テイクオフ:ソウル市庁の新庁舎は「…

ソウル市庁の新庁舎は「ツナミ(ビッグウエーブ)」と称される。全面ガラス張りで波の曲線美を表現し、ソウルの晴れた空の色と調和するとなかなか見応えのある建物だ。

しかし、視点を変えソウル市庁広場からそのビックウェーブを見ると魅力は影を潜める。目の前の、植民地時代に建てられた旧庁舎(現ソウル図書館)が、格調高くそびえ建ち、重厚なオーラを放っているため。設計当初のデザインは「現庁舎を覆う大きな津波」というのがコンセプトだったようだが、実情は2つの建物が孤立し、新旧の建物の調和はほとんどない。

オフィス街のオアシスとして幅広い世代から愛さるソウル広場に、実に配慮のないデザインで、見るたびに残念に思う。行政には、その土地の歴史と文化を理解し、民間と十分に熟議をした上で、新しい街づくりをしてもらいたい。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

8月の消費者心理、昨年12月以来の高水準(09:30)

韓国銀行(中央銀行)が26日に発表した8月の消費者動向調査によると、景気に対する消費者の心理を総合的に…

続きを読む

現代自が次世代車の開発加速 デトロイトで自動運転の走行試験(08/26)

韓国現代自動車が次世代車の開発を加速させる。「自動車の町」米ミシガン州デトロイト近郊で2017年にも自動…

続きを読む

国内SUV市場好調、新モデルの投入が貢献(08/26)

インドネシアの自動車市場で、スポーツ多目的車(SUV)が高値で堅調だ。消費者からの人気が依然として衰…

続きを読む

17年度予算案、3.7%増の400兆ウォン超(08/26)

韓国の2017年度予算案の総歳出額は、今年度に比べて3.7%増の400兆ウォン(約35兆8,800億円)になる見通しで…

続きを読む

液晶パネル需給ひっ迫、「かつてないほど」(08/26)

液晶パネルの需給がひっ迫している。台湾大手の群創光電(イノラックス)の王志超董事長は「かつてないほど…

続きを読む

家計負債の管理強化、住宅供給過剰を抑制へ(08/26)

韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相は25日、住宅の供給過剰を避けるため宅地の供給量を減らし、分譲保証…

続きを読む

出生率、10年から一向に上がらず(08/26)

韓国統計庁によると、韓国の昨年の出生数は43万8,400人で前年に比べ0.7%増加した。一人の女性が一生の間に…

続きを読む

現代自、毎年2モデル発売を計画(08/26)

韓国系自動車大手のヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は、今後は年間2車種の新モデルを投入す…

続きを読む

政府が少子化対策、不妊治療費用支援を拡大(08/26)

韓国政府が25日、不妊治療の費用支援の対象を全世帯に拡大し、複数の子供を持つ世帯への支援を強化する内容…

続きを読む

中国証券会社が初進出か、当局が仮承認(08/26)

中国の証券会社がまもなく、初めて韓国に進出する見通しだ。25日付韓国経済新聞は、金融委員会傘下の証券先…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン