豪資源輸出、2千億$突破へ 好調相場は続かずとの悲観論も

オーストラリアの産業・イノベーション・科学省は9日、2017/18年度(17年7月~18年6月)のオーストラリアの資源関連輸出総額が2,039億豪ドル(約17兆5,048億円)と、初めて2,000億豪ドルを突破するとの見通しを明らかにした。昨年から続く原料炭と鉄鉱石価格の上昇が背景。資源関連からの歳入増加により連邦政府が最高格付けトリプルA(AAA)を維持できるとの見方もある一方、好調な相場は長く続かないとの悲観論もある。9日付地元各紙が伝えた。

資源関連の輸出額が1,900億豪ドルを超えたのは、これまで11/12年度と13/14年度のみで、実現すれば2,000億豪ドルを超えるのは史上初となる。

同省の予測によれば、原料炭と鉄鉱石の価格上昇により、当初の見込みよりも280億豪ドル多い470億豪ドルの輸出額増加が見込めるという。

原料炭1トン当たりの価格は、昨年12月初旬までの5カ月間に3倍上昇し、308米ドル(約3万6,108円)に上った。昨年2月には同75.3米ドルだった。原料炭の多くがクイーンズランド州で産出されることから、同州政府は16/17年度の歳入が14億豪ドル拡大すると予想している。

ただ、同省は、現在の原料炭の価格が長く続くと考えておらず、17年に同186米ドル、18年に109米ドルに下がると予測している。これにより、16/17年度と17/18年度の原料炭の輸出総額が、399億豪ドルと266億豪ドルになるとみられている。

また鉄鉱石の16/17年度と17/18年度の平均価格は、現在の1トン当たり76米ドルから、それぞれ58米ドルと49米ドルに下落していくとの見通しだ。

一方、同省は、液化天然ガス(LNG)の輸出額が、16/17年度~17/18年度に165億豪ドルから370億豪ドルと2倍以上に増加するとしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末にとある専門家のワ…(01/25)

週末にとある専門家のワークショップに参加した。幼少期の家族との関係から、自分の中の罪悪感や羞恥心をそ…

続きを読む

ハット形鋼矢板の展開推進 新日鉄住金、2カ国で採用(01/25)

新日鉄住金は24日、シンガポールとオーストラリアのインフラ建設工事に同社の鋼板「ハット形鋼矢板」が採用…

続きを読む

シドニー住宅価、110万$突破 取得可能性が課題に(01/25)

オーストラリア・シドニーの一軒家の中央値が、昨年第4四半期(10~12月)に112万3,991豪ドル(約9,642万円…

続きを読む

新日鉄住金、豪工事でハット形鋼矢板初納入(01/25)

新日鉄住金は24日、オーストラリア・南オーストラリア(SA)州のトンネル工事用に、同社が開発したハット…

続きを読む

トール経営陣刷新、国際展開拡大目指す(01/25)

日本郵便傘下のオーストラリアの運輸大手トール・ホールディングスは、今年から経営陣を刷新した。海外ビジ…

続きを読む

豪のM&A、2019年がピーク=国際調査(01/25)

オーストラリアでは2019年に、国内外の企業とのM&A(合併・買収)が1,560億豪ドル(約13兆2,600億円)と…

続きを読む

「M&A行わない」石油ウッドサイドCEO(01/25)

オーストラリアの石油大手ウッドサイド・ペトロリアムのコールマン最高経営責任者(CEO)はこのほど、当…

続きを読む

豪政権の再生エネ目標堅持、与党内に反対も(01/25)

オーストラリアのターンブル政権が再生可能エネルギー目標(RET)を堅持する方針に対して、与党保守連合…

続きを読む

競争委、エネルギー費上昇で豪投資減少懸念(01/25)

オーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)のシムズ委員長はこのほど、国内電力価格の高騰は製造業…

続きを読む

NEC、WA州のICTサービス事業を受注(01/25)

NECは23日、西オーストラリア(WA)州政府の情報通信技術(ICT)サービス提供企業の1社に選定され…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン