ヤマハ、プロオーディオ機器の研修施設開設

ヤマハ・ミュージック・ベトナムは5日、デジタルミキサーなどプロオーディオ機器の研修を行う施設「ヤマハ・デジタル・オーディオ・クリエーティブ・センター(YDACC、ワイダック)」を開設した。レストランやホテルなどで需要が拡大しているプロオーディオ機器のニーズを取り込むため、専門性の高い機材の研修機会を提供する。

Thumb 20161006 icn yamaha w

ヤマハ・ミュージック・ベトナムはプロオーディオ機器の研修施設「ワイダック」を開設した=5日、ホーチミン市

ベトナムのワイダックは世界で15カ所目となる。同社のホーチミン市のオフィスに併設され、広さは45平方メートル。デジタルミキサーやスピーカーなどのプロオーディオ機器を設置している。プロオーディオ機器は、コンサートや放送局、音楽スタジオなどで使用される大型機材や専門性の高い機材を指す。

用意する研修コースは、ベーシックとアドバンスの2種類で、前者は技術職を目指す大学生や技術者、音楽制作で個人利用する人などを対象に月2回程度、後者はサウンドエンジニアやシステムデザイナーなどより専門性の高い職種を対象に、要望に応じて月1回程度行う予定。またディーラー向けにも研修を行うことで、商品知識を深めてもらう狙いもある。研修はヤマハ・ミュージック・ベトナムのスタッフ3人が担当する。

同社の松浦淳社長は、「ベトナム進出当初はポータブルキーボードなどの楽器が主力商品で、マーケティングも楽器が主流だったが、近年はレストランやホテル、結婚式場などでプロオーディオ需要が顕在化してきた」と話した。ベトナムではまだアナログ機器を使っている施設が多いが、飲食店やホテル、ビルなどで最新のデジタルプロオーディオ機器を導入するケースが急速に増えており、研修機会を提供しながらニーズを取り込んでいく。

ワイダックは東南アジアの都市では、シンガポールやジャカルタ、クアラルンプールなどでも運営されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信商業・サービス

PR

その他記事

すべての文頭を開く

オフィス内装サービスを拡大 フロンティア、20年に売上3倍へ(01/19)

オフィスの内装設計・工事などを手掛けるフロンティアコンサルティング(東京都中央区)は、日本企業の進出…

続きを読む

カワサキ、中大型バイク2モデルを投入(01/19)

ベトナムでカワサキブランドのバイク販売を手掛けるTCモーターサイクルズ・ベトナムは18日、「Z650」と「…

続きを読む

ハノイメトロ3号線の車両、仏企業が受注(01/19)

フランス企業3社からなる共同企業体(JV)は、ハノイ都市鉄道(メトロ、地下鉄)3号線(ハノイ駅~西郊…

続きを読む

ハノイのBRT、2路線目が年内に開業(01/19)

ハノイ市運輸局のブー・バン・ビエン局長はこのほど、同市にとって2路線目となる高速バス輸送システム(B…

続きを読む

不動産開発、公共交通の駅周辺が活発化へ(01/19)

不動産サービス大手サヴィルズ・ベトナムがこのほど、公共交通の発展が不動産市場に及ぼす影響についての調…

続きを読む

ニンビン窒素肥料工場、複数の違反発覚(01/19)

ベトナム商工省はこのほど、国営ベトナム化学グループ(ビナケム)傘下のニンビン窒素肥料工場(北部ニンビ…

続きを読む

ビナテックスと伊藤忠、提携を強化(01/19)

国営ベトナム縫製グループ(ビナテックス)と伊藤忠商事はこのほど、工場の拡充を含む業務提携の拡大で合意…

続きを読む

知恵の輪、センサー開発でSHTPと提携(01/19)

センサー開発を手掛ける知恵の輪(浜松市)の現地法人、知恵の輪ベトナム(CWVN)はこのほど、ホー…

続きを読む

韓国ロッテがハノイに商業施設、20年完成へ(01/19)

韓国ロッテが18日、ベトナム・ハノイに大型ショッピングモールを2017年上期中に建設する。総事業費は3,300億…

続きを読む

青森の物産展、ハノイで22日まで開催(01/19)

青森県の物産展「ジャパン青森フードフェア2017」が18日、ハノイのショッピングモール「イオンモール・ロン…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン