ヒンズー教徒比率、初の80%割れ=国勢調査

インド内務省が25日に発表した「宗教国勢調査2011」で、ヒンズー教徒の人口比率が初めて全体の80%を下回った。一方、イスラム教徒の比率は拡大している。

国内人口12億1,085万人のうち、ヒンズー教徒は9億6,626万人となり、全人口に占める比率は79.8%だった。イスラム教徒が1億7,225万人(人口比率は14.2%)、キリスト教徒が2,782万人(同2.3%)、シーク教徒が2,083万人(同1.7%)、仏教徒が844万人(同0.7%)、ジャイナ教徒が445万人(同0.4%)と続く。一方、宗教を信仰しない人の数は793万人だった。

ビジネス・スタンダード(電子版)によると、人口全体に占めるヒンズー教徒の比率は1991年が82.4%、2001年が80.5%と、国勢調査を重ねるごとに減少傾向にある。一方、イスラム教徒の比率はそれぞれ11.7%、13.4%と増加傾向だ。

今回の国勢調査は、インド政府が14年初めに調査結果をまとめた。ただ、同年5月に総選挙が控えていたため、発表が先送りされていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インド国鉄、5億ドルの外債発行で認可申請(08/26)

インド国鉄はルピー建て外債「マサラ債」の発行による5億米ドル(約500億円)の資金調達を財務省に認可申請…

続きを読む

【アジア三面記事】卵が先か、歓声が先か(08/26)

■卵が先か、歓声が先か シンガポール中心部の住宅街にある児童公園で、失業中という30歳の男性が5人の男…

続きを読む

バングラ、日本製中古車28%増 右ハンドル国で有望市場に(08/26)

日本からの中古自動車輸出が今年上半期(1~6月)は急速な円高で落ち込む中、南アジア向けが好調だ。中で…

続きを読む

M&M、中古車の事業規模2倍に(08/26)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が、中古車の事業規模を2倍に拡大する。中古車市場は…

続きを読む

ディーゼル車の人気後退、4年でシェア半減(08/26)

インドでディーゼル車の人気が後退している。インド自動車工業会(SIAM)によると、新車販売における割…

続きを読む

EMS大手の緯創、インド工場が黒字に(08/26)

EMS(電子製品の受託製造サービス)世界大手、緯創資通(ウィストロン)のインド工場が7月に黒字転換し…

続きを読む

現代自、毎年2モデル発売を計画(08/26)

韓国系自動車大手のヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は、今後は年間2車種の新モデルを投入す…

続きを読む

極東開発、ボルボの超大型ダンプをOEM生産(08/26)

特装車大手の極東開発工業(兵庫県西宮市)は、インドでスウェーデンのボルボからダンプトラックのOEM(…

続きを読む

ナブテスコ、インドに現法(08/26)

機械メーカーのナブテスコ(東京都千代田区)は、インドに輸入販売とアフターサービスを手掛ける現地法人を…

続きを読む

仏の潜水艦情報漏えい、米の懸念は当初から(08/26)

オーストラリアの新型潜水艦の共同開発を受注した、フランス政府系造船会社DCNSが、潜水艦の機密情報を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン