二輪生産2千万台に、ホンダがハナム省で式典

ホンダ・ベトナム(HVN)は9月30日、二輪車の累計生産台数が2,000万台に達したことを記念し、北部ハナム省の第3工場で式典を開催した。2014年3月に1,500万台を達成して以来、同工場を開所するなど生産を加速し、わずか2年半で500万台を生産した。

Thumb 20161003 icn honda w

生産累計2,000万台目のスクーター「エアブレード」と記念式典に出席したホンダ、ベトナム政府の関係者ら=9月30日、ハナム省

ホンダ・ベトナムの加藤稔社長は、「19年前に『スーパードリーム』の生産を開始した際には、生産ラインはわずか1本で年間生産台数は50万台だったが、ベトナムの経済発展に伴い生産ラインを5本まで増やし、年216万台を生産できるようになった」とベトナム語でスピーチ。累計生産台数1,000万台の達成から5年という早さで2,000万台を達成したことに言及し、ベトナム政府やビジネスパートナー、顧客に向けて、これまでの支援に対する感謝の意を述べるとともに、引き続き生産・販売に尽力し、ベトナム経済の発展に貢献していく姿勢を示した。

式典には、ホンダのアジア・大洋州本部長の安部典明氏や二輪生産担当執行役員の島原俊幸氏、ベトナム共産党中央委員会、ハナム省人民委員会の関係者らが出席。生産累計2,000万台目となったスクーター「エアブレード」が披露された。北部ビンフック省の第1、第2工場とも中継でつなぎ、従業員総出で節目を祝った。

ホンダ・ベトナムは1996年3月にビンフック省に設立された。資本金は6,290万米ドル(約63億7,700万円)で、ホンダが42%、アジアホンダモーターが28%、ベトナム・エンジン農業機械総公社(VEAM)が30%出資する。97年12月にビンフック省の第1工場で二輪車の生産を開始し、2008年に同省で第2工場、14年にハナム省で第3工場をそれぞれ稼働。08年7月に累計生産台数500万台、11年9月に1,000万台、14年3月に1,500万台を達成した。

ベトナム国内の年産能力は二輪車が250万台、四輪車が1万台。従業員は約1万人に上る。二輪車の販売代理店は8月末時点で716店、四輪車が15店となっている。16年度(15年4月~16年3月)の二輪車販売台数は、前年度比6.3%増の203万台。ベトナム市場全体の販売台数は約290万台で、市場シェア7割を維持した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

タンロン工業団地、設立20年 入居企業6万人の労働環境を支援(02/24)

住友商事グループが運営するハノイ市内にあるタンロン工業団地(TLIP)が、22日に設立から20周年を迎え…

続きを読む

【アジア三面記事】ボーイング機の行く末(02/24)

■ボーイング機の行く末 ベトナムの首都ハノイのノイバイ国際空港に、2007年から10年も放置されたままにな…

続きを読む

「ものづくり商談会」、ハノイで初開催(02/24)

中小企業のビジネスマッチングなどを手掛ける日系ファクトリーネットワークアジア(FNA)グループと製造…

続きを読む

プジョー、SUV2モデルの組み立て開始へ(02/24)

フランスのプジョーは22日、チュオンハイ自動車(Thaco)と提携し、ベトナムでの現地生産を強化すると…

続きを読む

LG、ハイフォンで車の電装部品生産を拡大(02/24)

LGグループは、有機発光ダイオード(OLED)や自動車電装部品といった新たな成長事業について、北部ハ…

続きを読む

ベトジェットのIPO、外銀から1.7億ドル(02/24)

ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は、昨年実施した新規株式公開(IPO)で、仏BNPパ…

続きを読む

紛争の経済損失、15年はGDPの8.4%(02/24)

米国とオーストラリアに拠点を置く国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP)の試算によると、暴力と紛争…

続きを読む

ハノイのBRT2路線目、第2四半期に着工(02/24)

ハノイの高速バス輸送システム(BRT)の2路線目となるバディン区キンマー通り―ホアラック・ハイテクパ…

続きを読む

物流サービス発展行動計画は新たな突破口(02/24)

ベトナム商工省輸出入局は、このほどグエン・スアン・フック首相に承認された2025年までの物流サービスの発…

続きを読む

ビナサンが減益、配車アプリとの競争が影響(02/24)

ビナサン・タクシーを運営するアインズオン・ベトナム(ビナサン)はこのほど、2016年決算を発表し、税引き…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン