日本製即席麺から発がん物質:香港政府が検出、イオンPB商品

香港政府は27日夜、日本から輸入されたインスタント麺から規定値を超える可塑剤が検出されたと発表した。「頻繁に食べても人体に悪影響を与える量ではない」としながらも、消費者に食用を避けるよう呼びかけ。販売者はすでに店頭から該当商品を撤去し、販売分の回収を始めている。

可塑剤が検出されたのは、イオンのプライベートブランド(PB)商品の「トップバリュ塩ラーメン」で、包装に同封された粉末スープから食物環境衛生署食物安全センター(CFS)の基準値1.5ppmを上回る2ppmのDEHP(フタル酸ジエチルへキシル)含有が確認された。DEHPは発がん性が疑われる物質で、先月末に台湾製のペットボトル入り飲料や食品に広く含まれていることが判明し、問題となっていた。

CFSが店頭商品から集めたサンプルを検査して判明した。すぐに販売をやめるよう指導し、すでに店頭からは撤去されている。販売したイオンストアーズ(香港)では28日までに専用ホットラインを設けて問い合わせに対応。購入者には返金に応じている。

ただCFSは「基準を超える量が検出されたが、頻繁に食べても世界保健機関(WHO)の定める摂取上限値に達することはない」として冷静な対応を呼び掛けている。

■イオン本社「原因調査中」

香港政府の検査で含有が確認されたのは、塩味の粉末スープだけで、インスタント麺そのものや同ブランドの他フレーバーの粉末スープも問題なかった。

イオン本社コーポレートコミュニケーション部によると、該当商品は日本国内で製造・包装されたもので、日本全国のほかタイなどに出荷された可能性がある。今回の問題を受け、原因が特定されるまで日本でも販売を見合わせる。すでに日本の公的機関に成分検査を依頼した。

同部担当者はNNAの取材に対し、「原因、販売数ともに調査中」と説明。このような問題が判明するのは、同ブランドの他商品を含め世界で初めてという。PB商品の製造委託先は非公表で、「全ての製造責任はイオンにある」としている。

20110629hkd002b001

<香港>


関連国・地域: 香港台湾タイ日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港初のジカ熱感染事例を確認(08/26)

香港で初となるジカ熱への感染事例が確認された。官営放送のRTHKが伝えた。 香港政府衛生署衛生防護セ…

続きを読む

「小売市場は未曽有の危機」、利豊CEO(08/26)

香港地場商社最大手の利豊(リー&フォン)の馮裕鈞(スペンサー・フォン)最高経営責任者(CEO)は25日…

続きを読む

日本と香港、ワーホリ発給枠の拡大で合意(08/26)

香港政府は25日、日本政府との間で結んでいるワーキング・ホリデー制度の年間発給枠を現行の250件から1,500…

続きを読む

7月輸出額は5.1%減 下落幅4.1P拡大(08/26)

香港政府統計処が25日発表した7月の輸出額は前年同月比5.1%減の3,044億6,500万HKドル(約3兆9,430億円)…

続きを読む

スイス時計の香港輸出、首位の座から陥落(08/26)

スイス時計協会によると、スイス時計の7月の香港向け輸出は前年同月比32.7%減の1億7,500万スイスフラン(…

続きを読む

一帯一路が香港経済の原動力に、ハンセン銀(08/26)

英系金融大手HSBCグループの恒生銀行(ハンセン銀行)はこのほど発表したリポートで、「中国本土の習近…

続きを読む

カジノの銀河娯楽、16年中間期は2割増益(08/26)

マカオでカジノリゾートを運営する銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)が25日発…

続きを読む

SFCがモルガンに罰金命令、今年最高額(08/26)

香港の証券先物委員会(SFC)は24日、内部統制に不備があったとして米投資銀行モルガン・スタンレー(M…

続きを読む

横ばい、FRB議長講演控え=香港株式(08/26)

25日の香港株式市場はほぼ横ばい。ジャクソンホール会議でのイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演…

続きを読む

カジノ王の第4夫人、屯門の宅地を高額落札(08/26)

香港政府地政総署は24日、新界・屯門の青霞里にある住宅用地(面積約5,317平方メートル)の土地使用権売却入…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン