オリックスが大規模複合施設:300億円でホテル、コンドなど

オリックス(東京都港区)は、商業銀行メトロポリタン・バンク・アンド・トラスト(メトロバンク)グループで不動産開発部門を担うフェデラル・ランドとの合弁により、マニラ首都圏タギッグ市フォートボニファシオ地区に、高級ホテルやコンドミニアムなどから成る大型複合施設を開発する計画を明らかにした。総工費は約300億円。完成後はフィリピンで最大の高さを誇る建物となる。

Thumb 20110930php002b001

■フォートボニに15年完成

オリックスの広報担当者が29日、NNAの取材に対して明らかにしたところによると、このプロジェクトは、フォートボニファシオ地区の「ボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)」で、オフィスやホテル、コンドミニアム、商業店舗から成る複合不動産開発を推進するもの。プロジェクトは、フェデラル・ランドが70%、オリックスが30%を出資する特別目的会社(SPC)を設立して進める。10~11月にはSPCを立ち上げ、11月から正式に工事に着手する計画。現在は敷地(約1万3,000平方メートル)内で基礎部分の準備工事を進めている段階という。

建物は66階建ての「ホテル・オフィス棟」および51階建ての「コンドミニアム棟」の2棟と、それらをつなぐデッキ部分で構成される。総延べ床面積は約22万3,000平方メートル。コンドミニアム棟の下層階やデッキ部分は、ブランドショップや飲食店などの商業施設として活用する計画。ホテル・オフィス棟は2015年春、コンドミニアム棟は16年春の完成を目指している。

完成後の建物の高さは約226メートルで、国内で最も高い建物となる予定。

Thumb 20110930php002b002

設計は香港の設計会社、王欧陽(Wong&Ouyang)が地場カサス・アーキテクチャーなどと進めた。建設工事については、フィリピン国内の企業を中心に施工業者の選考を進めている段階だ。

ホテル・オフィス棟のうち、ホテル部分は米国のハイアット・ホテルズが高級ホテル「グランド・ハイアット・マニラ」を運営する予定。ハイアット側は、現在のところ400室規模の客室を想定しているという。オフィス部分にはメトロバンクが本社として入居する意向を明らかにしている。それ以外の企業の入居はまだ白紙の状態ながら、首都圏に散在するメトロバンクグループ傘下の企業が集約して入居する可能性もあるという。

コンドミニアム棟は、フィリピン人の富裕層や外国人投資家などをターゲットに分譲する計画。供給戸数については、今後、不動産の受給動向を探りながら決定していく方針。

同プロジェクトに関しては、今月27日に東京でオリックスの宮内義彦会長とフェデラル・ランドのフランシスコ・セバスチャン会長による覚書(MOU)への調印式が行われた。同式典には日本を公式訪問中だったアキノ大統領も立ち会い、プロジェクトに対する期待感を示したという。

■マカティ市のコンドは来年完成

このほか、オリックスとフェデラル・ランドは現在、フィリピンにおける合弁事業第1弾として、合弁会社フェデラル・ランド・オリックスを通じて、2007年から首都圏マカティ市でコンドミニアム「グランド・ミドリ・マカティ(825戸)」開発プロジェクトを進めている。2棟からなる同コンドミニアムは1棟目が来年、2棟目が13年にそれぞれ完成する計画。

また、オリックスは、フィリピン以外にシンガポールのナシム・ロードで高級コンドミニアム「ナシム・パーク・レジデンシズ」を供給した実績を持ち、両国以外のアジア市場でも収益拡大を図る姿勢を示している。


関連国・地域: 香港フィリピン日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス建設・不動産観光・娯楽

PR

その他記事

すべての文頭を開く

財閥アヤラ、17年の投資額は1700億ペソ規模(01/20)

フィリピンの財閥アヤラ・グループは、2017年に約1,700億ペソ(約3,899億円)の投資を計画している。昨年と…

続きを読む

BPO大手C3、ダバオなど地方に事業拡大(01/20)

シンガポール系のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業のカスタマーコンタクトチャンネルズ…

続きを読む

官民でミンダナオ開発推進へ 包摂的成長へ紛争地域に投資(01/20)

フィリピン政府は、イスラム系反政府勢力による紛争の影響で経済発展が遅れるミンダナオ地方西部の貧困率の…

続きを読む

税制改革で2千億ペソ増収、インフラ強化へ(01/20)

フィリピンの議会で税制改革法案の審議が加速している。個人所得税の引き下げと一部物品税の引き上げなどを…

続きを読む

メトロパシフィック、17年投資は600億ペソ(01/20)

フィリピンの複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)は、2017年の設備投資額を600億ペ…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

首都圏の統合駅、19年完工に向け開発始動(01/20)

フィリピン・マニラ首都圏の鉄道3路線が乗り入れる「統合駅」が、構想浮上から8年を経て正式に設置される…

続きを読む

エドサ通り、混雑解消に車線調整(01/20)

マニラ首都圏開発庁(MMDA)は、幹線道路のエピファニオ・デロスサントス通り(エドサ通り)の渋滞を緩…

続きを読む

銀行業務のコンビニ委託、規制緩和で可能に(01/20)

フィリピン中央銀行は18日、現金の預け払いや決済といった一部の銀行業務をコンビニエンスストアなどに委託…

続きを読む

19日為替:1$=49.980(↓)(01/20)

19日のペソ相場は急落した。政府公式レートの終値は前日比0.190ペソ安の1米ドル=49.980ペソ。この日は49.…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン