語学ECC、セブに海外初の直営校

語学学校大手のECC(大阪市北区)は12月5日、フィリピンのセブ市に同社初となる海外直営校を開校する。日本の小学生から社会人を対象に、1週間~最大15カ月の短期留学需要を取り込む。フィリピン人講師による「英語漬け」カリキュラムを提供。個人留学をはじめ、企業研修といった法人のニーズにも応える。

語学学校法人ECCスクール・オブ・グローバル・コミュニケーションズ(ECC SGC=ECCセブ校)は、資本金1,700万ペソ(約3,600万円)で、ECCが40%出資した。14年にセブ市にオンライン英会話会社を立ち上げて以来、現地に語学学校を開校して欲しいとの要望が多く寄せられたことや、同市は比較的治安が良く、人材の確保やオペレーションもしやすいとの判断から、設立を決定した。

講師はオンラインが約130人、語学学校専任が約50人。マンツーマンレッスンとグループレッスンを組み合わせた独自のカリキュラムで、個人と法人双方の需要を取り込む。受講料は、授業料、一部食費、送迎・宿泊費を含めて4週間で22万円(1ペソ=2.35円計算)。受講期間は1週間~15カ月で、1週間単位で自由に設定することができる。

同社の広告広報部の泉阿津沙氏は、近年は子どもの早期教育や企業研修といったニーズがますます高まっていると指摘。「50年の実績を持つカリキュラムのほか、ECC国内校やオンラインレッスンでの留学前後のフォローを含め、きめ細かいサービスで他社との差別化を図りたい」と話した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件

PR

その他記事

すべての文頭を開く

中国系ELPI、5億ドルで再生エネ発電所(18:49)

再生可能エネルギー発電事業を手掛ける中国系エナジー・ロジックス・フィリピン(ELPI)は、北ルソン地…

続きを読む

ダバオからインドネシアへ新航路、運輸省(20:57)

フィリピンの運輸省はインドネシアとの海運効率を高めるため、4月28日に新航路を開設することを明らかにし…

続きを読む

貧困自覚世帯、16年は過去最低の44%(20:06)

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)は16日、自らを「貧困層」と考える…

続きを読む

アジア各国昇給率、軒並み鈍化 日系企業の現地従業員=NNA調査(01/16)

NNAがアジア12カ国・地域の日系企業を対象に現地従業員の賃金動向を調べたところ、2017年は韓国を除く11…

続きを読む

テイクオフ:マニラ首都圏マカティ市…(01/16)

マニラ首都圏マカティ市には高層ビルが林立しているが、エレベーターの不調にいらいらしている人は、毎日ど…

続きを読む

テイクオフ:「一番長い人は8年いる…(01/16)

「一番長い人は8年いるよ」と、笑顔で目の前のネイリストが言う。彼女はといえば、フィリピンのダバオに近…

続きを読む

川砂の供給不足が深刻 調達コスト増大、代替品開発へ(01/16)

香港では、建設現場や内装工事などに欠かせないコンクリートやモルタルの原材料「川砂」の不足が深刻化して…

続きを読む

【リーダーに聞く】受注先の多角化で需要開拓 地場EMS2位、シェア拡大に自信(01/16)

半導体の後工程やハードディスクドライブ(HDD)分野を中心に成長してきたフィリピンの電子産業は今、転…

続きを読む

テロ対策で6億円の機材無償供与、日本政府(01/16)

日本政府は12日、6億円の無償資金協力に関する文書をフィリピン政府と交わした。安倍晋三首相のフィリピン…

続きを読む

【書籍ランキング】12月29日~1月4日(01/16)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『日本の革新者たち 100人の未来創造と地方創生への挑戦』齊藤義明(ビー・…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン