乗用車生産 15年に60万台:今年比46.9%増を予想

市場調査会社フロスト・アンド・サリバンは、今年の乗用車と小型商用車の生産台数を50万6,825台と予想した。2015年には46%増の73万9,763台を見通している。うち乗用車が82.1%の60万7,163台に達すると見込んでいる。乗用車の増加率は46.9%に達するという。

20100914idr002b001

フロストのビジャイエンドラ・ラオ産業マネジャー(アジア太平洋自動車・運輸担当)は、今年から15年に乗用車販売台数が年率8.6%成長を続けると予想。生産台数も同期間に年率8%で成長すると見通している。

市場の成長を支えるのは多目的車(MPV)と多目的スポーツ車(SUV)の需要増加、低価格車の市場参入と説明した。特にMPVの低価格化が成長のカギと指摘し、08年に54.1%だったMPVのシェアが、全体市場の販売台数が減少した昨年にも台数が11.2%増加し、シェアが65.2%に達したと説明した。12年にはMPVのシェアが48.6%まで低下するものの、乗用車として最大の人気を保ち続けると予想した。

今年の乗用車生産台数は、41万3,225台で小型商用車を合わせた生産台数の81.5%に達すると見通している。同マネジャーは、政府がインドネシアをアジアの自動車生産基地にする目標を示しており、優遇制度を検討中なほか、完全組立車(CKD)と完成車(CBU)の輸入関税の引き下げを計画しているとの見解を示した。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、1~7月の国内生産台数は前年同比66.9%増の40万5,133台となっている。昨年通期は46万4,816台だった。

■販売は5年で49%増

一方、販売台数は、乗用車と小型商用車の合計で今年が50万5,325台、2015年には49%増の75万5,832台に達すると予想している。先月閉幕した第17回インドネシア国際モーターショー(IIMS)では同年には100万台市場を予想する見通しが各社から示されており、大型商用車などを抜いた数字としても保守的となっている。

ガイキンドによると、昨年の全体の販売台数は48万3,548台だった。今年1~7月期は前年同期比75.4%増の44万2,298台。

フロストの今年の乗用車販売台数予想は40万5,225台で、前年を15%上回る。15年の乗用車販売台数は今年から51.1%増の61万2,132台を見通している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

国営製鉄、上半期は鉄鋼需要増で赤字縮小(08/26)

インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールの2016年6月期中間決算は、最終損益が9,328万米ドル(約93億7…

続きを読む

レーヨン繊維の輸出、18年に50万トンも(08/26)

インドネシアからのレーヨン繊維の輸出量が2018年にも50万トンに拡大する可能性があるとみられている。同年…

続きを読む

天然ゴムの減産、生産国に協力を要請へ(08/26)

インドネシアは、マレーシアとタイに天然ゴムの減産を促す方針だ。今年2月にこれら3カ国が合意した輸出削…

続きを読む

【アジア三面記事】卵が先か、歓声が先か(08/26)

■卵が先か、歓声が先か シンガポール中心部の住宅街にある児童公園で、失業中という30歳の男性が5人の男…

続きを読む

国内SUV市場好調、新モデルの投入が貢献(08/26)

インドネシアの自動車市場で、スポーツ多目的車(SUV)が高値で堅調だ。消費者からの人気が依然として衰…

続きを読む

ダイハツ現法社長、19年までに現地調達率100%(08/26)

ダイハツ工業のインドネシア法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)のスディルマン社長は24日、同社が…

続きを読む

スズキ、モーターショーの成約は37%増(08/26)

スズキのインドネシア四輪・二輪車販売会社スズキ・インドモービル・セールス(SIS)は、インドネシア自…

続きを読む

自動車部品業界、アフターサービス向け強化(08/26)

インドネシアの自動車部品業界は、国内の自動車販売台数の停滞を受け、アフターサービス市場向けの販売を強…

続きを読む

地場繊維、中東・アフリカ輸出へ活路(08/26)

インドネシアの繊維業界の販売が不振の中、地場アジア・パシフィック・インベスタマは中東やアフリカ市場向…

続きを読む

国営PGN、19年までに1685kmのガス管敷設(08/26)

インドネシアの国営ガスPGNは、2019年までに総延長1,685キロメートルのガスパイプラインを敷設する目標を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン