オーストラリア・オセアニア 自動車・二輪車 ニュース

すべての文頭を開く

新車販売減、ディーラー事業の不調懸念(01/29)

オーストラリアの自動車ディーラー業界で、本年度の事業不調が懸念されている。昨年1年間の新車販売台数が…

続きを読む

日野自、豪トラック市場シェア17.5%に拡大(01/28)

日野自動車のオーストラリア現地法人である日野モーター・セールス・オーストラリアは、2019年に国内の商況…

続きを読む

グッドイヤー、豪物流にタイヤサービス提供(01/28)

タイの米系タイヤ大手グッドイヤー(タイランド)は、オーストラリア系物流大手リンフォックス・トランスポ…

続きを読む

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのベトナム経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
■高成長維持も勢いに一服感 ・主要指標が前期から悪化 ・日系の景気楽観姿勢も弱まる ・投資誘…

続きを読む

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

NNA景気指数=NNA景気状況指数(NNA CI)とNNA景気動向指数(NNA DI)により構成される。
NNA CIは景気の量感(景気の山、谷等)を表し、NNA DIは景気の方向性を示す。
両指標ともNNAのタイ経済に関する記事をセンチメント分析するとともに、マクロ指標と組み合わせて算出している。
NNA DIでは最新月を含めた過去3カ月におけるDIの平均値により、以降3カ月の景気の状態について判断している。判断基準は下記の表によっている。
<2020年第1四半期(1~3月)の予測> ◎経済の減速傾向が一層鮮明に ・バーツ高で輸出低迷に…

続きを読む

メルセデス、豪市場の高級車販売台数で首位(01/22)

高級車ブランドのオーストラリア市場での2019年の新車販売台数で、独メルセデス・ベンツが3万1,985台でトッ…

続きを読む

自動車生産終えん後、業界の75%が生き残り(01/21)

オーストラリアでは2016年から17年にかけて、トヨタとGMホールデン、米フォードの自動車メーカー3社が生…

続きを読む

日系自動車各社、豪ドル安で販売価格値上げ(01/20)

対日本円やタイ・バーツでオーストラリアドル安が進んでいる影響で、日本の大手自動車メーカー各社は、人気…

続きを読む

日産の豪仕様UTE、地場企業が組み立て(01/16)

日産自動車はこのほど、ピックアップトラック(UTE)「ナバラ(Navara)」のオーストラリア仕様車「ナバ…

続きを読む

【今週の経済統計】11月新車、3QGDP(01/15)

■新車販売台数 オーストラリアの11月の新車販売台数は、前年同月から9.8%減の8万4,708台だった。一般乗…

続きを読む

豪で渋滞税導入の可能性も=有料道路CEO(01/14)

オーストラリアの有料道路運営会社トランスアーバンのチャールトン最高経営責任者(CEO)は、政府が道路…

続きを読む

豪の原油確保に難題か 米イラン対立で運輸業に影響(01/10)

米国とイランの対立により、オーストラリアの原油確保に問題が出そうだ。オーストラリアは原油管理を民間に…

続きを読む

米ウーバー、豪で乗り換え一括購入サービス(01/10)

米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオーストラリアで、配車予約に使用される既存の携帯アプリを使い、バ…

続きを読む

豪LNG輸出量、カタール抜いて世界1位に(01/08)

オーストラリアが昨年、中東のカタールを抜いて世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国になったことが分か…

続きを読む

19年M&A件数、過去最高(01/08)

【共同】日本企業が関連する2019年の企業の合併・買収(M&A)の件数は前年比6.2%増の4,088件と、3年連…

続きを読む

12月豪新車販売減、通年では8年ぶり低水準(01/07)

オーストラリア自動車産業会議所(FCAI)は6日、12月の新車販売台数が8万4,239台と前年同月比3.8%減…

続きを読む

NZ12月新車販売微増、通年で10年ぶり減少(01/07)

ニュージーランド(NZ)自動車産業協会(MIA)は6日、12月の新車販売台数が1万1,160台と、前年同月比…

続きを読む

【年始特集】ベトナムがトップを維持 4割超が選択、有望な投資先(01/07)

駐在員ら820人に聞いた「2020年のアジアで最も有望な投資先」では、ベトナムを選ぶ回答が前年に続き最も多か…

続きを読む

豪政府、ウーバーなどの租税回避阻止へ(01/06)

オーストラリア連邦政府が、米配車大手ウーバー・テクノロジーズや、米民泊仲介大手エアビーアンドビー(Ai…

続きを読む

【年始特集】アジア景況感、「悪化」が2割 東南ア低迷、米中摩擦の懸念継続(01/06)

アジアに進出する日系企業の2020年の景況見通しは、前年からやや悪化した。20年の景気が「悪くなる」と答え…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン