の15億米ドル(約1,62…

続きを読む

1~6月のコンド供給、7割が低価格帯(07/15)

米系不動産仲介大手CBREカンボジアによると、上半期(1~6月)に販売が開始されたコンドミニアム(分…

続きを読む

ケップ州に観光港建設、リゾート構想の一環(07/15)

カンボジアの公共事業・運輸省は、南部ケップ州に観光目的の港湾を設置する方針だ。同州を「高級リゾート観…

続きを読む

プノンペンの人口、30年には240万人に増加(07/12)

カンボジアのフン・セン首相は、首都プノンペンの人口が2030年には約240万人に増加すると予測した。約30年前…

続きを読む

コンデンセート精製施設を計画、国内初(07/12)

カンボジアのコングロマリット(複合企業)のオーバーシーズ・カンボジア・インベストメント(OCIC)と…

続きを読む

外国人観光客、1~5月は11%増(07/12)

カンボジア観光省によると、2019年1~5月の外国人観光客数は前年同期比11.4%増の288万8,461人だった。中…

続きを読む

電子商取引法など4本、年内に施行見通し(07/11)

カンボジア商業省のマオ・トーラ長官は、年内に電子商取引(EC)法、消費者保護法、競争法、契約法が施行…

続きを読む

首都の地下駐車場、首相が建設加速を指示(07/11)

カンボジアのフン・セン首相は、首都プノンペンで地下駐車場を増設する方針を打ち出した。路上駐車と渋滞の…

続きを読む

履物輸出、ベトナムに地の利 GSPでバッグは周辺国が優位(07/11)

ベトナムの履物輸出はベトナムに地の利がある一方、バッグの輸出では周辺国の条件が有利とされる=ホーチミン市
ベトナムの履物やハンドバッグの輸出が堅調だ。特に履物は中国から近いことで原材料の輸入も容易で、周辺国…

続きを読む

【新カンボジア法】第5回・年功補償について(07/10)

今回は、第2回などで取り上げた年功補償について、最新のアップデートを含めた全体像をご説明いたします。…

続きを読む

すべての文頭を開く
さらに表示

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン