テイクオフ:小さいころに好きだった…

小さいころに好きだった本に「探検」という図鑑がある。絵や写真が良く、今でも見応えのある本だ。この中に、オーストラリア探検の話があり、「タスマニアのアボリジニは疫病などで絶滅した」とあった。

ところが、オーストラリアに来てみると、タスマニアのアボリジニは絶滅していないという。アボリジニを決める基準が、図鑑が書かれた後で変わったようだ。図鑑は当時の公式見解を基に「純粋」なアボリジニが絶えたとしていた。その後、先住民の権利を求める運動の高まりで、祖先にアボリジニがいるかどうかに拡大されたそうだ。タスマニアのアボリジニにとっては自分たちの存在が認められて良かっただろう。

しかし、都市に住むアボリジニの中には、さまざまな公的支援を受けられるにも関わらず、差別から出自を明かさない人もいるという。根が深い問題だ。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで有名な…(01/17)

オーストラリアで有名な帽子ブランド「アクーブラ」の製品は、チベットで人気が高いようだ。あるチベット人…

続きを読む

豪M&A、今年活発化見込み 資源相場の改善で(01/17)

オーストラリアの資源企業は今年、M&A(合併・買収)活動を活発化させる見込みだ。コモディティー相場の…

続きを読む

豪首相、TPPの早期承認で米懐柔狙う(01/17)

オーストラリアのターンブル首相は、連邦議会が環太平洋連携協定(TPP)で承認をできる限り早期に得るこ…

続きを読む

豪政権、前首相の再生可能エネ目標廃案却下(01/17)

オーストラリアのターンブル政権は、アボット前首相が提案する、再生可能エネルギー目標(RET)の廃止案…

続きを読む

豪経済、トランプ旋風にもろい?(01/17)

オーストラリア経済は、トランプ旋風による米経済の変革の影響を受けやすい――。オーストラリアのファンド…

続きを読む

〔政治スポットライト〕米次期国務長官の対中強硬姿勢、豪に影響か(01/17)

オーストラリアが今後、南シナ海での米国と中国の対立に巻き込まれる可能性が一段と高まっている。米国の…

続きを読む

豪当局、「生保業界は一刻も早く再編を」(01/17)

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)とオーストラリア金融監督庁(APRA)は国内の生命保険企業に…

続きを読む

豪デュエット、香港の長江基建が買収で合意(01/17)

オーストラリアのエネルギー関連インフラ会社デュエット・グループの取締役会は16日、香港の長江和記実業(…

続きを読む

WA州でダムの脱塩事業、異例の民間主導(01/17)

西オーストラリア(WA)州政府がこのほど、民間企業が主導するウェリントンダムの脱塩プロジェクトを承認…

続きを読む

〔オセアニアン事件簿〕一家5人殺害事件から7年、有罪判決(01/17)

2009年7月にシドニー北部エッピングに住む中国系移民のLin家の5人を殺害したとされるLian Bin“Robert…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン