5年ぶりに百円=千W突破、「影響は限定的」

ソウル外国為替市場で30日、開場直後にウォン相場が100円=999.62を記録した。心理的抵抗線とされる100円=1,000ウォンを5年ぶりに突破。しかし韓国の産業界の輸出競争力に及ぼす影響は限定的との見方だ。

聯合ニュースなどによると、サムスン電子関係者は「輸出価格の競争力が悪化する一方で、海外からの部品・設備・原材料の購買費用が下がるなど、ウォン高にはプラスとマイナスの両方の要因が存在する」とし、「為替変動に対して短期的に対応するというより、(製品の)競争力強化に焦点を合わせる」と話した。

日本勢に対して優位な立場にある造船業界と内需主体の建設業界では、円安・ウォン高による影響はほとんどないという見方が一般的。

一方、自動車業界では、日本の完成車メーカーの価格競争力が円安で高まるとの憂慮の声が上がっている。現代自動車などの完成車メーカーは今後、為替の動きを鋭意注視しながら、海外市場におけるブランド認知度の向上や定価販売などの戦略を積極的に進めていく考え。

この日の終値は100円=1,002.09ウォンだった。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「国民が幸福になる第2…(02/21)

「国民が幸福になる第2の『漢江(ハンガン)の奇跡』を成し遂げる」――。朴槿恵政権がこう訴えた就任演説…

続きを読む

サムスンのブランド価値低下 副会長逮捕でスマホ発火追い打ち(02/21)

サムスン電子のブランドイメージが低下している。米国の調査会社ハリスポールがこのほど発表した「2017年米…

続きを読む

サムスントップ逮捕、主要財閥も不安(02/21)

韓国・サムスングループの事実上トップ、李在鎔サムスン電子副会長の逮捕が財界全体に暗い影を落としている…

続きを読む

大衆迎合主義は危機を招来、現代研が分析(02/21)

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院はこのほど発刊した報告書を通じて、ポピュリズム(大衆迎合主義)…

続きを読む

為替操作国指定、中国よりも先との見方も(02/21)

米国が中国よりも先に韓国を為替操作国に指定する可能性があるとの見方が浮上している。韓国のシンクタンク…

続きを読む

実質実効為替レート、ウォン高で推移(02/21)

韓国ウォンの総合的な価値を示す実質実効為替レートが、2008年のリーマン・ショック並みのウォン高水準をつ…

続きを読む

カカオのネット銀行、モバイル専門で運用か(02/21)

韓国で発足を控えるインターネット専業銀行のカカオバンクが、パソコンに対応せずモバイルデバイスにだけ対…

続きを読む

韓国企業、ダム2カ所の事業化調査を実施(02/21)

インドネシアの公共事業・国民住宅省は、韓国の投資家がパプア州のバリエム・ダムとマルク諸島ワイアプ・ダ…

続きを読む

待機資金が400兆W突破、投資先見つからず(02/21)

19日付韓国経済新聞によると、新韓とKB国民、KEBハナ、ウリ、NH農協の大手5行で、窓口や現金自動預…

続きを読む

借り入れ返済にあえぐ世帯急増、家購入で(02/21)

韓国で金融負債が金融資産を上回り、元金と利息の返済が可処分所得の40%を超える「限界世帯」と呼ばれる世…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン