テレノール好調、進出3年で事業大幅拡大

ノルウェー国営の携帯電話サービス大手テレノールは、ミャンマーの事業が好調に推移していることを明らかにした。進出3年目で通信塔の設置数は約10倍、SIMカードの販売所は80倍近く増加している。イレブン電子版が伝えた。

テレノールは2014年9月、ミャンマーでの携帯電話サービスを開始した。当初の通信塔設置数は第2の都市マンダレーの68カ所だけだったが、現在は6,400カ所に急増。SIMカードの販売所も1,150カ所から8万5,000カ所へと大きく増加した。通信塔は2018年までに1万カ所に設置したい考えだ。

今年6月時点の利用者は、3月末時点から142万人増の1,689万人。競合するカタール系Ooredooミャンマーの800万人を大きく引き離している。テレノールの4~6月期の売上高は、前年同期比58%増の18億200万ノルウェー・クローネ(約229億円)だった。

テレノールのジョスリン・ミルソン最高マーケティング責任者(CMO)は、インフラ整備が順調に進んでいることを強調した上で、「今後もミャンマーでの事業拡大に注力する」とコメント。これまで通り「汚職に関わらない経営方針」を貫き、顧客に最高品質のサービスを提供していきたいとの抱負を示した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

地方生協で日本製品試験販売 日用・化粧品など、ジェトロ支援(02/24)

ミャンマー地方部での日本製品の浸透につなげようと、日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援でミャンマー未進…

続きを読む

〔寄り道〕大戦中の日本人戦没者の遺族…(02/24)

第2次大戦中の日本人戦没者の遺族らが先にミャンマーを訪れ、ヤンゴン市内の日本人墓地で献花した。最高…

続きを読む

建設省、道路・橋の通行料廃止を検討(02/24)

ミャンマー建設省は、4月に始まる2017年度から、全国の道路や橋の通行料廃止を検討していると明らかにした…

続きを読む

北部で中国系バナナ農園拡大、住民が懸念(02/24)

中国国境に近いミャンマー北部カチン州のエーヤワディ(イラワジ)川の上流地域で近年、中国人農家がバナナ…

続きを読む

論争の大型開発事業、国会で再検討へ(02/24)

ミャンマーの下院議会は22日、賛否が分かれている大型開発事業を再検討すべきという緊急提案を承認した。電…

続きを読む

たばこ・酒類の税収が年々拡大=副財務相(02/24)

ミャンマーのマウン・マウン・ウィン副計画・財務相は、たばこ・酒類の税収が年々拡大していると明らかにし…

続きを読む

レパダウンの銅山道路封鎖、開発中止訴え(02/24)

ミャンマー北西部ザガイン管区モンユワにあるレパダウン銅山の開発に抗議する地元住民らが21日から、銅山へ…

続きを読む

アジア開銀が初保証、貿易金融でアマラ銀に(02/24)

アジア開発銀行(ADB)は、貿易金融プログラム(TFP)を通じて、ミャンマーの民間ユナイテッド・アマ…

続きを読む

マンダレーの2醸造所、排水垂流し操業停止(02/24)

ミャンマー北中部のマンダレー工業団地にある醸造所2カ所が、工場排水の生物化学的酸素要求量(BOD)が…

続きを読む

LS電線がミャンマー新工場、需要開拓へ(02/24)

韓国電線最大手のLS電線は、ミャンマー・ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に送電用ケーブルの生…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン