語学ECC、セブに海外初の直営校

語学学校大手のECC(大阪市北区)は12月5日、フィリピンのセブ市に同社初となる海外直営校を開校する。日本の小学生から社会人を対象に、1週間~最大15カ月の短期留学需要を取り込む。フィリピン人講師による「英語漬け」カリキュラムを提供。個人留学をはじめ、企業研修といった法人のニーズにも応える。

語学学校法人ECCスクール・オブ・グローバル・コミュニケーションズ(ECC SGC=ECCセブ校)は、資本金1,700万ペソ(約3,600万円)で、ECCが40%出資した。14年にセブ市にオンライン英会話会社を立ち上げて以来、現地に語学学校を開校して欲しいとの要望が多く寄せられたことや、同市は比較的治安が良く、人材の確保やオペレーションもしやすいとの判断から、設立を決定した。

講師はオンラインが約130人、語学学校専任が約50人。マンツーマンレッスンとグループレッスンを組み合わせた独自のカリキュラムで、個人と法人双方の需要を取り込む。受講料は、授業料、一部食費、送迎・宿泊費を含めて4週間で22万円(1ペソ=2.35円計算)。受講期間は1週間~15カ月で、1週間単位で自由に設定することができる。

同社の広告広報部の泉阿津沙氏は、近年は子どもの早期教育や企業研修といったニーズがますます高まっていると指摘。「50年の実績を持つカリキュラムのほか、ECC国内校やオンラインレッスンでの留学前後のフォローを含め、きめ細かいサービスで他社との差別化を図りたい」と話した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

M&A報告義務、10億ペソ以上で変更なし(14:32)

フィリピン競争委員会(PCC)は、企業が合併・買収(M&A)をする際にPCCへの事前通知を義務付ける…

続きを読む

高果糖コーンシロップ、当局が輸入規制(13:18)

フィリピンの砂糖統制局(SRA)は、高果糖コーンシロップ(HFCS)の輸入を規制することを決定した。…

続きを読む

スービック湾自由港の労働者、前年比11%増(14:32)

フィリピンのスービック湾開発庁(SBMA)はこのほど、スービック湾自由港の労働者数が2016年は前年比11…

続きを読む

テイクオフ:「おなかすいてない?」…(02/22)

「おなかすいてない?」。差し出されたのは、食べかけのサンドイッチ。週末、タクシーの車内での出来事だ。…

続きを読む

【アジア労務データ集】消費者物価指数(102)(02/22)

2017年1月のタイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チ…

続きを読む

日本の技術=高価と限らず 初の水インフラセミナー(02/22)

日本の経済産業省は21日、マニラ首都圏マカティ市で、同省としては初の水インフラに特化したセミナーを開催…

続きを読む

【アジア自動車データ集】二輪販売(255)(02/22)

2017年1月の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チ…

続きを読む

ニッケル生産大手、環境省の違反指摘に反論(02/22)

フィリピンのニッケル生産大手グローバル・フェロニッケル・ホールディングス(GFNI)は21日、環境天然…

続きを読む

鉱山停止問題、政府が3カ月かけて再調査へ(02/22)

フィリピンのロペス環境天然資源相が鉱山28社に閉鎖や一時操業停止を命じた問題をめぐり、政府は対象鉱山の…

続きを読む

社員への10%利益配分法案、雇用者側は拒否(02/22)

フィリピン雇用者連合(ECOP)はこのほど、企業に毎年、利益の10%を従業員へ配分することを義務付ける…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン