パナ、スマート工場のショールーム開設

パナソニックは7日、モノのインターネット(IoT)を活用した「スマート工場」の提案などをする産業向けショールームをハノイに開設した。ドイツ政府の製造業高度化戦略「インダストリー4.0」の潮流が到来する中、製造工程の自動化による生産性の向上や省人化などを提案する。

Thumb 20161010 icn panasonic1w

ハノイ市工業団地管理委員会の関係者らとショールームを回るパナソニックの青田役員(左から2人目)=7日、ハノイ(パナソニック提供)

「パナソニック ソリューション&イノベーションセンター・ベトナム」は、ハノイ市ドンアイン郡の第1タンロン工業団地(TLIP)に入居する現地法人パナソニック・ベトナムの敷地内にある。面積は480平方メートルで、電子部品の実装機や溶接機、検査機などの周辺機器を展示。これらをIoTでつなげることで、稼働状況や不良品の製造といった問題が「見える化」した製造ラインを提案する。肉眼では見えない極小の電子部品の取り扱いも可能となり、労働者によるミスを防ぐとともに、省人化を実現できる。ショールームでは、導入設備の操作トレーニングや技術セミナーなども実施する。

パナソニック・ベトナムで企画・ブランド推進を担当する山本昌弘ディレクターはNNAに対して、「ベトナム北部には韓国のサムスン電子やLG電子など電子機器メーカーの製造拠点が集中しており、下請け企業も進出していることからハノイにショールームを開設した」と説明し、日系企業以外にも提案していく方針を示した。ベトナムの実装機市場では既に5割以上のシェアを獲得しているが、溶接機市場ではシェア拡大の余地があるという。

パナソニックでBtoB(企業間取引)事業を担うオートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)の副社長などを務める青田広幸役員は、スマート工場の提案により、顧客の製造力強化に貢献し、ベトナムの工業発展や人材育成に寄与していく考えを示した。開設式典には、ハノイ市工業団地管理委員会やハノイ工科大学、日系企業の関係者らが出席した。

Thumb 20161010 icn panasonic2w

ショールームには各種機器が展示されている=7日、ハノイ

パナソニックはこれまでに、米国のシカゴ、ドイツのミュンヘン、台湾の台北、タイのバンコク、インドネシアのジャカルタにショールームを開設しており、ハノイは6カ所目となる。今後、インドでの開設を検討しているという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電機

PR

その他記事

すべての文頭を開く

食品の製販に審査厳しく 新商品の認可取得、長期化の傾向(01/20)

食品・飲料メーカーや小売業者への、当局による審査が厳格化する傾向が強まっている。日系のメーカーによる…

続きを読む

16年の自動車販売トップ10、トヨタは3車種(01/20)

2016年のベトナムにおける車種別の自動車販売台数は、トップ10にトヨタが3車種、韓国の起亜自動車と米フォ…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

チュオンハイが農機に進出、韓国と提携で(01/20)

ベトナムのチュオンハイ自動車(Thaco)が17日、農業機械の製造・販売で、韓国企業と提携した。18日付…

続きを読む

ハイフォン港がインフラ使用料徴収、不満相次ぐ(01/20)

ベトナム北部ハイフォン市が年初から始めた港湾インフラ使用料の徴収に対して、企業から不満の声が出ている…

続きを読む

25~35年までのガス産業発展計画を承認(01/20)

ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、天然ガスの採取量目標として2035年に210億立方メートルと…

続きを読む

韓国西部発電、中部の発電所建設で覚書(01/20)

韓国電力公社系の韓国西部発電は17日、中部クアンチ省人民委員会と石炭火力発電所の建設に向けた覚書(M…

続きを読む

国営ビナケム、16年は8.4%減収(01/20)

国営ベトナム化学グループ(ビナケム)はこのほど、2016年の売上高が前年比8.4%減の42兆ドン(18億6,144万…

続きを読む

ギソン製油所、近辺の港湾に企業が懸念(01/20)

北中部タインホア省のギソン製油所近辺の港湾インフラが貧弱であるとして、各企業が懸念を示している。18日…

続きを読む

ゼネコンITD、ラオスで水力発電所受注(01/20)

タイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は18日、ラオスで水力発電所の建設を受注し…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン