鳥取発の生ごみ処理機、台湾で発売

鳥取県の小さな工場が生産するユニークな生ごみ処理機「ママサポート」が、このほど台湾で発売された。現地代理店を通して主に高級マンションを対象に売り込み、初年度は500台、次年度は1,000~1,500台、3年目からは3,000台の販売を目指すという。

ママサポートは台所のシンクに直結させる生ごみ処理装置で、生ごみを排水口に投じるだけで破砕から乾燥、袋詰めまで全自動で処理。破砕したごみが汚泥にならないため、排水管を汚すこともない。

生産するのは鳥取三洋電機(現三洋テクノソリューションズ鳥取)の技術者だった新矢楢夫社長が2002年に創業した有限会社アースウェイ(鳥取市)。ママサポートの中部地区での販売を担当する商社「アイバ・コーポレーション」(名古屋市)が台湾企業とも取引していることから橋渡し役となり、今回の販売にこぎ着けた。台中市にある建設会社の子会社が販売代理店となる。

現在、韓国とも商談しているほか、フィリピンからも問い合わせが来ている。台湾代理店の親会社が建設業者で、中国で事業展開していることから、中国での販売も持ちかけられているという。

またアースウェイでは現在、業務用のママサポートを開発中。来年をめどに台湾で生産したものを発売する計画もあるという。

Thumb 20161014 twd syokiji tottori w

台北で行われた記者会見で「ママサポート」を紹介するアースウェイの新矢社長(アイバ・コーポレーション提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電機社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「CX―5」の新モデル発売 台湾マツダ、月間400台見込む(02/24)

マツダの台湾販売統括会社、台湾馬自達汽車(台湾マツダ)は23日、モデルチェンジしたスポーツタイプ多目的…

続きを読む

聯発科の立キ買収、インサイダー取引疑惑が浮上(02/24)

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)によるアナログIC設計の立キ科技(リッチテッ…

続きを読む

義隆電子、16年は不振も今年は業績成長へ(02/24)

IC設計を手掛ける義隆電子(ELAN)がこのほど発表した2016年の純利益は前年比20.8%減の6億5,300万台…

続きを読む

広明光電子会社のロボット、海外展開を加速(02/24)

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の広達電脳(クアンタ)グループで、ストレージ製品やソリッド・…

続きを読む

1月の卸売業売上高、4カ月ぶりマイナス成長(02/24)

台湾経済部(経産省)統計処が23日に発表した1月の卸売業・小売業・飲食業統計によると、卸売業の売上高は…

続きを読む

子供向け体操スクールの飛奇児、来月中国進出へ(02/24)

子供向け体操スクールを運営する飛奇児体操教学系統(フライキッズ)の李シン龍執行長(シン=金が3つ)は…

続きを読む

統一超の1株当たり配当金、過去最高更新(02/24)

流通大手の統一超商(ユニプレジデント・チェーンストア)が22日の董事会(取締役会)で決定した1株当たり…

続きを読む

房地合一、昨年の納税額は財政部目標の6割(02/24)

住宅と土地で異なる税制を一本化するとともに、短期的な売買への税負担を引き上げることを目的とした「房地…

続きを読む

機材10機調達へ、長栄航空元トップの新会社(02/24)

長栄集団(エバーグリーングループ)創業者の故・張栄発氏4男で、長栄航空(エバー航空)の元董事長である…

続きを読む

亜太董事長らの台湾頻寛買収、NCCが承認(02/24)

台湾の通信行政を担当する国家通訊伝播委員会(NCC)は22日、通信会社の亜太電信(APT)の呂芳銘董事…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン