9月の国内乗用車販売、スズキが過去最高

インドの主要乗用車メーカー各社が1日、9月の国内新車販売台数を発表した。最大手マルチ・スズキは前年同月比29.4%増の13万7,321台だった。ユーティリティー・ビークル(UV)などが好調で、輸出を合わせた月間販売台数は過去最高を記録した。

マルチの国内販売をカテゴリー別に見ると、中型セダン「シアズ」が52.5%増の6,544台、UV部門が2.9倍の1万8,423台と、特に大幅な伸びを示した。

ミニ部門のハッチバック「アルト」「ワゴンR」の2車種は24.8%増の4万4,395台、コンパクト部門のハッチバック「スイフト」「リッツ」「セレリオ」「バレーノ」、セダン「ディザイア」は合わせて12.3%増の5万324台、スーパー・コンパクト部門のセダン「ディザイア・ツアー」は23.0%増の3,973台だった。バンは15.1%増の1万3,618台。輸出は54.0%増の1万1,822台だった。

マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、UVを除く一般乗用車が5.0%増の2万537台。UVが2.6%増の1万9,206台、バンは57.1%増の1,331台だった。

タタ・モーターズは24.5%増の1万4,601台。4月発売の小型ハッチバック「ティアゴ」が好調だった。

このほか日系では、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は6.1%増の1万2,067台だった。ラジャ副社長(販売・マーケティング部門)は、「デリーでディーゼル車の新車登録禁止措置が解除されたことが『イノーバ・クリスタ』の販売を押し上げた」と話した。輸出は12.1%減の1,100台だった。

ホンダカーズインディア(HCIL)は18.8%減の1万5,034台、輸出は48.2%減の405台だった。上野洋一郎社長兼最高経営責任者(CEO)は「祭事期に入り、問い合わせが増えている」と話した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

エアインディア、ボーイング機2機を売却へ(15:32)

インドの国営航空会社エア・インディアは、米ボーイング「787―800」型機(ドリームライナー)2機を売却す…

続きを読む

ITC、来週からたばこを最大13%値上げ(14:00)

インドの複合企業(コングロマリット)ITCは、今週から売れ筋のたばこ3銘柄を11~13%値上げする。対象…

続きを読む

フリップカート、巨額増資へMSなどと協議(13:53)

オンライン通販サイト「フリップカート」の運営会社フリップカート・インターネットが、15億米ドル(約1,70…

続きを読む

テイクオフ:デリー首都圏(NCR)…(02/22)

デリー首都圏(NCR)でも最大級といわれる、北部ウッタルプラデシュ州ノイダのショッピングモールに出掛…

続きを読む

【アジア自動車データ集】二輪販売(255)(02/22)

2017年1月の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チ…

続きを読む

LCCスパイス、連続で黒字へ 創業者の経営復帰で体制一新(02/22)

2014年12月に経営難に陥り、一時運航停止を余儀なくされたインドの格安航空会社(LCC)スパイスジェット…

続きを読む

ホンダ、来月にクロスオーバーWR―V投入(02/22)

ホンダは、来月にインドで小型クロスオーバー「WR―V」を投入する計画だ。価格は65万ルピー(約110万円)…

続きを読む

東レ、グ州でエアバッグ基布工場を開所(02/22)

東レは20日、インド西部グジャラート州のサリガン工業団地でエアバッグ基布工場の開所式を開いた。投資額は…

続きを読む

ルノー・日産とフォード、昨年の生産が大幅増(02/22)

インドでは、仏大手ルノーと日産の自動車連合と米系フォード・インディアが生産台数を大きく伸ばしている。…

続きを読む

自動車各社、販促にソーシャルメディア活用(02/22)

インドの自動車メーカー各社で、顧客獲得に向けてソーシャルメディアを活用する動きが活発になっている。新…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン