ハビビ元大統領死去

インドネシアの第3代大統領を務めたバハルディン・ユスフ・ハビビ氏が11日午後6時5分、ジャカルタ市内の病院で死去した。83歳。心臓病を患い、1日から治療を受けていた。
ハビビ氏はスハルト政権末期に副大統領を務め、スハルト退陣後、1998年~99年まで大統領を務めた。


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

コロナ対策の支出2.7兆円、財政赤字5%に(04/01)

外国人の入国・トランジットを当面禁止(04/01)

ガルーダ、バリ―成田直行便も4月減便(04/01)

地方政府の特別割り当て予算、実行中止要請(04/01)

銀行が救済策、新型コロナで窮状の企業対象(04/01)

低所得層向け電気料金、無償化や5割引きに(04/01)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン