台北で百貨店相次ぎ開業:富邦が初参入、3年で黒字化

百貨店の激戦区である台北市で今週、大手2社が相次いで新規開業する。6日には百貨店初参入の富邦グループが南京敦北商圏でmomo百貨を、翌7日には統一阪急百貨が信義計画区で台北店をオープンする。先陣を切る富邦は2年で収支均衡、3年で黒字化を目指し、台湾全土だけでなく、中国への進出も視野に入れる。

富邦は昨夏、100億台湾元(約265億円)でショッピングモール、環亜購物広場(アジアワールド、環亜百貨)を取得。2億元を投じ、3カ月かけて全面改装した。4階建てで売り場面積は3,000坪。斜め向かいには台北小巨蛋(台北アリーナ)があり、週末にはイベント客の利用が予想されることから、フードコートとレストラン街の面積を改装前よりも5割近く増やし約1,000坪とした。主要ターゲットは25~40歳の会社員。

momo百貨の経営やテレビ、オンラインショッピング事業などを手がける富邦媒体科技の周志銘副総経理によると、テナント計110社を誘致した。うちレストランは30社余り。火鍋の八海精緻鍋物料理や定食の築地屋などが入居する。

オープンセール期間中の売上高は1億元以上、初年度は12億元を狙う。2年で収支均衡、3年で黒字化が目標だ。まずは1号店で成功を収め、すでに信義区で着工している2号店のオープンに望みをつなげたいところ。2号店はフロア面積6,000坪以上となり、2013年の完工を見込む。

また富邦momoの翌日7日には統一阪急が台北店を開業する。新たに完成した大型ターミナル「市政府転運站」は供用開始後、1日の利用者が10万人に上ると予測され、付近で4館を展開する新光三越百貨の年商40億元(1館当たり)に挑む。

■来年売上高2百億元も

富邦momoは百貨店オープンにより、今年の売上高目標150億元を前倒し達成できそうだ。来年はオンラインショッピングが伸び、200億元に達する可能性もあるとみられている。

林啓峰総経理によると、来年下半期には単月の売上高に占めるオンラインショッピングの割合が初めてテレビを超える見通し。ドラッグストアの店舗数も現在の26から年末には40~50、来年には80に増やす。北部だけでなく、台中や高雄に進出する計画だ。

一方、中国でのテレビショッピング事業展開については、北京市での事業を申請中で、年内にも認可を得られる見通し。来年第1四半期の開業を予定している。2日付工商時報、経済日報が伝えた。


関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

電子書籍書店「Kobo」上陸 楽天、地場出版社12社と提携(09/30)

楽天は29日、台湾市場向けに電子書籍ストア「楽天Kobo(コボ)電子書商店」のサービスを開始した。台湾…

続きを読む

【TPP】韓国、TPP不参加も越重視 日系は中小工場との関係構築が鍵(09/30)

【繊維・東アジア編(下)】中国や台湾の企業と共に、韓国からも繊維・アパレル関連の対ベトナム投資は増え…

続きを読む

8月旅行者が再びマイナスに 9.4%減、台風など響く(09/30)

香港政府観光局(HKTB)が28日発表した8月に香港を訪れた旅行者数(速報値)は、前年同月比9.4%減の5…

続きを読む

ASUS、ZenBook3を台湾で発売(09/30)

華碩電脳(ASUS)は29日、薄型ノートPCの最新機種「ZenBook(ゼンブック)3 UX390」を台湾で発売し…

続きを読む

鴻海、香港のスマホレンタル新興企業に出資(09/30)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業は子会社を通じて香港などでスマートフォン…

続きを読む

PCホームの第三者決済、来月末にも始動(09/30)

台湾の電子商取引(EC)大手、網路家庭国際資訊(PCホームオンライン)のセン宏志董事長(セン=膽のつ…

続きを読む

LED晶電、受注は年末まで満載(09/30)

28日付経済日報は、LEDエピタキシャルウエハーチップ大手、晶元光電(晶電、エピスター)の赤外線LED…

続きを読む

台中市、独シーメンスと「工業4.0」で協力覚書(09/30)

台中市政府は28日、電機世界大手の独シーメンスと協力覚書を交わした。製造業とITの融合で変革を目指す概…

続きを読む

TAICS、5G推進で米TIAと連携(09/30)

通信技術の標準制定などを行う台湾資通産業標準協会(TAICS)は29日、台湾経済部(経産省)技術処が台…

続きを読む

健康食品の金穎、南科工場などで生産増強(09/30)

健康食品を主に手掛ける金穎生物科技が、生産能力の増強を進めている。年内には、南部科学工業園区(南科)…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン