日本コンテンツの普及低調、韓国勢は躍進

ジャカルタにおける日本コンテンツの浸透度の伸びが低水準であることが、博報堂が22日に発表した調査結果で明らかになった。韓国などの文化が受け入れられる中、マンガ・アニメ以外の分野で指数と伸び幅のいずれも最低水準だった。

調査は、2012年5~8月にアジア主要10都市で15~54歳の7,707人を対象に実施。マンガ・アニメ、ドラマ、映画、音楽、メーク・ファッションの5分野の嗜好(しこう)を、各都市500~800人に面接で聞いた。ジャカルタは、日本のマンガ・アニメが26.4%で10カ国中4番目に高い数値となったが、その他の分野では低調だった。

10年の調査時と比べると、アニメ以外の4分野で韓国が日本を超えた。「好きなドラマのタイプ」を聞いた項目では、韓国ドラマが12.8ポイント躍進の17.3%となったが、日本ドラマは1.7ポイント上昇の4.9%にとどまった。映画、音楽、メイク・ファッションでも10年には日本勢が韓国を上回っていたが逆転し、大きく引き離された。

博報堂の広報担当者によると、韓国は国を挙げてドラマを中心としたコンテンツ輸出に注力しており、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)を重視している。ベトナムでは韓国ドラマの浸透度が5割を超えるなど効果が出ており、ASEANの他国にも波及しているという。

インドネシアは、経済発展を背景とする生活水準の向上、メディアの多様化などで外国のコンテンツを徐々に受け入れるように変わってきていると指摘した。

20130523idr004b001

関連国・地域: 中国韓国ベトナムインドネシア日本ASEAN米国欧州
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油化学産業、ガスの値下げ後に投資準備(09/23)

インドネシアの石油化学関連各社が、産業向けガスの値下げが実現した場合に備え、事業拡大に向けた投資を準…

続きを読む

自動車部品、アフターサービスの成長顕著に(09/23)

インドネシアの自動車部品業界では、2020年にもアフターサービス事業の成長が顕著となる見通しだ。フランス…

続きを読む

国鉄の貨物鉄道収入、17年は6兆ルピア予測(09/23)

インドネシアの国鉄クレタ・アピ・インドネシア(KAI)は、来年の貨物輸送収入が6兆1,000億ルピア(約4…

続きを読む

【アジア三面記事】1500円の絵画、20万倍で落札(09/23)

■1500円の絵画、20万倍で落札 50年以上前に1,000ルピー(約1,524円)で購入された絵画が、先週、インドの…

続きを読む

エアコンのシェア首位に照準 シャープ、インドネシア市場重視(09/23)

シャープはインドネシアをエアコン市場の最も重要な市場の一つと位置付けた。シャープが世界で販売している…

続きを読む

新政策金利初の引き下げ、幅は0.25%(09/23)

インドネシア中央銀行は22日、政策金利の7日物リバースレポ金利を0.25%引き下げ、5.00%とすると発表した…

続きを読む

人民元決済・取引、中国銀は「準備よし」(09/23)

中国の大手国有商業銀行の中国銀行(BOC)は、インドネシア国内での貿易や投資向け人民元決済について、…

続きを読む

為替参照1万3098ルピア、株価は続伸(09/23)

インドネシアルピアの22日の為替相場(参照レート)は、前日から0.38%高の1米ドル=1万3,098ルピア…

続きを読む

中古車市場が不振、新車LCGC販売好調で(09/23)

インドネシアの新車市場で、政府のエコカー政策適合車である「ローコスト・アンド・グリーン・カー(LCG…

続きを読む

フェラーリ、2人乗りスポーツカーを発売(09/23)

イタリアの高級車メーカー、フェラーリは、インドネシアでオープンカータイプの2人乗りスポーツ車「488スパ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン