第一電子工業が進出、コネクタ製品生産

コネクタの総合メーカーでフジクラ系の第一電子工業(DDK、本社・東京都江東区)が100%出資する現地法人DDKベトナムは17日、南部ビンズオン省のべトナム・シンガポール第2工業団地(VSIP2)で工場の起工式を行った。将来計画も含めた投資総額は2,500万米ドル。工場は10月に操業開始予定で、セットメーカー向けにコネクタ製品を生産する。

第一電子工業によると、DDKベトナムの資本金は現在は100万米ドル。工場建設の進捗に合わせて400万米ドルに増資予定としている。

第1次工場は8月に竣工予定。敷地面積は3万1,000平方メートルで、建屋面積は2,610平方メートル。現地スタッフのスキルアップを図りながら順次、工場を増築し、部品から製品組み立てまでの一貫生産工場へと拡張予定という。従業員数は、現建屋で約500人の予定と述べた。

べトナム工場での生産は、当初はコネクタ製品の普及品タイプの製品組み立てから開始。将来、工場を増築してプレス、モールド(金型)、メッキラインを整備し、部品から製品組み立てまで拡大させていく、と話している。

製品の販売先について第一電子工業は、「アジアに進出しているセットメーカー、また欧州、米国、日本」と明らかにした。販売目標は、当初は年間5億円程度を計画しているという。一方、部品の調達ルートは、同社海外拠点からの輸入と、現地に進出している日系企業や地場企業からと述べた。

■「人件費で優位性」

第一電子工業は日本国内では栃木県真岡市、海外ではタイ、中国の上海などに工場を構える。同社は昨今の世界同時不況下、新たにベトナム進出を選んだ理由について、「為替や製造能力の増強などに関わるリスクの分散と、コスト対応力を考慮した時にタイ・中国に比べ人件費が安いベトナムの優位性がある」と説明。一部製品のタイ・日本からべトナムへの生産移管は考えていると明らかにした。<ベトナム>


関連国・地域: 中国タイベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

資金不足の精米業者、政府の早期融資に期待(07/25)

カンボジアの精米業者やコメ輸出業者が、政府が先月発表した低利融資の実施を待っている。今年初めから発生…

続きを読む

【書籍ランキング】7月7日~7月13日(07/25)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『フィンテック 金融維新へ』アクセンチュア(日本経済新聞出版社) 2.…

続きを読む

物流効率化を高品質車で支援(07/25)

日野モータース・ベトナムは22日、拠点設立から20周年を記念する式典をハノイで開催した。同社に出資する日…

続きを読む

前田建設、地場企業とHCM市で不動産開発(07/25)

前田建設工業は23日、ベトナムの不動産開発会社ティエン・ドゥック・トレーディング・アンド・コンストラク…

続きを読む

南部で冷凍冷蔵の倉庫事業、川崎汽船など(07/25)

川崎汽船、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、日本ロジテムの3社は21日、南部ビンズオン省に低…

続きを読む

ベトナム航空機リース、ATR5機を売却へ(07/25)

ベトナム航空機リース社(VALC)が、保有するATR72型機5機を、8月5日に入札販売する。21日付VN…

続きを読む

ハノイ都市鉄道、元請業者に機材調達で特例(07/25)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、遅滞しているハノイ都市鉄道2A号線(ドンダー区カットリン~ハ…

続きを読む

スー・チー氏、ASEAN会議に初登場(07/25)

【ビエンチャン共同】ラオスの首都ビエンチャンで24日開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に…

続きを読む

故障のブンアン火力発電所、9月に運転再開(07/25)

ベトナム北部ハティン省のブンアン第1火力発電所で、ローター(回転子)の故障により昨年11月末から停止し…

続きを読む

ズエンハイ第3火発、年内稼働に向け火入れ(07/25)

南部チャビン省で建設中のズエンハイ第3火力発電所でこのほど、蒸気タービン1号機の試験運転開始の第一歩…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン