ヒンズー教徒比率、初の80%割れ=国勢調査

インド内務省が25日に発表した「宗教国勢調査2011」で、ヒンズー教徒の人口比率が初めて全体の80%を下回った。一方、イスラム教徒の比率は拡大している。

国内人口12億1,085万人のうち、ヒンズー教徒は9億6,626万人となり、全人口に占める比率は79.8%だった。イスラム教徒が1億7,225万人(人口比率は14.2%)、キリスト教徒が2,782万人(同2.3%)、シーク教徒が2,083万人(同1.7%)、仏教徒が844万人(同0.7%)、ジャイナ教徒が445万人(同0.4%)と続く。一方、宗教を信仰しない人の数は793万人だった。

ビジネス・スタンダード(電子版)によると、人口全体に占めるヒンズー教徒の比率は1991年が82.4%、2001年が80.5%と、国勢調査を重ねるごとに減少傾向にある。一方、イスラム教徒の比率はそれぞれ11.7%、13.4%と増加傾向だ。

今回の国勢調査は、インド政府が14年初めに調査結果をまとめた。ただ、同年5月に総選挙が控えていたため、発表が先送りされていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新日鉄住金と丸紅、JSWの高炉改修を完了(12/02)

新日鉄住金エンジニアリングと丸紅は1日、インドの地場鉄鋼大手JSWスチールから受注したドルビ製鉄所(…

続きを読む

フォルクスワーゲン、11月販売台数は2倍増(12/02)

ドイツの自動車大手フォルクス・ワーゲン(VW)は1日、インドでの11月の新車販売台数が前年同月比2.1倍の…

続きを読む

LED照明クロントン、米企業とIoTで提携(12/02)

インドの発光ダイオード(LED)照明・家電メーカー大手のクロントン・グリーブス・コンシューマー・エレ…

続きを読む

繊維産業、高額紙幣問題で打撃 グ州で7割が給料払えず休業(12/02)

インド政府が11月9日に開始した高額紙幣の刷新による現金不足で、中小零細企業(MSME)が大きな影響を…

続きを読む

テイクオフ:過度にビビる必要はなか…(12/02)

過度にビビる必要はなかった――。インド初入国となった首都近郊グルガオン出張の感想だ。フルアテンドで日…

続きを読む

スズキ、11月の国内販売は14.1%増(12/02)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは1日、11月の国内新車販売台数が前年同月比14.1%増の12万6,220台だっ…

続きを読む

【アジア三面記事】無欲なメリークリスマスを(12/02)

■無欲なメリークリスマスを 手のひらを差し出したらアウト――。フィリピンのニノイ・アキノ国際空港(N…

続きを読む

高額紙幣問題の影響小さい=メルセデス(12/02)

ドイツの高級車大手メルセデス・ベンツは、インド政府が11月9日に高額紙幣の刷新に踏み切って以降、ショー…

続きを読む

高額紙幣問題で不動産販売3割減=フィッチ(12/02)

格付け機関フィッチ・レーティングスは11月30日、インドでは、高額紙幣問題の影響によって、2017年の不動産…

続きを読む

主要8業種の生産高指数、10月は6.6%上昇(12/02)

インドの商工省の11月30日発表によると、10月の主要8業種(石炭、原油、天然ガス、石油精製品、肥料、鉄鋼…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン