年内は緩やかなドン安=三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行ホーチミン支店は5日、半年に一度の「経済為替講演会」を市内で開催した。同行の専門家は、2017年の為替相場について、米ドルに対して緩やかなドン安が進むとの予測を示した。

昨年12月29日の実勢レートは1米ドル=2万2,765ドンだった。ホーチミン支店の長岡貴博トレジャリー課長は、米国が年内に3回の利上げを実施すると見込まれていることなどから「ドン高にはなりにくい」との認識を明らかにした。

他方で為替の安定を望むベトナム国家銀行(中央銀行)には過去最高水準とされる400億米ドル(約4兆7,050億円)の外貨準備残高があり、「介入余力がある」状況。このため6月末の予想レンジを先月29日から上下1%の変動となる1米ドル=2万2,550~2万2,950ドン、12月末は横ばい~+2%となる2万2,750~2万3,250ドンとした。

■ドル高は転換期

講演会では三菱UFJリサーチ&コンサルティングの著名エコノミスト、五十嵐敬喜氏も登壇し、今年の世界経済について展望した。五十嵐氏は米国経済について、14年第4四半期(10~12月)を境に企業収益は既にピークアウトしているなどとして、最近の米ドル高の相場はいずれ転換するとの見方を示した。ただ一方で、相場を動かす投資家の思惑によっては、さらに米ドル高が進展し、「1米ドル=125円くらいにまで行くことも十分あり得る」と予想した。

また日本については、「今年の景気はまずまずだが、目立っては良くならない」と予測した。企業業績は全体として増益が続いているが、円安や原油安など一時的な要因と異なる「本物の力がまだ付いていない」と解説。企業による労働分配率が減少しており、個人消費が増えていないと指摘した。

Thumb 20170110 icn      w

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの著名エコノミスト、五十嵐氏が今年の世界経済について解説した=5日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

IT業界、管理職の不足続く CIOの月給は平均1.2億ドン(02/20)

ベトナムのIT業界で、管理職に対する企業の需要に人材の供給が追いついていないもようだ。人材不足の影響…

続きを読む

【書籍ランキング】2月2日~2月8日(02/20)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『老後破産を防ぐ 「都心・中古ワンルームマンション経営」』仲宗根和徳(…

続きを読む

ホンダ、「CR―V」の販促キャンペーン(02/20)

ホンダ・ベトナム(HVN)は15日、同日から3月31日までスポーツ多目的車(SUV)「CR―V」の販促キ…

続きを読む

ベンタイン前ロータリー撤去、地下鉄建設で(02/20)

円借款事業のホーチミン市都市鉄道(メトロ、地下鉄)1号線(1区ベンタイン市場~9区スオイティエン公園…

続きを読む

物流サービス発展行動計画を承認=首相(02/20)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、2025年までの物流サービスの発展と競争力向上行動計画を…

続きを読む

南部で汚泥処理、日本ミクニヤが海外初事業(02/20)

環境コンサルティングなどを手掛ける日本ミクニヤ(川崎市)は、南部カントー市で有機廃棄物処理の実証実験…

続きを読む

ビナコミン、JFEと丸紅に石炭長期供給(02/20)

国営ベトナム石炭鉱産グループ(ビナコミン)は17日までに、JFEスチールと丸紅の2社と石炭の長期売買契…

続きを読む

富士ゼロックス、クラウド機種で効率化提案(02/20)

富士ゼロックスベトナムは17日、ホーチミン市内でセミナーを開催し、クラウド技術を活用した複合機による業…

続きを読む

「金物の町」燕三条、ホーチミン市でPR(02/20)

新潟県の三条市と燕市にまたがり、作業工具や刃物などの金属製品で知られる燕三条地域の4社が、ホーチ…

続きを読む

NEC、東南アのサイバー保安職員研修実施(02/20)

NECは今月20日から3月3日まで、東南アジア6カ国(インドネシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、フ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン