鹿島、南首都の大規模開発を13年に完成

鹿島オーバーシーズアジア(KOA)と政府の合弁会社スナヤン・トリカルヤ・スンパナ(STS)は、1996年から進める南ジャカルタのスナヤン・スクエア開発プロジェクトを2013年半ばに完成する計画を明らかにした。ショッピング・センター、複合レジャー施設、ホテル、アパート4棟、オフィスビル3棟などで構成される同プロジェクトの総事業費は500億円を超えるという。

20100401idr002b001

STSの大石修一社長は、今月初頭に着工した2棟の高層アパートが2012年4月に完工する予定なほか、来年早々にホテルを着工する計画を示している。ホテルの工期は30カ月で、完工する2013年の年央には総面積約20ヘクタールのスナヤン・スクエアの全体計画が完成すると指摘した。

来年着工予定のホテルは同地区の高さ制限いっぱいの32階建てになると指摘。建設中のアパート棟は30階と26階建てで、スナヤン・スクエア内で最高層のホテルはシンボル的存在となるよう設計されていると説明した。運営会社は決定していないものの、客室数500室の5つ星ホテルになると述べている。

スナヤン・スクエアを運営するSTSは、ショッピング・センター「プラザ・スナヤン」を1996年にオープン。これを皮切りに97年には18階建てオフィスビル「セントラル・スナヤンI」、98年には高層住宅「アパートメント・プラザ・スナヤン」(24階建てのA棟、28階建てのB棟)、2005年には複合レジャー施設「プラザ・スナヤン・アルカディア」、08年には28階建てオフィスビル「セントラル・スナヤンII」を完成していた。

スナヤン・スクエア開発の総事業費は、96年の計画当初に想定した500億円を超える見通しという。

■オフィス3棟目、10月に完工

STSは、スナヤン・スクエアで3棟目となるオフィスビル「セントラル・スナヤンIII」(28階建て)の本体工事を終えている。3月31日には、建物本体の最後の構築物をクレーンでつり上げる上棟式が行われた。

設備、内装工事を経て10月に完工する予定だ。セントラル・スナヤンIIIの延べ床面積5万3,799平方メートル。6階建て延べ床面積2万577平方メートルの駐車場棟も併設する。駐車場と合わせた総工費は約50億円という。

大石社長は、ジャカルタのオフィス市場は過剰供給気味なものの、高級グレードなどニッチ(すき間)な市場は活況を呈しているとの認識を提示した。セントラル・スナヤンIIIは、国内でまだ少ない全館OAフロア(配線用の二重床)を採用しているほか、停電時のバックアップ体制など「見えないところまで気配りをした『グレードAプラス』のサービスを提供する」と説明している。

6月以降にフロアの賃貸契約を結びたいと述べたが、すでに全フロアの2倍以上の問い合わせがあるという。

既存オフィスの入居率は現在、セントラル・スナヤンIが90%以上、同IIが70%強という。

新しい駐車場の収容能力は858台で、スナヤン・スクエア全体では4,100台になる。

スナヤン・スクエアは62年に開催されたアジア大会の選手村跡地を開発するもので、89年に政府と締結したBOT(建設・運営・譲渡)契約に基づいている。契約期間はプラザ・スナヤンが完成した96年からの40年間で2036年までとなる。当初は2000年の完成を計画していたものの、アジア経済危機の影響で計画見直しを余儀なくされた。STSとKOAは04年10月に、BOT契約の不履行を理由に提携先の国家官房の下部組織ブンカルノ競技場運営機関(BPGBK)から提訴されたが、次期開発の具体的協議を行うことで同年末に和解した経緯がある。

STSにはKOAが全額出資するものの、BPGBKが10%の株式を保有している。BOT契約の終了後には、インドネシア政府に施設ごと無償返還される。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 商業・サービス建設・不動産観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

国営製鉄、上半期は鉄鋼需要増で赤字縮小(16:22)

インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールの2016年6月期中間決算は、最終損益が9,328万米ドル(約93億7…

続きを読む

レーヨン繊維の輸出、18年に50万トンも(13:43)

インドネシアからのレーヨン繊維の輸出量が2018年にも50万トンに拡大する可能性があるとみられている。同年…

続きを読む

天然ゴムの減産、生産国に協力を要請へ(12:41)

インドネシアは、マレーシアとタイに天然ゴムの減産を促す方針だ。今年2月にこれら3カ国が合意した輸出削…

続きを読む

【アジア三面記事】卵が先か、歓声が先か(08/26)

■卵が先か、歓声が先か シンガポール中心部の住宅街にある児童公園で、失業中という30歳の男性が5人の男…

続きを読む

国内SUV市場好調、新モデルの投入が貢献(08/26)

インドネシアの自動車市場で、スポーツ多目的車(SUV)が高値で堅調だ。消費者からの人気が依然として衰…

続きを読む

ダイハツ現法社長、19年までに現地調達率100%(08/26)

ダイハツ工業のインドネシア法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)のスディルマン社長は24日、同社が…

続きを読む

スズキ、モーターショーの成約は37%増(08/26)

スズキのインドネシア四輪・二輪車販売会社スズキ・インドモービル・セールス(SIS)は、インドネシア自…

続きを読む

自動車部品業界、アフターサービス向け強化(08/26)

インドネシアの自動車部品業界は、国内の自動車販売台数の停滞を受け、アフターサービス市場向けの販売を強…

続きを読む

地場繊維、中東・アフリカ輸出へ活路(08/26)

インドネシアの繊維業界の販売が不振の中、地場アジア・パシフィック・インベスタマは中東やアフリカ市場向…

続きを読む

国営PGN、19年までに1685kmのガス管敷設(08/26)

インドネシアの国営ガスPGNは、2019年までに総延長1,685キロメートルのガスパイプラインを敷設する目標を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン