9月の国内乗用車販売、スズキが過去最高

インドの主要乗用車メーカー各社が1日、9月の国内新車販売台数を発表した。最大手マルチ・スズキは前年同月比29.4%増の13万7,321台だった。ユーティリティー・ビークル(UV)などが好調で、輸出を合わせた月間販売台数は過去最高を記録した。

マルチの国内販売をカテゴリー別に見ると、中型セダン「シアズ」が52.5%増の6,544台、UV部門が2.9倍の1万8,423台と、特に大幅な伸びを示した。

ミニ部門のハッチバック「アルト」「ワゴンR」の2車種は24.8%増の4万4,395台、コンパクト部門のハッチバック「スイフト」「リッツ」「セレリオ」「バレーノ」、セダン「ディザイア」は合わせて12.3%増の5万324台、スーパー・コンパクト部門のセダン「ディザイア・ツアー」は23.0%増の3,973台だった。バンは15.1%増の1万3,618台。輸出は54.0%増の1万1,822台だった。

マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、UVを除く一般乗用車が5.0%増の2万537台。UVが2.6%増の1万9,206台、バンは57.1%増の1,331台だった。

タタ・モーターズは24.5%増の1万4,601台。4月発売の小型ハッチバック「ティアゴ」が好調だった。

このほか日系では、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は6.1%増の1万2,067台だった。ラジャ副社長(販売・マーケティング部門)は、「デリーでディーゼル車の新車登録禁止措置が解除されたことが『イノーバ・クリスタ』の販売を押し上げた」と話した。輸出は12.1%減の1,100台だった。

ホンダカーズインディア(HCIL)は18.8%減の1万5,034台、輸出は48.2%減の405台だった。上野洋一郎社長兼最高経営責任者(CEO)は「祭事期に入り、問い合わせが増えている」と話した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

PR

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資促進委、仏製薬などFDI6件を承認(01/20)

インド財務省の外国投資促進委員会(FIPB)は19日、海外直接投資(FDI)案件6件を承認した。 承認…

続きを読む

17年の太陽光発電新規導入、印が世界2位に(01/20)

インドが2017年に太陽光発電の新規導入量(単年ベース)で日本を抜き、世界2位になる見通しだ。エネルギー…

続きを読む

休眠空港の再稼働、地方乗り入れ先を拡大へ(01/20)

インド航空省は19日、休眠空港の再稼働で地方の乗り入れ先を増やすスキーム「UDAN」を2月3日に立ち上…

続きを読む

高額紙幣問題めぐり対立表面化 中銀、政府からの独立性に危機感(01/20)

インドでは、2016年11月8日に発表された高額紙幣の刷新と、その後の現金の流通不足による混乱をめぐって、…

続きを読む

アショク、小型・多目的商用車で2モデル発売(01/20)

インドの商用車大手アショク・レイランドは18日、小型の多目的商用車(ICV)「グル」と小型商用車(LC…

続きを読む

【アジア三面記事】水牛が大暴れ(01/20)

■水牛が大暴れ モー、大変だ――。ベトナム南部タイニン省で、水牛が大暴れして6人が病院に担ぎ込まれた…

続きを読む

フォード、トランプ政権下でもインドから輸出(01/20)

米フォード・モーターは、トランプ政権下でもインドから米国への輸出計画を継続する方針だ。20日に大統領に…

続きを読む

伊二輪ベネリ、今年は4モデル投入へ(01/20)

イタリアの二輪車メーカーのベネリは、2017年にインドで4モデルを投入する計画だ。17/18年度(17年4月~1…

続きを読む

Rジオ、車向けテレマティクスサービス導入(01/20)

インドの複合企業(コングロマリット)リライアンス・インダストリーズの通信部門リライアンス・ジオ・イン…

続きを読む

電子機器生産の優遇策に変更、補助金に上限(01/20)

インド政府は18日の閣議で、電子機器の国内生産に対する優遇策「改訂特別奨励パッケージスキーム」(M―S…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン