《海外事業力育成》海外進出成功のための事業戦略と人材育成のポイントとは?(前編)

株式会社サーキュレーション主催、株式会社エヌ・エヌ・エー(共同通信グループ)協賛にて、「海外事業力育成セミナー 次世代経営幹部を育てる」が9月9日に開催されました。本セミナーでは、自社主導による本格的な海外進出を始める製造企業向けに、事業戦略のポイントと人材育成の要諦が解説されました。

講師は、株式会社パンアジアアドバイザーズ代表として日本企業の海外進出支援としたコンサルティングを提供している椿高明氏。当日のセミナー内容をレポートします。

前編では、海外進出の必要性について、椿氏が実際のコンサルティングでも使用している豊富なデータとともに、お伝えいたします。

■海外事業が日本企業の命運を分ける。19世紀末からの人口爆発

まず、お伝えしたいのは、「21世紀こそ、日本企業にとって海外事業が重要なものとなる」ということです。その理由として、21世紀における爆発的な人口増加と、各国民の所得分布の変化が挙げられます。

Thumb 1518425 01

所得帯別人口(1988年)

Thumb 1518425 02

所得帯別人口(2011年)

最初に、近年の爆発的な人口増加をみていきましょう。明治5年の世界人口はわずか14億人。現在の中国の人口に満たないものでした。それが今では70億人を突破し、2050年には93億人に達するといわれています。すなわち、それまで緩やかに増加してきた人口が、19世紀末から21世紀までで一気に急増していることがわかります。

■中国をはじめとする途上国の所得層の変化によって市場ができてきた

次に、国・地域ごとのの所得別の人口分布をみていきましょう。1988年ごろまでは中国、インド等の開発途上国の人口は多いものの、その多くは低所得者層であることがわかります。それゆえ、日本にとって海外市場とは主に高所得者層の多い北米やヨーロッパでした。しかし、2011年になると状況が変わっていることが分かります。中国でも中所得者層がぐんと増え、今後はインドや他のアジア諸国でも同じことが起こると予測されます。つまり、日本企業にとって、中国をはじめとする途上国は明確に重要なマーケットとなりつつあるわけです。

■日本でトップシェアでも安心してはいけない。成長市場への進出が必須

あなたの会社がたとえ現在のところ日本市場でトップシェアだったとしても、そこで満足してはいけません。『2040年予測から見た世界経済の進捗度』というデータを見ると、日本は北米・西欧以上に伸びしろが乏しいことが明らかになっています。

Thumb 1518425 03

海外比率のグラフ(2008年/文具)

Thumb 1518425 04

海外比率のグラフ(2015年/文具)

日本の国内マーケットは人口・所得ともに一部の例外的な産業を除き、今後ほとんど成長する見込みがないのです。人口と一人当たりのGDP(国内総生産)に伸びしろがある国、特に成長著しい中国やインド、東南アジア諸国に進出することが日本企業には必要となる可能性が高いのです。

「近く訪れるその未来において、あなたの会社はどこで活動していたいのか。そして、その目標を達するために今何を取り組まなければならないのか、考えるべき時がきています。

■海外事業が日本企業の命運を分ける

次に、日本の主要企業がとった海外事業展開と企業価値(株式時価総額)の関連性についてみていきましょう。文具メーカーではパイロットがいち早く海外進出し、2004年から2009年までの間に時価総額を大幅にアップさせました。逆に国内トップクラスだったコクヨは企業価値を大きく下げる結果となりました。ベビー用品、生理用品、化粧品の分野でも、海外事業に力を入れた企業が業界内で企業価値を大きく伸ばす結果となっています。

(中編へ続く)http://www.nna.jp/articles/show/1518428


関連国・地域: 日本
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

「CX―5」の新モデル発売 台湾マツダ、月間400台見込む(02/24)

マツダの台湾販売統括会社、台湾馬自達汽車(台湾マツダ)は23日、モデルチェンジしたスポーツタイプ多目的…

続きを読む

ダイキン、売上高8割増へ 低価格帯のセパレート型投入(02/24)

総合空調メーカーのダイキン工業は23日、マニラ首都圏タギッグ市で、家庭用エアコンの新商品3モデルを発表…

続きを読む

【マレーシアを行く】ゲームの国際化、避けて通れず 高付加価値産業の旗手、ゲーム業界(下)(02/24)

昨今、マレーシアのゲームファンたちのアイコンとなっているのが、スクウェア・エニックス(東京都新宿区)…

続きを読む

地方生協で日本製品試験販売 日用・化粧品など、ジェトロ支援(02/24)

ミャンマー地方部での日本製品の浸透につなげようと、日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援でミャンマー未進…

続きを読む

テイクオフ:インドネシア出張時に、…(02/24)

インドネシア出張時に、現地のスタッフから両替した紙幣を見せてと言われた。昨年末から新紙幣に切り替え始…

続きを読む

タンロン工業団地、設立20年 入居企業6万人の労働環境を支援(02/24)

住友商事グループが運営するハノイ市内にあるタンロン工業団地(TLIP)が、22日に設立から20周年を迎え…

続きを読む

1月の新車販売、11%増の5.7万台(02/24)

タイ国トヨタ自動車(TMT)が23日発表したタイの1月の新車販売台数は前年同月比10.5%増の5万7,254…

続きを読む

東北観光の誘致イベントを開催、大使館(02/24)

在シンガポール日本大使館は23日、中心部にある日本文化の発信拠点、ジャパン・クリエーティブ・センター(…

続きを読む

家事代行6社、東京都から特区の事業者認定(02/24)

東京都は23日、清掃大手のダスキンなど6社を、外国人の家事支援サービスを提供する事業者として認定した。…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン