600キロ走行のEV電池セル、サムスンSDI

サムスングループのサムスンSDIは8日(現地時間)、米デトロイトで開幕した「北米国際自動車ショー」で1回の充電で最高600キロメートル走行できる電気自動車(EV)向けバッテリーセルを公開した。2021年の量産化を目指しており、EVの普及拡大へ期待が高まる。

公開したバッテリーは、約20分で80%まで高速充電でき、500キロの走行が可能という。「高速道路の休憩所で休む間に十分に充電できるため、EVの走行距離の限界とドライバーの不安を解消できる」(サムスンSDI)とする。

走行距離の延長は、EVの普及の要と言える。米ゼネラル・モーターズのEV「シボレー・Bolt」や発売間近の米テスラ「モデル3」など、最新のEV走行距離はフル充電で340~380キロほど。サムスンSDIの新型バッテリーは、東京~大阪間(約500キロ)を充電することなく走行できる計算になる。

サムスンSDIの関係者は「新型バッテリーは、走行距離や製造効率、ドライバーの利便性などEV普及の主要課題を解決し、本格的なEV時代の早期到来に貢献できるだろう」と述べた。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウル・鍾閣駅構内に新…(01/19)

ソウル・鍾閣駅構内に新たな書店がオープンした。その名も「鍾路書籍」。コーヒーを飲みながら読書を楽しめ…

続きを読む

EVの販売、16年は9割増 現代自の初EVが後押し(01/19)

韓国で電気自動車(EV)の普及が本格的に始まった。2016年の販売台数は前年比90%増の5,143台で、累計登録…

続きを読む

駐在員住宅、まだ借り手市場 資源関連減少も日本人は微減に(01/19)

インドネシアの首都ジャカルタの駐在員向け住宅市場は、依然として借り手市場が続いている。米系不動産コン…

続きを読む

所得横ばいも物価は高騰、消費心理萎縮(01/19)

農畜産物の価格や公共料金の上昇で、消費心理が萎縮している。18日付毎日経済新聞などが伝えた。 韓国農水…

続きを読む

金融委、企業再建に新たな仕組み導入(01/19)

韓国の金融当局が、経営不振に陥った企業を立て直すための新たな仕組みづくりに取り組む。4~6月期にも導…

続きを読む

サムスン、アウディに車載用半導体を供給(01/19)

サムスン電子が車載用半導体事業を強化する。18日、独完成車メーカーのアウディにアプリケーションプロセッ…

続きを読む

現代自が米国で31億ドル投資、R&D強化(01/19)

韓国現代自動車グループは米国で向こう5年間に31億米ドル(約3,500億円)を投資する。環境対応車や自動運転…

続きを読む

現代自が次世代環境対応車を開発、韓国紙(01/19)

18日付電子新聞は、韓国現代自動車がモーターを内蔵してタイヤが駆動するインホイールモーターを採用した環…

続きを読む

自動車6社がリコール、15万台規模(01/19)

韓国国土交通省が、現代・起亜自動車や韓国トヨタなど完成車メーカー6社に対し、韓国で販売した自動車部品…

続きを読む

韓国ロッテがハノイに商業施設、20年完成へ(01/19)

韓国ロッテが18日、ベトナム・ハノイに大型ショッピングモールを2017年上期中に建設する。総事業費は3,300億…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン