次期大統領候補の支持率、ポーとビナイ両氏首位

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)によると、来年の次期大統領選に向けて最も支持を集めたのはグレース・ポー上院議員とジェジョマル・ビナイ副大統領だった。一方、ロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長は前回調査(11月)から支持が急落した。

調査は12月12日~14日に有権者1,200人を対象に実施。「きょうが大統領選の場合、あなたは誰に投票するか」を質問した。

ポー氏とビナイ氏の支持率は26%で、前回調査からともに5ポイント上昇した。3位はアキノ現大統領が後継者として指名したマヌエル・ロハス前内務地方自治相で、支持率は7ポイント増の22%だった。

4位のドゥテルテ氏は18ポイント減の20%と、支持が急落。5位はミリアム・サンチャゴ上院議員で、支持率は前回同様4%だった。

■別の調査ではビナイ氏が首位返り咲き

一方、民間調査会社パルス・アジアの12月調査によると、ビナイ氏が33%と最も支持を集めた。前回調査(9月)から14ポイント上昇し、今年3月の調査以来、9カ月ぶりに首位に返り咲いた。調査は12月4日~11日に有権者1,800人に対して行った。

2位はドゥテルテ氏で、支持率は7ポイント増の23%。3位はポー氏で5ポイント減の21%、4位はロハス氏で3ポイント減の17%だった。

現地紙ビジネスワールドによると、サントトマス大学(UST)のエドムンド・タヤオ教授(政治学)はこの結果について、ポー氏とドゥテルテ氏が選挙資格問題を抱えていることに言及。「ビナイ氏に一部の支持が流れた」と分析した。

次期大統領選挙は来年5月に実施される。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

横浜市、セブで汚泥処理施設の建設調査へ(13:32)

横浜市は国際協力機構(JICA)と連携して、フィリピンのセブ都市圏で汚泥処理施設の建設に向け、準備調…

続きを読む

外食ジョリビー、マンハッタンで出店へ(13:33)

フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)は、早ければ年内に旗艦ブランドのファストフード店「…

続きを読む

避暑地バギオでBPO成長(07/22)

フィリピン北部の避暑地バギオ市でビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業が成長している。欧…

続きを読む

古河機械金属、車載コイル生産を本格化(07/22)

古河機械金属は21日、傘下の古河電子のフィリピン法人で、7月から車載向けの本格量産を開始したと発表した…

続きを読む

【アジア三面記事】新型車両のはずが(07/22)

■新型車両のはずが 雨期に入ったインド。ムンバイの通勤列車の乗客は老朽車両の雨漏りに悩まされてきた…

続きを読む

現代自、上期販売は53%増の1万6千台(07/22)

韓国の現代自動車の乗用車などを販売する現代アジア・リソーシズ(HARI)は、今年上半期(1~6月)の…

続きを読む

税務管理協会、税制改革案を財務相に提出(07/22)

フィリピン税務管理協会(TMAP)は20日、税制改革を求める書面をカルロス・ドミンゲス財務相に提出した…

続きを読む

PPP事業、ハイブリッド方式導入を検討(07/22)

フィリピン政府は官民パートナーシップ(PPP)のインフラ整備事業について、建設を政府が担い、運営を民…

続きを読む

商工会、中国との経済交流進める方針(07/22)

南シナ海の領有権をめぐって、フィリピンと中国は対立しているが、経済関係強化を図る動きは変わらないよう…

続きを読む

期限付き預金入札、規模を700億ペソに拡大(07/22)

フィリピン中央銀行は、新たな政策金利方式の一環として導入した期限付き預金入札(TDF)の受け入れ枠を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン