スナップチャットの利用率46%、ア太最高

香港ではフォトメッセージアプリの「スナップチャット」の利用率が46%に上り、アジア太平洋地域で最も高いことが、米カンターグループのTNSが実施した調査で明らかになった。昨年の19%から利用者が急増した。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)が伝えた。

香港のスマートフォンユーザーは約500万人で、このうち46%がスナップチャットを使っている計算。スナップチャットは、送信した写真や動画が指定時間を過ぎると自動的に消えるアプリ。他のチャットアプリのように写真や動画が残らず、「他人の評価を気にしなくていい」として若者を中心に人気を集めている。

この調査は、世界57カ国・地域のインターネットユーザー7万人を対象に実施した。このうちアジア太平洋地域は16カ国・地域が対象。アジア太平洋地域の利用率は香港の46%を筆頭に、◇ニュージーランド=39%◇マレーシア=37%◇シンガポール=37%◇オーストラリア=32%◇台湾=32%――と続いた。日本での利用率は9%にとどまった。

写真共有アプリ「インスタグラム」の利用率を見ると、香港は70%で、アジア太平洋地域ではマレーシアの73%に続く2位。シンガポールが63%で3位となっている。日本は24%。

TNSの調査によると、香港では55~65歳のインターネットユーザーの44%がインスタグラムを使っていると回答。同社の香港担当アソシエートディレクター、ウィリアム・チョイ氏は、「香港人は年齢に関係なく、新しいトレンドに対してとてもオープンで、取り入れるのも早い」と指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信観光・娯楽

PR

その他記事

すべての文頭を開く

投資家の6割が深セン株に関心、中銀香港(19:26)

中国本土の大手国有商業銀行である中国銀行系の中銀香港が実施した調査で、投資家の6割が香港と深センの株…

続きを読む

派生商品へのVCM導入来月に=HKEX(19:35)

香港取引所(HKEX)は、一時導入を見送っていたデリバティブ商品市場の取引価格の乱高下を防止する変動…

続きを読む

来年の経済は不安定に=財政長官(19:27)

香港政府の曽俊華(ジョン・ツァン)財政長官は5日、米国、中国本土、欧州、日本の金融不安により、来年の…

続きを読む

外資は本土株投資に慎重 相互取引第2弾、深港通始まる(12/06)

香港と深センの株式相互取引「深港通」が5日始まった。香港と中国本土の株式相互取引としては2年前に導入…

続きを読む

続落、深港通への反応薄く=香港株式(12/06)

5日の香港株式市場は小幅に続落して終了した。香港と深センの株式相互取引「深港通」が正式に始まったもの…

続きを読む

深港通への投資を非課税に、本土投資家対象(12/06)

中国証券監督管理委員会(証監会)はこのほど、深セン証券取引所と香港取引所(HKEX)に上場する銘柄を…

続きを読む

口座開設、ガイドライン沿わなければ報告を(12/06)

香港で法人口座の開設が困難になっている問題で、香港金融管理局(HKMA)は、今年9月に発表した関連ガ…

続きを読む

HSBC、本土で初のクレカ単独発行(12/06)

英金融大手HSBCは5日、中国本土でクレジットカードの発行を開始した。同行による単独での発行は初めて…

続きを読む

SFC個人ライセンス、来年からネット申請(12/06)

香港証券先物委員会(SFC)はこのほど、同委員会が管理する香港でのIFA(金融商品仲介業)ライセンス…

続きを読む

11月の香港PMIは1.3P上昇、節目に迫る(12/06)

英金融情報サービスのマークイットが5日発表した11月の香港購買担当者指数(PMI・季節調整済み)は49.5…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン