9月の自動車販売、24%増

ベトナム自動車工業会(VAMA)が10日に発表した国産と輸入車を含む9月の自動車販売台数は、前年同月比24%増の2万6,551台だった。縁起が悪いとして消費者が大きな買い物を避ける旧暦7月(今年は8月3日~31日)の「鬼月」が終わり、前月比でも13%増となった。

20161011 icn car vama 03

9月の販売は、乗用車が前年同月比28%増の1万6,327台、トラックやバスといった商用車が20%増の9,117台、特別車両は13%増の1,107台売れた。

■フォードが4割増

VAMA加盟メーカー17社の9月の販売台数は前年同月比25%増の2万4,130台だった。外資12社ではトヨタ・ベトナム(TMV)が10%増の5,201台で首位。2位はフォード・ベトナムで41%増の2,654台、うちピックアップトラック「レンジャー」は1,126台売れた。3位はホンダ・ベトナムで27%増の1,035台だった。

一方、地場メーカー5社の9月の販売台数は前年同月比38%増の1万1,335台。地場トップのチュオンハイ(Thaco)は37%増の1万104台だった。傘下企業では、ビナマツダが48%増の2,850台、Thaco起亜が54%増の3,156台を記録した。

■1~9月は31%増

国産と輸入車を含む業界全体の今年1~9月の自動車販売台数は、前年同期比31%増の21万4,398台だった。VAMAは今年、業界全体の販売台数を通年で前年比10%増の26万台と見込んでいるが、現在のところ予測を大幅に上回るペースで推移している。

乗用車は30%増の12万3,358台で、商用車は31%増で7万8,743台に達した。特別車両は43%増の1万2,297台売れた。

国産・輸入別にみると、ノックダウン(CKD)生産による国産車は34%増の16万2,515台で輸入完成車(CBU)は23%増の5万1,883台だった。CKDの割合は前年同期の74%から76%に約2ポイント拡大した。年初に実施された特別消費税(SCT)の算定方法改定により、当初CBUの販売が落ち込んだことが影響したとみられる。

メーカー別ではチュオンハイが50%増の8万2,619台で全体のトップ。2位のTMVは9%増の4万382台だった。

20161011 icn car vama 01

20161011 icn car vama 02

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、ロッテセンターにオフィス移転(19:54)

トヨタ・ベトナム(TMV)は5日、ハノイのオフィスを移転したと発表した。TMVが加盟するベトナム自動…

続きを読む

【書籍ランキング】11月17日~11月23日(12/05)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『豊かな人生を勝ち取る30の思考』中邨宏季(幻冬舎メディアコンサルティン…

続きを読む

ネットの感染リスク、世界18位 マルウエアの検出は半数以上に(12/05)

ベトナムのインターネットの安全性が、依然として脆弱(ぜいじゃく)であることが分かった。インターネット…

続きを読む

VAMA、ユーロ4の燃料基準設定を求める(12/05)

ベトナムで2017年1月から導入される欧州の排ガス基準「ユーロ4」をめぐり、同基準に適合する燃料に関して…

続きを読む

タクシー会社タインコン、配車アプリ導入(12/05)

ベトナムのタクシー会社、ハノイ運輸57社(タインコンカー)は、スマートフォン向けのタクシー予約・配車ア…

続きを読む

佐川急便のSGHD、地場宅配5位を買収(12/05)

佐川急便を中核とするSGホールディングス(HD)が、ベトナム地場宅配のファット・ロック・エクスプレス…

続きを読む

不動産大手ノバランド、HOSEに上場申請(12/05)

ベトナムの不動産開発大手ノバランド・グループがこのほど、ホーチミン証券取引所(HOSE)への上場を申…

続きを読む

韓国の方舟、カメラ部品の第2工場を開設(12/05)

韓国のカメラ部品メーカー、方舟(Bang Joo)は1日、ベトナム北部ビンフック省に同国で2カ所目となる工…

続きを読む

富士ゼロックス、クラウド連携機種を投入(12/05)

富士ゼロックスは、複合機とクラウドサービスを連携させる機能が新たに加わった新モデル14機種をベトナムで…

続きを読む

鉄鋼計画草案、ホアセンのカナ製鉄所追加(12/05)

ベトナム商工省は、「2025年までの鉄鋼分野基本計画および35年までの方向(草案)」の主要案件の一つに、鉄…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン