越ロンタイン空港計画を作成:JАC、日本PPP形成へ

日本空港コンサルタンツ(JАC)はこのほど、南部空港総公社(SAC)から1年前に受託したロンタイン国際空港(南部ドンナイ省)建設計画のマスタープランをまもなく完成する。2018年に着工予定の同空港建設計画は、交通運輸省が承認し、日本が主導する官民パートナーシップ(PPP)事業として進む見込みだ。

ロンタイン空港はホーチミン市タンソンニャット空港の代替国際空港で、両空港間は43キロ離れている。ロンタイン空港計画は菅直人首相とグエン・タン・ズン首相の先月末の会談でも議題になった。マスタープランを踏まえて、国際協力機構(JICA)が詳細な事業化調査(FS)を行い、第1期分のインフラ関連は「官」が請け負い、ターミナル運営や第2期以降の拡張は「民」が分担するものとみられる。

約230億円の円借款が投じられ07年に完成したタンソンニャット空港の国際線ターミナルビルはJАCがコンサルを担当。この実績が評価されて、ロンタイン空港のマスタープラン作成をベトナム政府が依頼したものとみられる。ただ、タンソンニャット空港は「ハードは素晴らしいが、ターミナルビル運営やタクシー乗り場などソフトが課題」と言われており、ロンタイン空港が民間のソフト力をどう発揮できるかが注目される。

■総額60億米ドル?

10日付ダウトゥ電子版によると、ロンタイン空港の総工費は60億5,000万米ドル(1米ドル=約81円)とされるが、これに土地収用費は含まない。20年完成の第1期までに43億4,000万米ドル(うち基礎インフラが12億8,000万米ドル)が投じられ、同年の需要予測は旅客2,500万人、貨物63万9,000トン。30年には4,450万人、120万トンになるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

【TPP】進む中台とベトナムの分業 台湾は世界大手のR&D拠点化も(09/29)

【繊維・東アジア編(中)】アジアの繊維・アパレル産業では、国際的な分業の構図が固まりつつある。生地や…

続きを読む

三菱自、ゲアン省ビン市に新ショールーム(09/29)

ベトナムのキムリエン商業社と三菱モーターズ・ベトナムは、北中部ゲアン省ビン市のソベトゲティン通りで三…

続きを読む

三菱自、トライトン3500台余りをリコール(09/29)

三菱モーターズ・ベトナムはこのほど、ピックアップトラック「トライトン」のエアバッグに不具合があるとし…

続きを読む

韓国の双竜自、正規の輸入販売代理店を開設(09/29)

韓国の双竜自動車は24日、ハノイに正規の輸入販売代理店「バレクシム(Valexim)・オート」を開設し…

続きを読む

韓国ハンジンの経営破綻、越企業に打撃(09/29)

ベトナムの輸出業者や貨物輸送会社、港湾会社が、韓国海運大手の韓進海運(ハンジン・シッピング)の経営破…

続きを読む

日本・ベトナム建築フォーラム、220人が参加(09/29)

日本とベトナムの建築における交流と連携の促進を目的とした「日本・ベトナム建築フォーラム2016」が28日、…

続きを読む

名古屋精密金型が設備増設、JBIC融資(09/29)

国際協力銀行(JBIC)は27日、プラスチック成型用金型メーカーの名古屋精密金型(愛知県東浦町)のベト…

続きを読む

自動車部品の日系合弁が増設、JBIC融資(09/29)

国際協力銀行(JBIC)は27日、精密部品加工メーカーの柿沼製作所(群馬県千代田町)など3社による合弁…

続きを読む

越露、石油分野の協力で新たな方向(09/29)

ベトナムとロシアの両国政府合同委員会の第19回会合がこのほど、ロシアのサンクトペテルブルクで開かれ、石…

続きを読む

ガス事業の条件強化、多数の企業が反対(09/29)

ベトナムにおけるガス事業者の条件などを定めた政令19号に対して、多数の企業が「経営が圧迫される」として…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン