15年の訪日旅行者数、29%増の20.5万人

日本政府観光局(JNTO)は19日、2015年にインドネシアから日本を訪れた外国人旅行者数が前年比29%増の20万5,100人だったと発表した。通年として初めて20万人を突破。JNTOの継続的な旅行展への参加に加え、地方自治体や企業が単独で商談会を実施したことなどが旅行者の増加に貢献した。

Thumb 20160120idr008b001

昨年は地方自治体では東京都、愛知県、富山県、甲府市など、企業では藤田観光や石川県金沢市の都市型ホテル8社で構成する金澤八家などが単独で地元旅行代理店向けに商談会を開催。JNTOも消費者向けの日本旅行展「ジャパン・トラベル・フェア」の開催やインドネシア最大級の旅行展「ガルーダ・トラベル・フェア」にジャパンブースを設置するなど需要を喚起した。

JNTOジャカルタ事務所の冨岡秀樹所長は「通年で円安水準になったことや14年3月にジャカルタ事務所を設置して以降の継続的な活動が実を結んでいる」と語った。認知度の高い桜の名所観光のほかに昨年は紅葉シーズンの取り組みを強化したことに加え、テレビ番組などで紹介されるなど一般消費者に多くの日本の観光地を知る機会を与えることができたと説明。シンガポールや香港など、従来の人気旅行先へのインドネシア人旅行者が軒並み前年割れする中、日本は大きなプラス成長を達成することができたと付け加えた。

地場旅行会社BPWドゥタ・プランギ・インダのソーマ・スーパーアドバイザーは「インドネシア人旅行者の日本への関心が年々、高まってきている」と語った。従来は日本へ行きたいという漠然としたイメージの目的地から名古屋や福岡に行きたいなど、都市を指定する旅行者が増えてきていると付け加えた。

12月のインドネシアからの訪日旅行者数は前年同月比24%増の2万9,300人だった。17カ月連続のプラス成長となった。年末年始の長期休暇が訪日者数の増加に寄与した。

JNTOは、2月12~14日に首都ジャカルタ西郊のバンテン州タンゲランの大型商業施設「イオンモール」で消費者向けの旅行展「ジャパン・トラベル・フェア」を開催する予定。このほか、3月にはジャカルタ、東ジャワ州スラバヤ、北スマトラ州メダンの3都市で訪日旅行セミナー・商談会の実施や、航空券販売代理店協会(Astindo)主催の旅行展に参加する。


関連国・地域: 香港シンガポールインドネシア日本
関連業種: 観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

車両アフターマーケット展開幕 参加企業、今年の業況好転に期待(02/24)

インドネシアで初となる自動車のアフターマーケット・チューンアップの展示会「オートプロ2017」が23日、首…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

シボレー新SUV、日系の牙城切り崩し狙う(02/24)

米系自動車大手ゼネラル・モーターズ・インドネシア(GMインドネシア)は23日、新型シボレー・トレイルブ…

続きを読む

中古車市場、7人乗りMPVが堅調(02/24)

インドネシアの今年の中古車市場は、7人乗り多目的車(MPV)の需要が堅調で、明るい見通しとなっている…

続きを読む

富士通フロ、中古車競売システムを提供(02/24)

富士通フロンテック(東京都稲城市)は23日、インドネシアで中古車競売事業を開始するベイオーク・ナスモコ…

続きを読む

首都MRT、清水建設工区の地下鉄進捗75%(02/24)

清水建設は23日、インドネシアの首都ジャカルタの大量高速交通システム(MRT)の建設工事で、大林組ら…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

中国高速鉄道、来月にも一部区間で着工へ(02/24)

インドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道の建設を手掛けるインドネシア中国高速鉄…

続きを読む

造船PAL、UAE同業と軍艦建造で提携(02/24)

インドネシアの国営造船PALインドネシアは アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ造船(ADSB)と軍…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン