中国受注高速鉄道、融資認可待ちで着工足踏み

インドネシア国営建設ウィジャヤ・カルヤ(WIKA)は、首都ジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道の建設工事がまだ開始できないと明らかにした。高速鉄道事業を手掛けるインドネシア中国高速鉄道社(KCIC)が、資金の借り入れ先である中国開発銀行から資金を得ていないためだという。21日付コンタンが伝えた。

WIKAのアントニウス・スティーブ取締役(財務担当)によると、中国開発銀行の民間投資に対して同国当局からの融資承認に時間がかかっており、認可待ちの状態にある。「認可が下り次第、中国開発銀行とKCICが融資契約を結び、そののちにWIKAが契約を結んで建設工事に入る」と説明。1~2カ月以内には融資契約が実現できると見込んでいる。

KCICは中国開発銀行から約55億米ドル(約5,710億円)借り入れて事業資金を賄う計画。WIKAは高速鉄道の建設工事で16兆7,000億ルピア(約1,335億円)の契約を受注する。

WIKAの受注残高は、9月末時点で23兆4,000億ルピアで、通年目標の44%となる。今年は高速鉄道のほか、首都ジャカルタの軽量軌道交通(LRT)工事も追加受注すると見込んでいる。同社は、既に北部クラパガディン~東部ラワマングンのベルドローム(自転車競技場)前までの第1期工事区間(約5.8キロメートル)とクラパガディンのLRT発着所の整備・工事事業をLRT建設事業主であるジャカルタ特別州営ジャカルタ・プロパティンド(ジャクプロ)から受注している。


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

ジャワ発電所、国営電力・石油の契約進まず(20:35)

インドネシア・西ジャワ州のジャワ第1ガス火力発電所の建設計画が足踏みしている。同発電所の建設・運営は…

続きを読む

米新政権と協力関係、ジョコ大統領が見解(20:54)

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、同国はトランプ新大統領が率いる米国と互恵的な協力関係を維持で…

続きを読む

テイクオフ:年が明けてすぐにかけめ…(01/23)

年が明けてすぐにかけめぐった内閣改造の情報は、ジョコ・ウィドド大統領が閣議の席上で否定したことにより…

続きを読む

【この人に聞く】有望市場、現状にとどまらず 調査を本格化させた大阪ガス(01/23)

大阪ガスグループは2016年10月、シンガポール法人の大阪ガスシンガポールを通じてインドネシアの首都ジャカ…

続きを読む

トランプ政権始動、経済界からは不安と期待(01/23)

米国のトランプ大統領が現地時間20日に就任したことを受け、インドネシアの経済界からは保護主義を懸念する…

続きを読む

【書籍ランキング】1月5日~1月11日(01/23)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『はじめての「FX」ソーシャルトレード入門 勝ち組トレーダーの売買に相…

続きを読む

政府、米新政権の経済政策を前向きに注視(01/23)

トランプ米大統領の就任を前に、インドネシア政府ではその影響について、楽観的な見方を示しつつ、引き続き…

続きを読む

キヤノン、インクジェットのシェア57%目標(01/23)

キヤノン製品のインドネシアでの正規販売代理店データスクリプは今年、インクジェットプリンターの国内シェ…

続きを読む

米アップルの開発拠点、1カ所は首都近郊(01/23)

インドネシアのルディアンタラ通信・情報相は、米アップルが国内に建設を計画している研究・開発センター3…

続きを読む

グーグルの税務調査本格化、幹部を事情聴取(01/23)

インドネシア財務省税務局は19日、ジャカルタの同局本部内でシンガポールに本拠を置く米系グーグル・アジア…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン