越ロンタイン空港計画を作成:JАC、日本PPP形成へ

日本空港コンサルタンツ(JАC)はこのほど、南部空港総公社(SAC)から1年前に受託したロンタイン国際空港(南部ドンナイ省)建設計画のマスタープランをまもなく完成する。2018年に着工予定の同空港建設計画は、交通運輸省が承認し、日本が主導する官民パートナーシップ(PPP)事業として進む見込みだ。

ロンタイン空港はホーチミン市タンソンニャット空港の代替国際空港で、両空港間は43キロ離れている。ロンタイン空港計画は菅直人首相とグエン・タン・ズン首相の先月末の会談でも議題になった。マスタープランを踏まえて、国際協力機構(JICA)が詳細な事業化調査(FS)を行い、第1期分のインフラ関連は「官」が請け負い、ターミナル運営や第2期以降の拡張は「民」が分担するものとみられる。

約230億円の円借款が投じられ07年に完成したタンソンニャット空港の国際線ターミナルビルはJАCがコンサルを担当。この実績が評価されて、ロンタイン空港のマスタープラン作成をベトナム政府が依頼したものとみられる。ただ、タンソンニャット空港は「ハードは素晴らしいが、ターミナルビル運営やタクシー乗り場などソフトが課題」と言われており、ロンタイン空港が民間のソフト力をどう発揮できるかが注目される。

■総額60億米ドル?

10日付ダウトゥ電子版によると、ロンタイン空港の総工費は60億5,000万米ドル(1米ドル=約81円)とされるが、これに土地収用費は含まない。20年完成の第1期までに43億4,000万米ドル(うち基礎インフラが12億8,000万米ドル)が投じられ、同年の需要予測は旅客2,500万人、貨物63万9,000トン。30年には4,450万人、120万トンになるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

岩手のラーメン店と農業法人、越で野菜栽培(12:31)

ラーメン店を運営する柳家(盛岡市)と農場経営のアンドファーム(岩手県岩手町)は9月から、ベトナムで野…

続きを読む

【TPP】近代化へ、属人的な審査撤廃 一層の規制緩和実現が試金石に(08/30)

【小売り・ベトナム編】環太平洋連携協定(TPP)の発効に伴い、ベトナムが外資系小売事業者の国内2店目…

続きを読む

1~8月の貿易収支、24.5億ドルの黒字(08/30)

ベトナム統計総局(GSO)が29日に発表した、2016年1~8月の貿易額は、輸出額が前年同期比5.5%増の1,1…

続きを読む

鉱工業生産指数の上昇率、8月は7.3%(08/30)

ベトナム統計総局(GSO)が29日に発表した8月の鉱工業生産指数(IIP)の上昇率は、前年同月比7.3%だ…

続きを読む

小型車の輸入元、インドが95%占める(08/30)

ベトナムが輸入している小型自動車はインド製が95%を占めていることが分かった。29日付ベトナム・インベス…

続きを読む

GIC、ベトコムバンク株7.7%取得へ(08/30)

シンガポール政府系投資会社のGICは29日、ベトナム国営銀行大手ベトコムバンクの株式7.73%を取得するこ…

続きを読む

韓国の双竜自、越で正規ディーラーを指定(08/30)

韓国のサンヨン(双竜)自動車はこのほど、ハノイ自動車輸出入投資社傘下のサンヨン・オートKベトナムを、…

続きを読む

BOT案件の制度の粗さ指摘=専門家(08/30)

BOT(建設・運営・譲渡)方式による交通インフラの建設は、経済社会の発展やマクロ経済の安定、公的債務…

続きを読む

ハノイの高級集合住宅、ホテルに計画変更へ(08/30)

ベトナムの不動産開発会社タンホアンミン・グループが、ハノイで開発を計画している高級複合型アパートを五…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン