乗用車生産 15年に60万台:今年比46.9%増を予想

市場調査会社フロスト・アンド・サリバンは、今年の乗用車と小型商用車の生産台数を50万6,825台と予想した。2015年には46%増の73万9,763台を見通している。うち乗用車が82.1%の60万7,163台に達すると見込んでいる。乗用車の増加率は46.9%に達するという。

Thumb 20100914idr002b001

フロストのビジャイエンドラ・ラオ産業マネジャー(アジア太平洋自動車・運輸担当)は、今年から15年に乗用車販売台数が年率8.6%成長を続けると予想。生産台数も同期間に年率8%で成長すると見通している。

市場の成長を支えるのは多目的車(MPV)と多目的スポーツ車(SUV)の需要増加、低価格車の市場参入と説明した。特にMPVの低価格化が成長のカギと指摘し、08年に54.1%だったMPVのシェアが、全体市場の販売台数が減少した昨年にも台数が11.2%増加し、シェアが65.2%に達したと説明した。12年にはMPVのシェアが48.6%まで低下するものの、乗用車として最大の人気を保ち続けると予想した。

今年の乗用車生産台数は、41万3,225台で小型商用車を合わせた生産台数の81.5%に達すると見通している。同マネジャーは、政府がインドネシアをアジアの自動車生産基地にする目標を示しており、優遇制度を検討中なほか、完全組立車(CKD)と完成車(CBU)の輸入関税の引き下げを計画しているとの見解を示した。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、1~7月の国内生産台数は前年同比66.9%増の40万5,133台となっている。昨年通期は46万4,816台だった。

■販売は5年で49%増

一方、販売台数は、乗用車と小型商用車の合計で今年が50万5,325台、2015年には49%増の75万5,832台に達すると予想している。先月閉幕した第17回インドネシア国際モーターショー(IIMS)では同年には100万台市場を予想する見通しが各社から示されており、大型商用車などを抜いた数字としても保守的となっている。

ガイキンドによると、昨年の全体の販売台数は48万3,548台だった。今年1~7月期は前年同期比75.4%増の44万2,298台。

フロストの今年の乗用車販売台数予想は40万5,225台で、前年を15%上回る。15年の乗用車販売台数は今年から51.1%増の61万2,132台を見通している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

米アップルの開発拠点、1カ所は首都近郊(20:39)

インドネシアのルディアンタラ通信・情報相は、米アップルが国内に建設を計画している研究・開発センター3…

続きを読む

プカロンガン県に繊維工業団地、産業省が検討(20:41)

インドネシアの産業省は、ジャワ島中部の北岸に位置する中ジャワ州プカロンガン県に繊維産業向けの工業団地…

続きを読む

中銀、昨年末の不良債権比率2.98%に縮小(20:41)

インドネシア中央銀行は、昨年12月末時点の商業銀行の不良債権比率(NPL)がグロス値で2.98%(暫定値)…

続きを読む

ホンダ、全セグメントで首位 スポーツバイクでヤマハを逆転(01/20)

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は、2016年のスポーツバイクの販売台数が前…

続きを読む

東京ガスと三浦工業、相互協力で協定締結(01/20)

東京ガス子会社の東京ガスアジア社と、小型ボイラー日本最大手の三浦工業(松山市)のインドネシア子会社ミ…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

パナソニック、新広告戦略でテレビ販売拡大へ(01/20)

パナソニックの現地販売会社パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)は、新しい広告戦略を展開して…

続きを読む

古野電気、インドネシアに孫会社(01/20)

船舶用電子機器大手の古野電気(兵庫県西宮市)は19日、インドネシアに孫会社を設立し、事業活動を開始した…

続きを読む

製紙APP、今年の製紙輸出量2倍目指す(01/20)

地元複合企業シナールマス傘下の製紙大手アジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)は、今年の輸出量を前…

続きを読む

政策金利4.75%で据え置き、米新政権にらみ(01/20)

インドネシア中央銀行は18日から2日間開いた今年最初の月例理事会で、政策金利の7日物リバースレポ金…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン