日本製即席麺から発がん物質:香港政府が検出、イオンPB商品

香港政府は27日夜、日本から輸入されたインスタント麺から規定値を超える可塑剤が検出されたと発表した。「頻繁に食べても人体に悪影響を与える量ではない」としながらも、消費者に食用を避けるよう呼びかけ。販売者はすでに店頭から該当商品を撤去し、販売分の回収を始めている。

可塑剤が検出されたのは、イオンのプライベートブランド(PB)商品の「トップバリュ塩ラーメン」で、包装に同封された粉末スープから食物環境衛生署食物安全センター(CFS)の基準値1.5ppmを上回る2ppmのDEHP(フタル酸ジエチルへキシル)含有が確認された。DEHPは発がん性が疑われる物質で、先月末に台湾製のペットボトル入り飲料や食品に広く含まれていることが判明し、問題となっていた。

CFSが店頭商品から集めたサンプルを検査して判明した。すぐに販売をやめるよう指導し、すでに店頭からは撤去されている。販売したイオンストアーズ(香港)では28日までに専用ホットラインを設けて問い合わせに対応。購入者には返金に応じている。

ただCFSは「基準を超える量が検出されたが、頻繁に食べても世界保健機関(WHO)の定める摂取上限値に達することはない」として冷静な対応を呼び掛けている。

■イオン本社「原因調査中」

香港政府の検査で含有が確認されたのは、塩味の粉末スープだけで、インスタント麺そのものや同ブランドの他フレーバーの粉末スープも問題なかった。

イオン本社コーポレートコミュニケーション部によると、該当商品は日本国内で製造・包装されたもので、日本全国のほかタイなどに出荷された可能性がある。今回の問題を受け、原因が特定されるまで日本でも販売を見合わせる。すでに日本の公的機関に成分検査を依頼した。

同部担当者はNNAの取材に対し、「原因、販売数ともに調査中」と説明。このような問題が判明するのは、同ブランドの他商品を含め世界で初めてという。PB商品の製造委託先は非公表で、「全ての製造責任はイオンにある」としている。

Thumb 20110629hkd002b001

<香港>


関連国・地域: 香港台湾タイ日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

九龍のオフィス賃料1割下落も、CBRE(18:46)

米系不動産仲介大手CBREはこのほど、香港の九龍地区に位置する高級(甲級=A級)オフィスの今年の賃料…

続きを読む

古い工業ビル、消防設備の設置義務化へ(19:34)

香港政府は、1973年以前に完成した工業ビルにスプリンクラーの設置を義務付ける方針を固めた。工業ビル内に…

続きを読む

調理器具ニーシン、中国に市場拡大へ(18:48)

ステンレス製調理器具を手掛けるマレーシア企業、ニフシン・リソーシズは、マイアンカサ・ホールディングス…

続きを読む

ロクシタン、香港4~12月販売は2桁減(19:54)

香港上場のフランス化粧品大手、ロクシタンは23日、4~12月期の香港・マカオ市場での売上高が前年同期比10…

続きを読む

【日本の税務】求職者給付の受給延長手続き(01/24)

第222回 野中さん:みらい先生、こんにちは。この度、当社の社員のご主人が人事異動により海外勤務すること…

続きを読む

テイクオフ:先日読んだ小説のワンシ…(01/24)

先日読んだ小説のワンシーンが重なる。鉄道の「席取り」を巡り、香港のネット上で論争となっているという。…

続きを読む

1Q大手景況感、悲観に傾く 観光関連は再び悪化(01/24)

香港の大手企業の間で、今年第1四半期(1~3月)の業務状況を悲観する傾向がわずかに強まったことが、香…

続きを読む

16年のCPI上昇率、2.4%に鈍化(01/24)

香港政府統計処は23日、2016年の総合消費者物価指数(総合CPI)の上昇率が前年比2.4%だったと発表した。…

続きを読む

16年旅行者は4.5%減、2年連続前年割れ(01/24)

香港政府観光局(HKTB)が23日発表した2016年通年の香港への旅行者数は、前年比4.5%減の5,665万4,9…

続きを読む

マカオの16年旅行者、前年比0.8%増(01/24)

マカオ政府統計局は23日、2016年にマカオを訪れた旅行者数が前年比0.8%増の3,095万336人(延べ人数、以下同…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン