鳥取発の生ごみ処理機、台湾で発売

鳥取県の小さな工場が生産するユニークな生ごみ処理機「ママサポート」が、このほど台湾で発売された。現地代理店を通して主に高級マンションを対象に売り込み、初年度は500台、次年度は1,000~1,500台、3年目からは3,000台の販売を目指すという。

ママサポートは台所のシンクに直結させる生ごみ処理装置で、生ごみを排水口に投じるだけで破砕から乾燥、袋詰めまで全自動で処理。破砕したごみが汚泥にならないため、排水管を汚すこともない。

生産するのは鳥取三洋電機(現三洋テクノソリューションズ鳥取)の技術者だった新矢楢夫社長が2002年に創業した有限会社アースウェイ(鳥取市)。ママサポートの中部地区での販売を担当する商社「アイバ・コーポレーション」(名古屋市)が台湾企業とも取引していることから橋渡し役となり、今回の販売にこぎ着けた。台中市にある建設会社の子会社が販売代理店となる。

現在、韓国とも商談しているほか、フィリピンからも問い合わせが来ている。台湾代理店の親会社が建設業者で、中国で事業展開していることから、中国での販売も持ちかけられているという。

またアースウェイでは現在、業務用のママサポートを開発中。来年をめどに台湾で生産したものを発売する計画もあるという。

Thumb 20161014 twd syokiji tottori w

台北で行われた記者会見で「ママサポート」を紹介するアースウェイの新矢社長(アイバ・コーポレーション提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電機社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:基本的に右側に立ち、急…(01/19)

基本的に右側に立ち、急ぐ人のため左側を空けよ。台北捷運(台北MRT)のエスカレーターで市民の大半が実…

続きを読む

サービス業の43%が雇用計画 労基法改正で人手不足に対応(01/19)

改正版「労動(働)基準法(労基法)」の骨子である完全週休二日制(一例一休)規定をめぐり、台湾のサービ…

続きを読む

マイクロン、中科工場拡充に1300億元投資(01/19)

メモリー大手の米マイクロン・テクノロジーが、中部科学工業園区(中科)に設置する工場の拡充に1,300億台湾…

続きを読む

台湾半導体の生産能力、来年に世界首位か(01/19)

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)は17日に発表したリポートで、台湾半導体産業の生産能力の世界シェ…

続きを読む

中華電信とノキア、狭帯域IoTの実証へ(01/19)

通信台湾最大手の中華電信は17日、フィンランドの通信機器大手ノキアと提携し、狭帯域(ナローバンド)を利…

続きを読む

スマホ部品企業、市場飽和で業態転換加速(01/19)

スマートフォン市場の飽和を背景に、台湾のスマホ関連メーカーが業態転換を加速している。部品メーカーのコ…

続きを読む

ソニーCIS代理の尚立、売上高更新へ(01/19)

スマートフォンにデュアルカメラの搭載が進み、画像読み取りに使われるコンタクトイメージセンサー(CIS…

続きを読む

飲食業8割超、労基法改正も「値上げせず」(01/19)

2016年12月23日から施行された改正版「労動(働)基準法(労基法)」による影響を受け、一部産業で製品の…

続きを読む

東森房屋が中国に進出、昆山に直営店(01/19)

不動産仲介大手の東森房屋は17日、中国・江蘇省に本拠を置く台湾系不動産コンサルタントの上森置業と提携し…

続きを読む

台湾虎航、3月に台中~マカオ線を就航(01/19)

中華航空(チャイナエアライン)傘下の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)はこのほど、…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン