越ロンタイン空港計画を作成:JАC、日本PPP形成へ

日本空港コンサルタンツ(JАC)はこのほど、南部空港総公社(SAC)から1年前に受託したロンタイン国際空港(南部ドンナイ省)建設計画のマスタープランをまもなく完成する。2018年に着工予定の同空港建設計画は、交通運輸省が承認し、日本が主導する官民パートナーシップ(PPP)事業として進む見込みだ。

ロンタイン空港はホーチミン市タンソンニャット空港の代替国際空港で、両空港間は43キロ離れている。ロンタイン空港計画は菅直人首相とグエン・タン・ズン首相の先月末の会談でも議題になった。マスタープランを踏まえて、国際協力機構(JICA)が詳細な事業化調査(FS)を行い、第1期分のインフラ関連は「官」が請け負い、ターミナル運営や第2期以降の拡張は「民」が分担するものとみられる。

約230億円の円借款が投じられ07年に完成したタンソンニャット空港の国際線ターミナルビルはJАCがコンサルを担当。この実績が評価されて、ロンタイン空港のマスタープラン作成をベトナム政府が依頼したものとみられる。ただ、タンソンニャット空港は「ハードは素晴らしいが、ターミナルビル運営やタクシー乗り場などソフトが課題」と言われており、ロンタイン空港が民間のソフト力をどう発揮できるかが注目される。

■総額60億米ドル?

10日付ダウトゥ電子版によると、ロンタイン空港の総工費は60億5,000万米ドル(1米ドル=約81円)とされるが、これに土地収用費は含まない。20年完成の第1期までに43億4,000万米ドル(うち基礎インフラが12億8,000万米ドル)が投じられ、同年の需要予測は旅客2,500万人、貨物63万9,000トン。30年には4,450万人、120万トンになるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸・倉庫

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ハーレー、中間層の購入増加 17年の大型バイク市場は伸び予想(01/17)

2014年に大型バイク市場が一般向けに開放されて約3年がたち、各メーカーの参入が相次ぐ。13年末に進出した…

続きを読む

日越首脳が南シナ海で協力、円借款1100億円(01/17)

【ハノイ共同】安倍晋三首相は16日午後(日本時間同)、ベトナムのグエン・スアン・フック首相とハノイの首…

続きを読む

JICA、総額210億円の円借款を供与へ(01/17)

国際協力機構(JICA)は16日、ベトナム政府と総額210億円を限度とする円借款の供与に関する契約に調印し…

続きを読む

ヤマハ、ASEANモデルのスクーター発売(01/17)

ヤマハ発動機はこのほど、東南アジア諸国連合(ASEAN)戦略モデルのスクーター「GDR155」を発売した…

続きを読む

メルセデス、20年までに販売拠点を倍増(01/17)

ドイツ系高級車大手メルセデス・ベンツ・ベトナム(MBV)は、現在国内に12カ所ある販売拠点を2020年まで…

続きを読む

フォルクスワーゲン、輸入3車種を販促(01/17)

ドイツ系自動車大手フォルクスワーゲン・ベトナムはこのほど、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的…

続きを読む

国営ビール大手ハベコ、19日にHOSE上場(01/17)

ベトナム国営ビール大手のハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)は、19日にホーチミン証券取引所(…

続きを読む

線材メーカーの稼働率32%、輸入品流入で(01/17)

インドネシアの鉄鋼工業協会(IISIA)は、国内線材メーカーの工場稼働率が32%程度にとどまっていると…

続きを読む

テト向け商品、17年は10~15%増加へ(01/17)

ベトナム商工省はこのほど、2017年のテト(旧正月)向け商品は前年から10~15%増加するとの見通しを示した…

続きを読む

琉球朝日、ベトナム国営放送とドラマ共同制作(01/17)

沖縄県のテレビ朝日系列局、琉球朝日放送(QAB)は16日、ハノイでベトナム国営放送(VTV)と共同制作…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン