エーザイとキョーリン、頻尿治療剤を発売

エーザイとキョーリン製薬ホールディングスは4日、タイで過活動膀胱(OAB)治療剤「ウリトス錠(一般名、イミダフェナシン)」を発売したと発表した。エーザイが2009年に販売権を取得した地域で初めて市場に投入する。

ウリトス錠は、キョーリン子会社の杏林製薬が創製し、07年6月から日本国内で販売。エーザイが09年に中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、スリランカにおける独占開発権と販売権を杏林製薬から取得した。このほどタイ当局から承認が得られたため、エーザイの子会社エーザイ(タイランド)マーケティングを通じ、販売を開始した。

エーザイのPR部の担当者によると、タイのOAB治療剤の市場規模は約5億5,000万円。OABの主な症状は尿意の切迫感や頻尿で、加齢に伴い発症しやすくなる。一方、アジアでは疾患の認知度が低く、適切な治療が受けられていないという。

同担当者は「アジアは人口が多く、将来的に高齢化の進行も予想される」と語り、同地域の需要取り込みに意欲を示した。現在はインドやインドネシアなどでウリトス錠の販売申請を行っている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本人はピコ太郎につ…(02/21)

「日本人はピコ太郎についてどう思っているの?」――タイ人の友人から急にこんなメールが届いた。今月開催…

続きを読む

タイBグリムと電力安定供給 プノンペン特区社、企業誘致に布石(02/21)

カンボジアで経済特区(SEZ)を運営する日系プノンペン経済特区社(PPSP)は20日、ドイツ系のタイ電…

続きを読む

16年のGDPは3.2%成長 服喪影響も2年連続で加速(02/21)

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が20日発表した2016年の国内総生産(GDP)速報値は、実質ベー…

続きを読む

昨年の投資申請、前年比2倍の1.89兆円(02/21)

タイ投資委員会(BOI)がまとめた投資統計で、2016年の新規申請額は前年比2倍の5,844億バーツ(約1兆8…

続きを読む

オキツモ、二輪向け耐熱塗料の販社(02/21)

耐熱塗料大手のオキツモ(三重県名張市)は、インドの北部ハリヤナ州グルガオンに販売会社を設立する。二輪…

続きを読む

ブンロート、不動産部門で子会社の連携加速(02/21)

タイの大手財閥ブンロート・ブルワリー傘下で不動産開発、建材生産を手掛けるダイイ(Daii)グループは2…

続きを読む

クロスコープ、全海外拠点でビズラボ提供へ(02/21)

インキュベーションサービスを展開するソーシャルワイヤー(東京都新宿区)は20日、シンガポールの業界デー…

続きを読む

王室系サマコン、3件の新規住宅開発を展開(02/21)

タイの王室系不動産開発会社サマコンは今年、3件の新規住宅事業を通じ、前年比10%の増収を目指す。3件と…

続きを読む

アモンラチャダ、新事業強化で2桁増収狙う(02/21)

タイの自動車ディーラー、アモン・ラチャダ・グループは、スバル車販売や保険販売など昨年開始した新規事業…

続きを読む

昨年の新規車両登録、4%増の287万件(02/21)

タイ運輸省陸運局は、車両の新規登録の際に交付される仮ナンバープレート(赤ナンバー)の昨年の発行枚数が…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン