昨年の平均退職年齢、過去最高の58.1歳

台湾行政院(内閣)主計総処がこのほど発表した、昨年の工業とサービス業に従事する被雇用者の動向に関する調査結果によると、昨年の被雇用者の平均退職年齢は58.1歳だった。2014年比で0.3歳上昇し、過去最高を更新した。改正労働基準法により、退職年齢が60歳から65歳に引き上げられたことが主な理由。

昨年末時点で、工業とサービス業に従事する被雇用者の数は計742万7,000人。年齢層では、25歳から44歳までが全体の60.2%を占める。平均年齢は39.6歳で、14年比0.2歳上昇した。同一の事業所で5年以上勤務する人の割合は41.5%、平均勤続年数は6.0年となっている。毎月、労働市場に流入する人の割合と退出した人の割合を加算して2で割った「流動率」の平均は2.28%で、うち25歳未満の流動率が7.36%と世代別では最も高い。一方、45歳以上は1.02%と最も低く、若者が転職などに積極的な状況がうかがえる。

昨年1年間に事業所を定年退職した人の数は9万4,000人。うち、退職時の年齢別では、55歳~64歳が56.2%と最も多く、次いで45歳~54歳の25.3%、65歳以上が17.1%だった。平均退職年齢は、55.2歳だった06年から9年間で2.9歳上昇した。

工業とサービス業に従事する被雇用者が昨年受け取った報酬総額は平均67万5,000台湾元(約219万円)で、14年比2.4%増加した。このうち、基本給に手当てを加えた毎月の「経常性賃金」が占める割合は過去最低の68.8%だった。一方、年末のボーナスや残業代、業績に応じて受け取れる臨時配当金などで構成される「非経常性賃金」の割合は17.4%で14年比0.8ポイント上昇。従業員の保険費や福利厚生金、退職準備金、解雇手当などを含む「非給与賃金」の割合は13.8%で、同0.1ポイント低下した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

PR

その他記事

すべての文頭を開く

シフト制採用の企業に打撃 労基法改正、台鉄はストも視野(12/09)

「労動(働)基準法(労基法)」の改正案が台湾立法院(国会)で最終可決し、来年1月1日付で施行されるこ…

続きを読む

ハイテク成長企業ランク、台湾社は過去最少 (12/09)

大手会計事務所のデロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)は7日、アジア太平洋地域のハイテク企業を対象に…

続きを読む

HTCなど内外6社、VRの推進団体結成(12/09)

スマートフォン台湾大手の宏達国際電子(HTC)など、仮想現実(VR)用ヘッドマウントディスプレー…

続きを読む

工業用PC主要6社、11月はそろって好成績(12/09)

工業用コンピューター(IPC)業者が好調だ。主要各社の11月の売上高は、各社とも前年同期比でプラスを確…

続きを読む

表面実装の台表科、11月売上高は25カ月来最高(12/09)

液晶パネルの表面実装で世界大手の台湾表面粘著科技(TSMT)が発表した11月の連結売上高は前月比1.4%、…

続きを読む

台湾系食品メーカーの南僑、西部に新工場(12/09)

「シンマイ」ブランドのせんべいや「リトルクック(小厨師)」ブランドの即席麺を製造・販売する台湾系の南…

続きを読む

中国OPPO、台湾販売好調で前年比3~4倍も(12/09)

中国のスマートフォン大手、広東欧珀移動通信(OPPO)の何涛安・台湾区総経理はこのほど、台湾での「O…

続きを読む

儒鴻が中国製造事業を撤退、越に受注移管へ(12/09)

アパレル受託大手の儒鴻企業(エクラ・テキスタイル)はこのほど開いた董事会(取締役会)で、唯一の中国拠…

続きを読む

日台の医療機器団体、連携強化で覚書(12/09)

台湾医療・生技器材工業同業公会(TMBIA)と一般社団法人・日本医療機器産業連合会(医機連、JF…

続きを読む

桃園空港第2ターミナル、カプセルホテル併設へ(12/09)

台湾桃園国際空港を運営する桃園国際機場公司の曾大仁董事長は8日、今後の桃園空港第2ターミナルビル拡張…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン