中銀、2会合連続の0.25%利上げ

フィリピン中央銀行は23日に開いた金融政策決定会合で、政策金利である翌日物借入金利(RRP)を0.25%引き上げ、年2.50%にすると決めた。利上げは2会合連続となる。


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年間、フィリピン…(07/04)

新空港周辺の開発優遇認めず マルコス大統領、経済効果薄く(07/04)

外相にマナロ氏、国連大使など歴任(07/04)

ペソ安進行、新財務相は問題視せず(07/04)

企業景況感、4~6月は改善(07/04)

消費者信頼感、4~6月はマイナス幅縮小(07/04)

ダブルドラゴン、北海道でホテル開発(07/04)

中国外相がミャンマー入り、東南ア歴訪で(07/04)

ニッケルアジア、再エネ開発でシェルと合弁(07/04)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン