昨年の平均退職年齢、過去最高の58.1歳

台湾行政院(内閣)主計総処がこのほど発表した、昨年の工業とサービス業に従事する被雇用者の動向に関する調査結果によると、昨年の被雇用者の平均退職年齢は58.1歳だった。2014年比で0.3歳上昇し、過去最高を更新した。改正労働基準法により、退職年齢が60歳から65歳に引き上げられたことが主な理由。

昨年末時点で、工業とサービス業に従事する被雇用者の数は計742万7,000人。年齢層では、25歳から44歳までが全体の60.2%を占める。平均年齢は39.6歳で、14年比0.2歳上昇した。同一の事業所で5年以上勤務する人の割合は41.5%、平均勤続年数は6.0年となっている。毎月、労働市場に流入する人の割合と退出した人の割合を加算して2で割った「流動率」の平均は2.28%で、うち25歳未満の流動率が7.36%と世代別では最も高い。一方、45歳以上は1.02%と最も低く、若者が転職などに積極的な状況がうかがえる。

昨年1年間に事業所を定年退職した人の数は9万4,000人。うち、退職時の年齢別では、55歳~64歳が56.2%と最も多く、次いで45歳~54歳の25.3%、65歳以上が17.1%だった。平均退職年齢は、55.2歳だった06年から9年間で2.9歳上昇した。

工業とサービス業に従事する被雇用者が昨年受け取った報酬総額は平均67万5,000台湾元(約219万円)で、14年比2.4%増加した。このうち、基本給に手当てを加えた毎月の「経常性賃金」が占める割合は過去最低の68.8%だった。一方、年末のボーナスや残業代、業績に応じて受け取れる臨時配当金などで構成される「非経常性賃金」の割合は17.4%で14年比0.8ポイント上昇。従業員の保険費や福利厚生金、退職準備金、解雇手当などを含む「非給与賃金」の割合は13.8%で、同0.1ポイント低下した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本より高いとは何事…(02/23)

「日本より高いとは何事だ」――。台湾で波紋を呼んだ、某大手コーヒーチェーンの突然の値上げ。市民からは…

続きを読む

新北など来月から夜間給水制限 水不足に対応、ダムでは人工降雨(02/23)

台湾で水不足の懸念が強まっている。昨年12月から降雨量が減少しており、一部ダムでは貯水率が50%を切った…

続きを読む

OPPOが5位に躍進、1月のスマホ販売(02/23)

台湾のスマートフォン市場では今年1月、中国・広東欧珀移動通信の「OPPO(オッポ)」が躍進し、ブラン…

続きを読む

友達、第8.5世代の新工場既に受注満載(02/23)

液晶パネル世界大手、友達光電(AUO)の彭双浪董事長は21日、来年完成予定の第8.5世代液晶パネルの新…

続きを読む

IoT端末トランザス、販売子会社開設(02/23)

モノのインターネット(IoT)端末の開発・製造を手掛けるトランザス(横浜市西区)は22日、シンガポール…

続きを読む

今年のIC産業生産額、5.8%増=TSIA予測(02/23)

業界団体の台湾半導体産業協会(TSIA)と台湾政府系シンクタンクの工業技術研究所(工研院、ITRI)…

続きを読む

シャープ幹部また流出、前常務がエディオンに(02/23)

【共同】家電量販店大手のエディオンは22日、シャープを1月に退社した新晶前常務が3月1日付で執行役員に…

続きを読む

スマホ無料レンタルのハンディ、台湾進出へ(02/23)

香港など世界各地でスマートフォンの無料レンタルサービス「Handy(ハンディ)」を展開する香港のベンチャー…

続きを読む

スカイディスク、IoT開発で台湾企業と提携(02/23)

通信機器の開発を手掛けるスカイディスク(東京都新宿区)は22日、IC設計の奇邑科技とモノのインターネッ…

続きを読む

広達系の広明、下期のロボット出荷1千台も(02/23)

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の広達電脳(クアンタ)グループで、ストレージ製品やソリッド・…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン