第一電子工業が進出、コネクタ製品生産

コネクタの総合メーカーでフジクラ系の第一電子工業(DDK、本社・東京都江東区)が100%出資する現地法人DDKベトナムは17日、南部ビンズオン省のべトナム・シンガポール第2工業団地(VSIP2)で工場の起工式を行った。将来計画も含めた投資総額は2,500万米ドル。工場は10月に操業開始予定で、セットメーカー向けにコネクタ製品を生産する。

第一電子工業によると、DDKベトナムの資本金は現在は100万米ドル。工場建設の進捗に合わせて400万米ドルに増資予定としている。

第1次工場は8月に竣工予定。敷地面積は3万1,000平方メートルで、建屋面積は2,610平方メートル。現地スタッフのスキルアップを図りながら順次、工場を増築し、部品から製品組み立てまでの一貫生産工場へと拡張予定という。従業員数は、現建屋で約500人の予定と述べた。

べトナム工場での生産は、当初はコネクタ製品の普及品タイプの製品組み立てから開始。将来、工場を増築してプレス、モールド(金型)、メッキラインを整備し、部品から製品組み立てまで拡大させていく、と話している。

製品の販売先について第一電子工業は、「アジアに進出しているセットメーカー、また欧州、米国、日本」と明らかにした。販売目標は、当初は年間5億円程度を計画しているという。一方、部品の調達ルートは、同社海外拠点からの輸入と、現地に進出している日系企業や地場企業からと述べた。

■「人件費で優位性」

第一電子工業は日本国内では栃木県真岡市、海外ではタイ、中国の上海などに工場を構える。同社は昨今の世界同時不況下、新たにベトナム進出を選んだ理由について、「為替や製造能力の増強などに関わるリスクの分散と、コスト対応力を考慮した時にタイ・中国に比べ人件費が安いベトナムの優位性がある」と説明。一部製品のタイ・日本からべトナムへの生産移管は考えていると明らかにした。<ベトナム>


関連国・地域: 中国タイベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

WHA、ベトナムの工業団地を年内開業(18:11)

タイの工業団地開発大手WHAグループは20日、ベトナム北中部ゲアン省で開発中の工業団地の土地リースを20…

続きを読む

民間の食品検査、外資に商機 輸出拡大で日本からの受注も視野(02/21)

ベトナムから輸出される農水産品や加工食品の増加に伴い、これらの商品を第三者機関が検査する試験・検査・…

続きを読む

初の水産物商談会、ジェトロがHCM市で開催(02/21)

日本貿易振興機構(ジェトロ)は20日、ホーチミン市内のホテルで日本産水産物の輸出拡大を目的とした商談会…

続きを読む

ベトジェット航空、IATAに加盟(02/21)

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は18日、国際航空運送協会(IATA)に加盟した。同日…

続きを読む

クロスコープ、全海外拠点でビズラボ提供へ(02/21)

インキュベーションサービスを展開するソーシャルワイヤー(東京都新宿区)は20日、シンガポールの業界デー…

続きを読む

不動産の成約件数、ハノイで下落(02/21)

英系不動産サービス大手サヴィルズ・ベトナムの発表によると、ハノイとホーチミン市の不動産価格指数が逆の…

続きを読む

正男氏殺害の女性容疑者、妹の可能性=越男性(02/21)

マレーシアのクアラルンプール国際空港・格安航空(LCC)ターミナル(KLIA2)で13日に北朝鮮の金正…

続きを読む

日越建築フォーラム開幕、伊東豊雄氏が講演(02/21)

建築や都市開発における相互交流と協力関係の構築を目的とした「日本・ベトナム建築フォーラム2017」が20日…

続きを読む

ガソリン価格が3%上昇、今年初の改定(02/21)

ベトナムの石油元売り各社は18日、ガソリンの小売価格を2.9%引き上げた。ガソリンの価格改定は今年に入って…

続きを読む

ミトーのスマートシティー化、VNPTが協力(02/21)

国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)と南部ティエンザン省人民委員会が17日、同省の中心都市ミトー…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン