昨年の平均退職年齢、過去最高の58.1歳

台湾行政院(内閣)主計総処がこのほど発表した、昨年の工業とサービス業に従事する被雇用者の動向に関する調査結果によると、昨年の被雇用者の平均退職年齢は58.1歳だった。2014年比で0.3歳上昇し、過去最高を更新した。改正労働基準法により、退職年齢が60歳から65歳に引き上げられたことが主な理由。

昨年末時点で、工業とサービス業に従事する被雇用者の数は計742万7,000人。年齢層では、25歳から44歳までが全体の60.2%を占める。平均年齢は39.6歳で、14年比0.2歳上昇した。同一の事業所で5年以上勤務する人の割合は41.5%、平均勤続年数は6.0年となっている。毎月、労働市場に流入する人の割合と退出した人の割合を加算して2で割った「流動率」の平均は2.28%で、うち25歳未満の流動率が7.36%と世代別では最も高い。一方、45歳以上は1.02%と最も低く、若者が転職などに積極的な状況がうかがえる。

昨年1年間に事業所を定年退職した人の数は9万4,000人。うち、退職時の年齢別では、55歳~64歳が56.2%と最も多く、次いで45歳~54歳の25.3%、65歳以上が17.1%だった。平均退職年齢は、55.2歳だった06年から9年間で2.9歳上昇した。

工業とサービス業に従事する被雇用者が昨年受け取った報酬総額は平均67万5,000台湾元(約219万円)で、14年比2.4%増加した。このうち、基本給に手当てを加えた毎月の「経常性賃金」が占める割合は過去最低の68.8%だった。一方、年末のボーナスや残業代、業績に応じて受け取れる臨時配当金などで構成される「非経常性賃金」の割合は17.4%で14年比0.8ポイント上昇。従業員の保険費や福利厚生金、退職準備金、解雇手当などを含む「非給与賃金」の割合は13.8%で、同0.1ポイント低下した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

PR

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:春節(旧正月)が近づき…(01/17)

春節(旧正月)が近づき、正月料理「年菜」の材料を街中で見かける時期になった。日本のお節料理に数の子が…

続きを読む

キャンセル防止で日台中提携 ぐるなび、訪日客向け事前予約(01/17)

飲食店情報サイトを運営するぐるなびは16日、台湾と中国のオンライン旅行会社(OTA)大手2社と提携し、…

続きを読む

群聯、苗栗工場拡張でNAND増産へ(01/17)

NANDフラッシュメモリーのコントローラーIC大手、群聯電子(ファイゾン)はこのほど、7億8,000万台湾…

続きを読む

ASUS、今年のスマホ販売台数を2倍に(01/17)

パソコン(PC)世界大手の華碩電脳(ASUS)は、今年のスマートフォン販売目標台数を前年比2倍の4,00…

続きを読む

TTL、3月で葉タバコ農家との契約終了(01/17)

台湾公営企業の台湾エン酒(TTL、エン=草かんむりに於)は今年3月いっぱいで、域内の葉タバコ農家との…

続きを読む

製靴受託3社、16年売上高は過去最高更新(01/17)

宝成工業、豊泰企業、ギョク斉国際(ギョク=金へんに玉)の台湾製靴受託大手3社が発表した2016年の通年売…

続きを読む

カラオケの好楽迪、ダブルブランド戦略再開へ(01/17)

カラオケチェーン「好楽迪(ホリデーKTV)」を運営する好楽迪が、再びダブルブランド戦略へ乗り出してい…

続きを読む

ファミマとJCB、日本でキャッシュバック実施(01/17)

ファミリーマートとJCBは16日、訪日客が増える春節(旧正月、今年は1月28日)連休に合わせて、台湾発行…

続きを読む

コンビニ大手2社、マルチメディア端末利用拡大(01/17)

コンビニエンスストア運営大手2社は、店舗内に設置しているマルチメディア端末に対応したモバイル端末用ア…

続きを読む

昨年4~9月の都市地価指数、6年来で初の下落(01/17)

台湾内政部(内政省)は15日、地価の変動を数値化した、2016年4月1日~9月30日期(第47期)の「都市地価…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン