第一電子工業が進出、コネクタ製品生産

コネクタの総合メーカーでフジクラ系の第一電子工業(DDK、本社・東京都江東区)が100%出資する現地法人DDKベトナムは17日、南部ビンズオン省のべトナム・シンガポール第2工業団地(VSIP2)で工場の起工式を行った。将来計画も含めた投資総額は2,500万米ドル。工場は10月に操業開始予定で、セットメーカー向けにコネクタ製品を生産する。

第一電子工業によると、DDKベトナムの資本金は現在は100万米ドル。工場建設の進捗に合わせて400万米ドルに増資予定としている。

第1次工場は8月に竣工予定。敷地面積は3万1,000平方メートルで、建屋面積は2,610平方メートル。現地スタッフのスキルアップを図りながら順次、工場を増築し、部品から製品組み立てまでの一貫生産工場へと拡張予定という。従業員数は、現建屋で約500人の予定と述べた。

べトナム工場での生産は、当初はコネクタ製品の普及品タイプの製品組み立てから開始。将来、工場を増築してプレス、モールド(金型)、メッキラインを整備し、部品から製品組み立てまで拡大させていく、と話している。

製品の販売先について第一電子工業は、「アジアに進出しているセットメーカー、また欧州、米国、日本」と明らかにした。販売目標は、当初は年間5億円程度を計画しているという。一方、部品の調達ルートは、同社海外拠点からの輸入と、現地に進出している日系企業や地場企業からと述べた。

■「人件費で優位性」

第一電子工業は日本国内では栃木県真岡市、海外ではタイ、中国の上海などに工場を構える。同社は昨今の世界同時不況下、新たにベトナム進出を選んだ理由について、「為替や製造能力の増強などに関わるリスクの分散と、コスト対応力を考慮した時にタイ・中国に比べ人件費が安いベトナムの優位性がある」と説明。一部製品のタイ・日本からべトナムへの生産移管は考えていると明らかにした。<ベトナム>


関連国・地域: 中国タイベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機金融・保険建設・不動産

PR

その他記事

すべての文頭を開く

コーヒー輸出額を60億ドルに 産業団体、30年までの目標設定(12/09)

ベトナムのコーヒー産業団体は、主要農産物の一つとなっているコーヒー生豆と焙煎(ばいせん)豆・インスタ…

続きを読む

高知の井上石灰、農薬販売へ実証事業(12/09)

肥料や農薬の製造・販売を手掛ける井上石灰工業(高知県南国市)は、ハノイや北中部ゲアン省などで環境負荷…

続きを読む

【アジア三面記事】小さな空手家が世界へ(12/09)

■小さな空手家が世界へ インドとパキスタンが領有権を巡って対立するカシミール地方から、1人の小さな空…

続きを読む

航空会社の新機購入、20年まで89機に制限(12/09)

ベトナム政府は、航空会社が2020年までに購入する機体の数を、合計で89機に制限する方針だ。運航便や旅客の…

続きを読む

住商、地場BRGと農業パーク開発など視野(12/09)

ベトナムのゴルフリゾート運営などを手掛ける地場BRGグループと住友商事の海外法人であるアジア大洋州住…

続きを読む

ハノイでファッションフェア、22日から開催(12/09)

「ベトナム・インターナショナル・ファッション・フェア(VIFF)2016」が、22~26日にハノイ市ホアンキ…

続きを読む

ベトテル、フーイエン省の業務のIT化促進(12/09)

ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)と中南部フーイエン省人民委員会は、行政をIT化する電子政府の構築…

続きを読む

シンガのゴーベア、越で金融商品比較サイト(12/09)

保険商品などを比較できるサイトを手掛けるシンガポールのゴーベア(GoBear)が、ベトナム版のサイトを開設…

続きを読む

コーヒー収穫期も、深刻な労働者不足(12/09)

ベトナム中部高原ラムドン省農業・地方開発局によれば、省内のコーヒー農園計約14万ヘクタールが収穫期を迎…

続きを読む

ベンチェー省の水管理事業、円借款を承認(12/09)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相が、日本の政府開発援助(ODA)による南部ベンチェー省での水管理…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン