次期大統領候補の支持率、ポーとビナイ両氏首位

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)によると、来年の次期大統領選に向けて最も支持を集めたのはグレース・ポー上院議員とジェジョマル・ビナイ副大統領だった。一方、ロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長は前回調査(11月)から支持が急落した。

調査は12月12日~14日に有権者1,200人を対象に実施。「きょうが大統領選の場合、あなたは誰に投票するか」を質問した。

ポー氏とビナイ氏の支持率は26%で、前回調査からともに5ポイント上昇した。3位はアキノ現大統領が後継者として指名したマヌエル・ロハス前内務地方自治相で、支持率は7ポイント増の22%だった。

4位のドゥテルテ氏は18ポイント減の20%と、支持が急落。5位はミリアム・サンチャゴ上院議員で、支持率は前回同様4%だった。

■別の調査ではビナイ氏が首位返り咲き

一方、民間調査会社パルス・アジアの12月調査によると、ビナイ氏が33%と最も支持を集めた。前回調査(9月)から14ポイント上昇し、今年3月の調査以来、9カ月ぶりに首位に返り咲いた。調査は12月4日~11日に有権者1,800人に対して行った。

2位はドゥテルテ氏で、支持率は7ポイント増の23%。3位はポー氏で5ポイント減の21%、4位はロハス氏で3ポイント減の17%だった。

現地紙ビジネスワールドによると、サントトマス大学(UST)のエドムンド・タヤオ教授(政治学)はこの結果について、ポー氏とドゥテルテ氏が選挙資格問題を抱えていることに言及。「ビナイ氏に一部の支持が流れた」と分析した。

次期大統領選挙は来年5月に実施される。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

東京ガス、来年に事務所開設(21:24)

東京ガスは、来年4月にマニラ首都圏に駐在員事務所を開設する。フィリピンで液化天然ガス(LNG)の需要…

続きを読む

経済区の土地賃貸期間と賃金水準、見直しへ(20:31)

フィリピン経済区庁(PEZA)は現在、進出企業への土地賃貸期間の延長と賃金制度の見直しを検討している…

続きを読む

エンペラドール、仏ペルノのメキシコ事業買収(19:37)

フィリピンの酒造最大手エンペラドールは5日、仏同業ペルノ・リカールがメキシコで展開するブランデー、ワ…

続きを読む

テイクオフ:師走に入り、来年の卓上…(12/05)

師走に入り、来年の卓上カレンダーを手に入れた。カバーを外して1月、2月とめくっていく。それから、今年…

続きを読む

【書籍ランキング】11月17日~11月23日(12/05)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『豊かな人生を勝ち取る30の思考』中邨宏季(幻冬舎メディアコンサルティン…

続きを読む

【リーダーに聞く】業界最大手の地位を強固に オリックス、進出40年で100店舗(12/05)

フィリピンでリース業界最大手のオリックス・メトロ・リーシング&ファイナンス(オリックス・メトロ)が、…

続きを読む

PEZA、ARMMに直轄経済区創設へ(12/05)

フィリピン経済区庁(PEZA)は、ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)に同庁が直轄する経済区を…

続きを読む

政府債務の対GDP比、9月は44.2%に改善(12/05)

フィリピンの財務省は2日、9月末時点で政府債務残高の対国内総生産(GDP)比が44.2%となり、前年同月…

続きを読む

2日為替:1$=49.650ペソ(↑)(12/05)

2日のペソ相場は反発した。政府公式レートの終値は前日比0.110ペソ高の1米ドル=49.650ペソ。この日は49.…

続きを読む

ルシオタン財閥、PALと航空1社を統合(12/05)

フィリピンの財閥ルシオ・タン・グループが、傘下の航空2社を統合する。フィリピン航空(PAL)の持ち株…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン