日本行き航空券、観光客急増で25%値上がりも

日台間の航空自由化(オープンスカイ)協定締結による増便や昨年から続く円安を追い風に、日本を訪れる台湾人旅行客が急増したことで、日本行きの航空券が値上がりしている。8~10月分の東京や大阪、北海道など特に人気の高い路線では、最大で前年同期比25%高くなる見通しだ。

26日付経済日報が伝えた。中華民国旅行業品質保障協会(品保会)東北アジア線委員の劉見明氏によると、今年第3四半期の日本行き航空券は、既に前年同期に比べ約1,000~2,000台湾元(約3,330~6,66 9円)値上がりした。航空会社は通常3カ月ごとに航空券の金額を調整するが、一部の航空会社が近く、8月中旬~10月末の未発券分をさらに約500~1,000台湾元引き上げるのは確実だという。

旅行会社は航空券の値上がりによる利益圧迫を避けるため、今後日本行きのツアー料金を引き上げる可能性がある。また今月初めから、訪日観光客の急増で北海道などの人気観光地では観光バスや宿泊施設が不足する問題が発生しており、現在も対応に追われている。

20130729twd014b001

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

アプリで手軽にワイン醸造(07/29)

ワインやクラフトサイダー(発泡性の果実酒)などを専用のアプリケーションを使って家庭で手軽に醸造できる…

続きを読む

友達2Qの赤字縮小、下期は業績改善へ(07/29)

液晶パネル大手の友達光電(AUO)が27日発表した2016年第2四半期の連結決算は、純損益が5億7,200万台湾…

続きを読む

鴻海のノキア工場再開、モディ首相に支援要請(07/29)

インド・タミルナド州のサンパス工業相は、税金の未払い問題で閉鎖されている携帯電話ブランド「ノキア」の…

続きを読む

南亜科2Qは79%減益、華亜科の損失拡大(07/29)

台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループのDRAM大手、南亜科技(ナンヤ)が27日に発表した第2四半期…

続きを読む

UMC、2Q売上高は過去2番目の高水準(07/29)

ファウンドリー(半導体の受託製造)台湾2位の聯華電子(UMC)の第2四半期連結売上高は前期比7.5%増、…

続きを読む

SPIL、2Q純利益は前期比75%増(07/29)

半導体封止・検査台湾2位のセキ品精密工業(SPIL、セキ=石へんに夕)が27日に発表した第2四半期の連…

続きを読む

バイオの基亜、竹科ワクチン工場を10月にも稼動(07/29)

バイオ・製薬の基亜生物科技(メディジェン)は27日、新竹科学工業園区(竹科)管理局から新工場の営業許可…

続きを読む

ウーバーに対抗、タクシー管理規定改定へ(07/29)

台湾交通部(交通省)は27日、現在改定を検討中のタクシー業の管理規定が、概ね確定したと明らかにした。改…

続きを読む

桃園空港への進入路、8月8日から変更(07/29)

台湾桃園国際空港を運営する桃園機場公司はこのほど、同空港の第3ターミナル建設工事に伴い、既存の「WC…

続きを読む

東森国際のEBC株売却、白紙に(07/29)

ケーブルテレビ(CATV)大手・東森電視事業(EBC)の大株主で、レジャーや流通業などを手掛ける東森…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン