アマゾンの無人機配送、インドで試験実施か

電子商取引(EC)大手の米アマゾンが小型無人機による配送実験を、西部マハラシュトラ州ムンバイと南部カルナタカ州バンガロールの国内2都市で実施する可能性が浮上している。匿名の消息筋の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。

アマゾンは、ムンバイとバンガロールに倉庫を置いている。同筋によると、実施時期は「早ければディワリ(灯明祭)ごろだ」という。ただ、この件について、アマゾンは「将来に何をするか、何をしないかについてはコメントしない」としている。

アマゾンが配送に無人機を使う構想を明らかにしたのは、昨年12月のこと。無人機の最大積載重量は約2.3キログラムで、アマゾンが扱う商品の86%前後が配送可能となる。ディワリの前後は1年の中で最も消費が盛り上がる期間で、仮にアマゾンが商品を1個でも運べば、地場フリップカートと国内のEC市場の覇権を争う上で、広告的に大きな効果がある。

無人機の使用に関する法整備に関し、政府の意識は低い。民間航空管理局(DGCA)は、アマゾンの計画を把握しておらず、空撮や調査、野生動物の保護などを目的に既に無人機を運用している業者も、DGCAの許可を得る必要があるとは考えていないと述べている。米国では、アマゾンを含めた企業による無人機の屋外での運用は認められていない。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社、販促にソーシャルメディア活用(20:23)

インドの自動車メーカー各社で、顧客獲得に向けてソーシャルメディアを活用する動きが活発になっている。段…

続きを読む

ウーバーとRジオ、運賃の電子決済で提携(20:24)

タクシーの配車アプリ「ウーバー」を運営する米ウーバーテクノロジーズは、インドの通信会社リライアンス・…

続きを読む

中国製の鉄鋼製品、AD関税を5年延長(20:36)

インドの関税当局は、中国製の鉄鋼製品に課している反ダンピング(不当廉売、AD)関税の適用期間を5年間…

続きを読む

テイクオフ:インドのスーパーマーケ…(02/21)

インドのスーパーマーケットなどに陳列してある加工食品や飲料の包装には必ず日の丸のような表示がある。恥…

続きを読む

スマートシティー、政府が本腰 7月までに入札の4割完了(02/21)

インドのモディ首相が、ITの活用で社会インフラの効率化を図る「スマート・シティーズ・ミッション」を打…

続きを読む

オキツモ、二輪向け耐熱塗料の販社(02/21)

耐熱塗料大手のオキツモ(三重県名張市)は、インドの北部ハリヤナ州グルガオンに販売会社を設立する。二輪…

続きを読む

クロスコープ、全海外拠点でビズラボ提供へ(02/21)

インキュベーションサービスを展開するソーシャルワイヤー(東京都新宿区)は20日、シンガポールの業界デー…

続きを読む

スズキHV車、印販売が10万台突破(02/21)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは20日、中型セダン「シアズ」と多目的車(MPV)「エルティガ」のマ…

続きを読む

不振のGM、販売店が3分の1減少(02/21)

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)がインド市場で販売不振にあえいでいる。2年前にインド国内280カ…

続きを読む

FDI流入額、昨年4~12月は22%増(02/21)

インドの2016年4~12月の海外直接投資(FDI)流入額は、前年同期比21.7%増の358億4,400万米ドル(約4…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン