鳥取発の生ごみ処理機、台湾で発売

鳥取県の小さな工場が生産するユニークな生ごみ処理機「ママサポート」が、このほど台湾で発売された。現地代理店を通して主に高級マンションを対象に売り込み、初年度は500台、次年度は1,000~1,500台、3年目からは3,000台の販売を目指すという。

ママサポートは台所のシンクに直結させる生ごみ処理装置で、生ごみを排水口に投じるだけで破砕から乾燥、袋詰めまで全自動で処理。破砕したごみが汚泥にならないため、排水管を汚すこともない。

生産するのは鳥取三洋電機(現三洋テクノソリューションズ鳥取)の技術者だった新矢楢夫社長が2002年に創業した有限会社アースウェイ(鳥取市)。ママサポートの中部地区での販売を担当する商社「アイバ・コーポレーション」(名古屋市)が台湾企業とも取引していることから橋渡し役となり、今回の販売にこぎ着けた。台中市にある建設会社の子会社が販売代理店となる。

現在、韓国とも商談しているほか、フィリピンからも問い合わせが来ている。台湾代理店の親会社が建設業者で、中国で事業展開していることから、中国での販売も持ちかけられているという。

またアースウェイでは現在、業務用のママサポートを開発中。来年をめどに台湾で生産したものを発売する計画もあるという。

20161014 twd syokiji tottori w

台北で行われた記者会見で「ママサポート」を紹介するアースウェイの新矢社長(アイバ・コーポレーション提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電機社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

改正労基法が最終可決、元旦から施行へ(21:26)

完全週休二日制の実現を目指す「労動(働)基準法(労基法)」の改正案が6日深夜、台湾立法院(国会)の第…

続きを読む

テイクオフ:上海虹橋空港から台北松…(12/07)

上海虹橋空港から台北松山空港に戻る便は、土曜日の午後というやや中途半端な時間帯にもかかわらず、ほぼ満…

続きを読む

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(91)(12/07)

2016年10月の香港・台湾・韓国・オーストラリア 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チーム】 …

続きを読む

改正労基法の来月施行に暗雲 与野党の対立、国会二審で激化(12/07)

完全週休二日制の実現を目指す「労動(働)基準法(労基法)」改正に向けた最終審議が紛糾している。6日か…

続きを読む

TSMC董事長、科学技術会議で政府批判(12/07)

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の張忠謀董事長は5日、台…

続きを読む

11月二輪車販売、単月過去最高の10.7万台(12/07)

フィリピン自動二輪開発計画参加社協会(MDPPA)は6日、日系メーカー4社に台湾系キムコ(光陽工業)…

続きを読む

遠通電収、ETC導入でボスニアとMOU(12/07)

遠伝電信(ファーイーストーン)傘下で高速道路のETC(電子料金収受システム)を手掛ける遠通電収(FE…

続きを読む

世界IC設計の売上高予測、聯発科が3位に(12/07)

市場調査会社、集邦科技(トレンドフォース)傘下で各産業の動向調査などを行う拓ボク産業研究所(TRI、…

続きを読む

AIの沛星互動科技、新たに2千万米ドルを調達(12/07)

人工知能(AI)技術を生かして機器(デバイス)を結ぶビジネスソリューションやクロスマーケティングを専…

続きを読む

11月の二輪車販売、前年同月比35%増の6.9万台(12/07)

11月の自動二輪車の販売台数(ナンバープレート公布ベース)は6万9,383台で、前年同月比34.9%増えた。主要…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン