アマゾンの無人機配送、インドで試験実施か

電子商取引(EC)大手の米アマゾンが小型無人機による配送実験を、西部マハラシュトラ州ムンバイと南部カルナタカ州バンガロールの国内2都市で実施する可能性が浮上している。匿名の消息筋の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。

アマゾンは、ムンバイとバンガロールに倉庫を置いている。同筋によると、実施時期は「早ければディワリ(灯明祭)ごろだ」という。ただ、この件について、アマゾンは「将来に何をするか、何をしないかについてはコメントしない」としている。

アマゾンが配送に無人機を使う構想を明らかにしたのは、昨年12月のこと。無人機の最大積載重量は約2.3キログラムで、アマゾンが扱う商品の86%前後が配送可能となる。ディワリの前後は1年の中で最も消費が盛り上がる期間で、仮にアマゾンが商品を1個でも運べば、地場フリップカートと国内のEC市場の覇権を争う上で、広告的に大きな効果がある。

無人機の使用に関する法整備に関し、政府の意識は低い。民間航空管理局(DGCA)は、アマゾンの計画を把握しておらず、空撮や調査、野生動物の保護などを目的に既に無人機を運用している業者も、DGCAの許可を得る必要があるとは考えていないと述べている。米国では、アマゾンを含めた企業による無人機の屋外での運用は認められていない。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

ダイヤのデビアス、16年の売上3割増見込む(16:02)

ダイヤモンドの世界大手デビアスは、自社ブランド「フォーエバーマーク」のインドでの売上高について、2016…

続きを読む

携帯カーボン、ハリヤナ州に工場建設へ(16:02)

インドの携帯端末メーカー、カーボン・モバイルズは、北部ハリヤナ州バワルに国内3カ所目となる携帯端末の…

続きを読む

電力エッサール、西部発電所2カ所を売却へ(15:08)

インドの電力大手エッサール・パワーは、西部グジャラート州に持つ発電所2カ所を売却する方針だ。燃料価格…

続きを読む

【書籍ランキング】7月7日~7月13日(07/25)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『フィンテック 金融維新へ』アクセンチュア(日本経済新聞出版社) 2.…

続きを読む

テイクオフ:世界の多くの国がイスラ…(07/25)

世界の多くの国がイスラム過激派によるテロの脅威の下にある。過激派は自らの宗教ブランドを認知させるため…

続きを読む

東芝、無排水化事業を加速(07/25)

東芝が海外で排水処理事業に本腰を入れ始めた。核となるのは、インドで昨年買収したUEM。世界30カ国以上…

続きを読む

日本ペイント、タミルナド州で塗装工訓練校(07/25)

日本ペイントホールディングスはこのほど、インドの現地法人を通じて、南部タミルナド州で塗装工の訓練機関…

続きを読む

日本精工、地場合弁に3年で15億ルピー投資(07/25)

自動車部品の製造などを手掛ける日本精工(東京都品川区)は、インドの合弁会社を通じて、向こう3年で15億…

続きを読む

現代自の「i20」、累計販売100万台を突破(07/25)

現代自動車のインド子会社ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は21日、インドで生産しているハッ…

続きを読む

スクーター免許、取得可能年齢を引き下げ(07/25)

インドのラダクリシュナン閣外相(道路交通・高速道路担当)は21日、スクーター免許の取得可能年齢を16歳に…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン