日本コンテンツの普及低調、韓国勢は躍進

ジャカルタにおける日本コンテンツの浸透度の伸びが低水準であることが、博報堂が22日に発表した調査結果で明らかになった。韓国などの文化が受け入れられる中、マンガ・アニメ以外の分野で指数と伸び幅のいずれも最低水準だった。

調査は、2012年5~8月にアジア主要10都市で15~54歳の7,707人を対象に実施。マンガ・アニメ、ドラマ、映画、音楽、メーク・ファッションの5分野の嗜好(しこう)を、各都市500~800人に面接で聞いた。ジャカルタは、日本のマンガ・アニメが26.4%で10カ国中4番目に高い数値となったが、その他の分野では低調だった。

10年の調査時と比べると、アニメ以外の4分野で韓国が日本を超えた。「好きなドラマのタイプ」を聞いた項目では、韓国ドラマが12.8ポイント躍進の17.3%となったが、日本ドラマは1.7ポイント上昇の4.9%にとどまった。映画、音楽、メイク・ファッションでも10年には日本勢が韓国を上回っていたが逆転し、大きく引き離された。

博報堂の広報担当者によると、韓国は国を挙げてドラマを中心としたコンテンツ輸出に注力しており、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)を重視している。ベトナムでは韓国ドラマの浸透度が5割を超えるなど効果が出ており、ASEANの他国にも波及しているという。

インドネシアは、経済発展を背景とする生活水準の向上、メディアの多様化などで外国のコンテンツを徐々に受け入れるように変わってきていると指摘した。

20130523idr004b001

関連国・地域: 中国韓国ベトナムインドネシア日本ASEAN米国欧州
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

物流分野に潜在性、外資6社が投資を表明(16:23)

米系リサーチ・コンサルティング企業フロスト&サリバンによると、インドネシアの物流・輸送分野に、これま…

続きを読む

2Qの首都圏不動産販売、季節要因で13%減(15:45)

インドネシア不動産ウオッチ(IPW)は、今年第2四半期(4~6月)のジャカルタ首都圏における不動産販…

続きを読む

大型連休中の国鉄乗車券売り上げ、14%増(13:25)

インドネシアの国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)は、今年のイスラム教の断食明け大祭(レバラン)…

続きを読む

【書籍ランキング】7月7日~7月13日(07/25)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『フィンテック 金融維新へ』アクセンチュア(日本経済新聞出版社) 2.…

続きを読む

テイクオフ:ジャカルタでタクシーに…(07/25)

ジャカルタでタクシーに乗って目的地に着き、運賃を支払おうとする。ぴったりか、それよりやや高い程度の現…

続きを読む

生体認証決済で初の実証実験(07/25)

クレジットカード大手ジェーシービー(JCB)は24日、手のひらをかざすだけで支払いができる「生体認証決…

続きを読む

ナンバープレート規制、試験導入時は罰則なし(07/25)

インドネシアの首都ジャカルタ特別州の主要道路で27日から試験運用が始まるナンバープレート規制について、…

続きを読む

首都第3埠頭、年内に車両予約システム導入(07/25)

インドネシアの国営港湾運営プラブハン・インドネシア(ペリンド)2は、首都ジャカルタのタンジュンプリオ…

続きを読む

上期の石炭生産量、16%減の1億トン(07/25)

インドネシアで石炭鉱業契約(PKP2B)を締結する大手石炭企業による今年上半期(1~6月)の石炭生産…

続きを読む

地元労働者の雇用義務を廃止、カラワン県(07/25)

インドネシアの西ジャワ州政府は、労働管理に関するカラワン県の条例を撤廃したことを明らかにした。企業が…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン